HSPと、ともに。

最近TVでもよく特集される、HSP〜HSPと、ともに。<vol.42>

その他の障害・病気 暮らし

出典:https://girlydrop.com

HSPと、ともに。vol.42 <毎月1日連載>

お笑いタレントの田村淳さんがHSPであることを公表してから、TVでHSPの特集をよく見るようになりました。HSPは第六感が働くのでスピリチュアルな要素が強く、こんなにTVなどで広まるとは思ってもいませんでした。やはり有名人の公表は凄いなぁとつくづく思いました。本屋に行っても今ではHSPや敏感すぎる人のための対処法の本がたくさん並んでいます。私はコラムではHSPについていろいろ書いていますが、日常生活では、そんな話はしません。いろいろ敏感なのはうっとうしいものだし、ほとんどの人にとって大変そうとかわがままとか思われても仕方ないものだと思っているので、なるべく我慢できる事は我慢します。

HSPで辛いのは、私は匂い、音、電磁波、オーラを感じることです。苦手な匂いや音が辛いのは誰でもあると思いますが、電磁波やいろんなオーラで体に痛みがいつもあるというのは、あまり理解されることではありません。また、私は見えるまでではないですが、霊を感じることもあります。家族や親友など大切な人が亡くなるたびにどんどん強くなっていきました。見えないですが、肩が重くなったり、手を握ったりしてくるのでわかるようになりました。オーラは、全てのものにあって、目で見える人はいろんな色が人の体やものの周りにあるのが動いたりするのが見えるそうですが、私の場合は見えないので、体の痛みになって感じます。心が傷ついたり、言葉で傷ついたりすると、喉や胸のあたりのオーラが破れて、痛みが酷くなったりします。体の調子が悪い時もオーラに穴が開きます。その時は、そういう治療ができる先生がいる治療院に行って治してもらいます。電磁波も電気製品などのオーラみたいなものでしょうか、よくわかりませんが、いつも体が痛いので、1日が終わる頃には、ぐったりしています。それでもスマホは使いますし、イヤホンで音楽も聞きますし、カラオケにも行きます。PCと電子レンジだけは家では使いません。

普通に生活できるようになったのは歯の治療をしたからです。歯医者で保険適用の金属の歯を入れていた時は、歯に電磁波が集まってくるので口の中に紫色の定規で引いたようなあざができたことがありました。痛いし、怖いし、地獄のような日々を送っていたこともありましたが、電磁波過敏症の人の治療をしている歯医者に行って、歯の金属を全て外して、高いですが、セラミックや電磁波を集めない金やプラチナの歯に変えてもらってから、かなり楽になって、普通に生活できるようになりました。それでもスマホ操作で指はピリピリしたり、赤くなったり、頭がいつも痛いです。それから、悲しいニュースを見たり、人混みにいたり、苦手な匂いと音で、さらに体が疲れてしまいます。

HSPがいろんなことに敏感なのは、カナリヤ的な役目があるそうで、危険をいち早くキャッチして人に知らせることができるために今まで全滅しないできたということを本で読んだことがあります。確かに今はまだなんとか元気に暮らしていけていますが、これから5Gが増えたらどうなってしまうのかと少し怖いところもあります。あと、インフルエンザや新型コロナウイルスのワクチンもあまり打ちたくないなと思っています。インフルエンザにかかったことがないので、ワクチンを打ったことはありません。

HSPが元気になるのは、自然がたくさんある場所だと言われています。私も自然が大好きで、家の近くの大きな公園によく行きますし、休みの日は、自然の中にドライブに行ってリフレッシュしています。それから、本を読むのもオススメです。私は、どうしても人混みや人付き合いが疲れたり、しんどくなってしまうので、1人でいることが多くなってしまいます。そんな時は、本と友達になって楽しく過ごすことができます。

私が最近面白いと思った本は、人見知りでコミュ障なぼっち大学生の「ひとりの時間が僕を救う」です。著者のパーカーさんは大人気ユーチューバーで、私もYouTubeを見ていて、自分とどこか似ているところがあって共感するところが多く、本を出されたということで、気になって読んでみましたが、面白くて、いろいろ勉強になることもありました。特に好きな箇所は、「辛い日を乗り越える」と「あとがき」です。

動画では、天然なところもたくさんあって面白いのですが、いろんなことをしっかり考えて、文章にされているので、わかるわかる!と思うところがたくさんあって、感動しました。動画だけではわからなかったことが知ることができてとても良かったです。自分も、孤独や弱さを強さに変えていきたいと思いました。1人で寂しいなと思ったことがある方は、ぜひ読んでみてくださいね。彼はHSPとは何の関係もありませんが、繊細でとても優しい方に見えるので、共感するところが多いと思います。

川田 直美  障害者ドットコム株式会社スタッフ

川田 直美  障害者ドットコム株式会社スタッフ

生まれながらのHSP、発達障害(学習障害・LD)やパニック障害を抱え、生きづらさも感じながら、日々楽しくいこうと考えている。今まで、花屋、ケーキ屋、カフェ、デザイン企画、オリジナル雑貨制作などいろいろな仕事を経験。自然と犬と本が大好き。

その他の障害・病気

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP

しばらくお待ちください