障害者ドットコム

 >  > 発達障害でも大丈夫、当事者の道化師が諭すコミュニケーション術(『発達障がい~神からの贈り物~』第5回)
連載コラム2017.4.10

発達障害でも大丈夫、当事者の道化師が諭すコミュニケーション術(『発達障がい~神からの贈り物~』第5回)

発達障害でも大丈夫、当事者の道化師が諭すコミュニケーション術(『発達障がい~神からの贈り物~』第5回)
『発達障がい ~神からの贈り物~』 第5回 <毎月10日連載>

皆さんこんにちは、新年度が始まりましたね。学校や職場の環境が変わった方も多いのではないでしょうか?発達障がいに悩む者達にとってはリセットの良い機会でもあり、一方では新たな環境への対応を迫られる憂鬱な季節かも知れません。

今日は気分新たに新年度ということでコミュニケーションについてお話しようと思います。新たな環境に調和できるきっかけとなっていただければ幸いです。

私事ですが、アスペ先生ことケイは現在道化師としての活動を継続的に行っています。一般に道化師とは人前で笑いを誘うパフォーマンスを行う者と言う認識が強いと思いますが、道化師の本質はコミュニケーションであり、どんな人とでも心を繋ぎ微笑み合える、これこそが道化の醍醐味です。

こんな私も発達障がい当事者であり、過去はコミュニケーション障害が人生の大きな悩みでした。手前味噌ですが仕事のスキルや上達で躓くことが殆ど無かった私が仕事が長続きしなかったのは職場でのコミュニケーションが問題、自分の感情が抑えきれなかったり、自分が意図しないところで多くの敵を作っていたり、そんな繰り返しでした。

そんな私が、現在は道化師として多くの人とコミュンケーションを楽しみ、そのスキルを日常生活に活かすことで環境は激変しコミュニケーションが本当に楽しく感じられるようになりました。

そもそもコミュニケーションとは一体どういうものなのでしょうか?人間にとって何故コミュニケーションは必要なのでしょうか?言葉はコミュニケーションに必須でしょうか?外国人に道を聞かれて日本語でないと答えられないと突き放しますか?大声で泣き叫ぶ赤ちゃんにお腹が空いたのかうんちなのかちゃんと言いなさいと叱りますか?

コミュニケーションとは本来は分かり合い繋がることではないでしょうか?もしくは分かり合えなくても分かり合う姿勢こそがコミュニケーションではないでしょうか?私はこのことに気づけて心がとても軽くなりました。上手くコミュニケーションできないのは自分に問題がある、そんな風にずっと思い込んでいたのですが、分かり合えないのは互いの努力が実らなかっただけのことであって、一方的に私だけに問題があったわけではなかったのです。

だからこそ、相手へのハードルを上げることを私はやめました。相手へのハードルを上げることは自分にもハードルを上げる人を肯定してしまうことになります。どんなに通じない人にも自分の心を常に開けておくことと、自分から相手を理解する努力を怠らないように姿勢を改めてからは本当にコミュニケーションが楽しくなり出しました。そしてうまく分かり合えなかった時も相手を責めず、もちろん自分も責めないこと。ただ分かり合えなかっただけのことですから。

そうやって考えていくと日本の社会自体がコミュニケーション障害なのかも知れませんね。何かとハードルを上げてきますから。因みに対人関係でハードルを上げる人は、自分がハードルを上げられることに応え続けていかなければならないのでずっと窮屈な思いをし続けなければなりません。放っておけば疲弊していくでしょう。

以上をまとめてみます。

●自分の心を常に開けておく。
●自分から判り合う姿勢を貫く
●分かり合えない時に相手も自分も責めない、互いに努力が足りなかっただけだと諦める。

この3点でコミュニケーションは大きく変わります。ぶっちゃけたところ私の道化はこれしかやっていませんし、日常でもこれをやり続けるだけで全く嘘のように周りが私を理解してくれます。究極的には言葉が通じつとも互いに微笑みあえること、これこそが真のコミュニケーションです。過去の私はこの基本さえもできないのにビジネスだのフォーマルだのとそんな形式張ったことばかりできるようになろうとしていたから自分のコミュニケーション能力が高まらなかったのでしょう。

ただし、この心を備えるまでにそこそこの時間は必要かも知れません。また知識として行動してみても心に落とせていない状態ではすぐに行き詰まってしまうでしょう。しかし、この3点が心に落とし込めば本当に人生は見違えリます。そして誰にだってできることのはずです、発達障がいであるなしに関わらず。

話は長くなりましたが、皆さんも以上の3点を試してみませんか?すぐに上手く行かなかったとしても、そこに自分と向き合うチャンスが生まれます。それを一つ一つ越えていくことで気づかぬうちにコミュニケーションが苦にならなくなると思います。是非お試しください。


★公式ブログ:アスペ先生の独り言 http://ameblo.jp/suzie-net
★動画配信:さかいハッタツchannel http://twitcasting.tv/f:1418189018212502/
★さかいハッタツ友の会 公式ブログ https://blogs.yahoo.co.jp/duaed021

ライタープロフィール
Kei スズキ
Kei スズキ

1969年大阪府泉大津市出身 高知大学農学部卒
ディレクター、スタジオ・ミュージシャン、道化師、学習塾経営など仕事は長続きしないながらも様々な分野に挑戦、一方で離婚を経験したことから10年の欝を経験。そののち2013年に発達障害の診断を受ける。現在はさかいハッタツ友の会の自助活動を中心に、自身の経験を活かし、発達障害者の生きがいや生き方についての啓発活動を行う。

障害福祉サービス
事業所検索

施設名・電話番号

都道府県

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

職種別

事業種別

ページの先頭へ