障害者ドットコム

 >  > IBSとは?その急な腹痛はIBS(過敏性腸症候群)かも
障害・病気2017.10.2

IBSとは?その急な腹痛はIBS(過敏性腸症候群)かも

IBSとは?その急な腹痛はIBS(過敏性腸症候群)かも

出典:https://www.photo-ac.com


同じような事を経験している人いませんか?



突然ですが、筆者は電車で長時間移動するのが好きではありません。正確には次の駅までの到着時間が長い特急などに乗るがしんどいのです。

何故かというと、お腹が痛くなるのです。偶にではなく頻繁にです。悪い方にばかり考えてしまうものです。特急に乗って長時間電車移動したら、いざという時にお手洗いに行けないとか・・・

他には大事な試験の時、問題解いている最中にお腹が痛くなった事もしばしば。

「プレッシャーに弱いんだ。」
「そうなると思い込んでるから症状が出るんだ。」

と諦めてました。

ところがある日、普段は行かない病院に寄った際に、とある壁紙を見る機会がありました。

「その症状はIBSかも?」


IBSとは?



帰宅して早速インターネットで検索してみました。

IBS(Irritable Bowel Syndrome):過敏性腸症候群

主にストレスに起因して、下痢や便秘を慢性的にくりかえす疾患です。血液検査や大腸内視鏡検査などで腸に異常が認められませんが、IBSは検査でそうした異常はないことが確認されたうえで、症状が続く場合に診断されます。日本人のおよそ7人に1人がIBSに当てはまると推定されています。30代より若い年代に比較的多くみられる傾向があります。


病気という事は治療方法があるんだ!



長く悩んでいた事が解決できるかも、と期待して主治医に相談してみました。

「そうだね、恐らくIBSだね。お薬試してみる?」という事で処方箋を頂きました。

薬品名:イリボー
http://www.interq.or.jp

早速、薬を飲んで30分くらい止まらない特急に乗車。結果は良好でした。お薬があるという安心感もありましたが、無事に移動できた事がとても嬉しかったです。

ただ、処方箋を出して貰った時に「副作用で便秘気味になる事もあるから気を付けてね」と言われました。お薬は用量を守ってお飲みくださいという事です。



原因か分からずに悩んでいた身体の不調。昔ならおそらくは対処療法だったのでしょう。しかし今では病気として認知され、治療法の確立までされていたわけです。今更ながら医学の進歩を実感しました。

今回、IBSという病気を取り上げてみました。ある条件で体調を崩す事にストレスを感じていた事が、医者に相談したら案外あっさりと解決できました。聞いてみないと状況は変わりません。「風邪っぽいんです」位に気楽な気分で医者と相談してみる事で、ずっと抱えていたストレスが無くなるかもしれません。


参考文献

IBSネット
http://ibsnet.jp

ライタープロフィール
みすてぃ
みすてぃ

大阪府在住 40代 その昔、うつ病と診断されました。
試行錯誤しながら現在は就労移行支援事業所に通所してます。
ねこLOVEです。ねこの動画を見てはほっこりしてます。(*´ω`*)

障害福祉サービス
事業所検索

施設名・電話番号

都道府県

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

職種別

事業種別

ページの先頭へ