障害者ドットコム

 >  > 一体どこに行けばいい?精神科?神経科?心療内科?
障害・病気2017.1.17

一体どこに行けばいい?精神科?神経科?心療内科?

一体どこに行けばいい?精神科?神経科?心療内科?

出典:http://www.photo-ac.com


こころが関わる症状に悩まされ、医療機関を調べてみて混乱してしまった経験はありませんか?精神科、神経科、心療内科‥‥加えて神経内科や精神神経科というところも。様々なクリニックや病院があり混同してしまいます。これらの診療科目の違いを以下にまとめてみました。

精神科、神経科、精神神経科の違いは?



「精神科」「神経科」「精神神経科」‥‥実は同じものと考えて頂いて差し支えありません。うつ病、統合失調症、神経症などのこころの病気を診ています。こころの病気は、身体の症状が現れることは稀ではありませんが、不安、抑うつ、不眠、イライラ、幻覚、幻聴、妄想など精神的な症状がメインだという場合、迷わず精神科にかかることをお勧めします。


心療内科とは?



「心療内科」はストレスなど心理的な要因で身体の症状が現れる、いわゆる「心身症」を主な対象としています。名前の通り、身体の症状を診る「内科」であることを押さえておきましょう。原因や発症のきっかけはどうも精神的なもののようだが、身体の症状がメインであるといった場合、精神科よりこちらを受診した方がよいでしょう。具体的な例を挙げると、胃潰瘍、気管支ぜんそく、高血圧症、胃・十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群、自律神経失調症などです。

しかし、実際には精神科領域のこころの病気を診ている心療内科がたくさんあります。軽いうつ病や神経症など一部のこころの病気しかみないところもあります。こころの症状、身体の症状、どちらがメインか判断がつきかねるという場合は、精神科か心療内科、どちらかに行って相談するのがいいでしょう。


神経内科とは?



「神経内科」は、脳や脊髄、神経、筋肉の病気を診る内科です。「神経科」と名前が酷似しているので、混同してしまいそうになりますが、パーキンソン病や脳梗塞、手足の麻痺や震えなどが治療対象で、原則的には、精神的な病気を診るところではありません。

しかし「神経内科」と看板に書いてあっても、実際にはこころの病気を含めて診ているところもあります。また、「認知症」や「てんかん」は、精神科でも神経内科でも診ています。



看板に掲げる診療科目名がばらばらなのなぜでしょう?「精神科」と書かれていると、受診するのに抵抗を感じたり、敷居が高く感じてしまう患者さんが多いためです。最近は、上記以外にも「メンタルクリニック」「メンタルヘルス科」などの呼称が使われていることもあります。上記を参考に適切な診療科で診てもらうようにしましょう。

医者の良心で、自分のところに来てくれた患者さんは多少専門外でも自分が治療しようというドクターも少なくありません。ただ、専門外の病気である場合、治るものも治らなくなってしまうこともありえます。初めて受診する時、適切な医療機関で診察してもらうこと。それが症状を軽快させる一番の近道になるでしょう。


参照

医療機関の選び方(厚生労働省)
出典:http://www.mhlw.go.jp/

ライタープロフィール
障害者ドットコムニュース編集部
障害者ドットコムニュース編集部

「福祉をもっとわかりやすく!使いやすく!楽しく!」をモットーに、
障害・病気をもつ方の仕事や暮らしに関する最新ニュースやコラムなどを発信していきます。
よろしくお願いします。

障害福祉サービス
事業所検索

施設名・電話番号

都道府県

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

職種別

事業種別

ページの先頭へ