障害者ドットコム

 >  > HSPとは?〜HSPと、ともに。vol.1
連載コラム2017.5.1

HSPとは?〜HSPと、ともに。vol.1

HSPとは?〜HSPと、ともに。vol.1
HSPと、ともに。vol.1 <毎月1日連載>

HSPとは、highly sensitive personの略で、非常に敏感な人という意味です。

筆者は生まれつきHSPの性質らしく、気づいたのは、最近のことです。自分がHSPだと気づき、本を読んだ時、「そういうことだったのかー。」と、ほっとしました。

光がまぶしく感じたり、音が気になって眠れないことがあったり、大きな音やサイレンにびっくりしやすかったり、戦争や暴力などのシーンがある映画が苦手だったり、困っている人がいれば自分も同じような気持ちになったり。

敏感なために、疲れやすかったり、人と一緒にいることでストレスが溜まりやすかったりして、生きづらさを感じるのが、HSPの特徴です。日本では、5人に1人がHSPであるといわれています。

私がHSPで困ったことは、やはり、人より疲れやすいことです。人ごみが苦手だったり、電磁波も感じるようになって生活がしづらくなることもあります。人と一緒にいると疲れるので、どんなに楽しくても一人でほっとすることがあります。自然の中で静かにのんびりしたり、本を読んだり、リフレッシュする必要があります。

私の母は、いつも人に囲まれて、常に人といることが楽しいように思えたので、自分とは違うタイプだとお互い感じていたと思います。遺伝まではよくわかりませんが、HSPだと人に理解されず、辛い思いをすることも多いと思います。

これからスタートするこのコラムでは、そんな体験談なども書いていこうと思います。よろしくお願いいたします。

ライタープロフィール
川田 直美  障害者ドットコム株式会社スタッフ
川田 直美  障害者ドットコム株式会社スタッフ

生まれながらのHSPやパニック障害を抱え、生きづらさも感じながら、日々楽しくいこうと考えている。今まで、花屋、ケーキ屋、カフェ、デザイン企画、オリジナル雑貨制作などいろいろな仕事を経験。自然と犬と本が大好き。

障害福祉サービス
事業所検索

施設名・電話番号

都道府県

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

職種別

事業種別

ページの先頭へ