障害がある子の親の代理お見合い会が東京・武蔵野市で開催

イベント

2019年2月28日、障害がある子の親の代理お見合い「結婚相談NPOの親御様お見合いサポート会」が、東京都武蔵野市で開催されます。この会を主催する結婚相談NPOは、少子高齢化問題の解消を目指し、2013年に設立されました。現在、吉祥寺サテライト、真鶴サテライトの2か所で結婚相談所「ブライダルサポーター」を運営されています。特に、神奈川県の真鶴サテライトは、周辺の結婚相談所の閉鎖が相次ぐ中、過疎解消に向け真鶴町と一緒に取り組んでいます。

元々は、非正規雇用者が利用できる結婚相談所としてのスタートでしたが、途中から障害がある方からの相談が増え、現在では障害者婚活の場として認知されるようになりました。現在、障害者向け婚活で苦労されているのが、極端な男女比の差です。健常者向け婚活の男女比が男性4対女性6の比率であるのに対し、障がい者向け婚活の男女比は男性7対女性3となっています。男性会員から「方法は問わないから女性障害者を入れて欲しい」という声があり、男性有料、女性無料の障害者向け婚活パーティーも実施されています。これまでカップリングもたくさん出ていて満足度も高くなっています。

今回は、当事者同士の婚活パーティーでは無く、結婚の意思を持つ障害がある子の親が対象になっています。精神障害など重い障害がある方にとって、お見合いはストレスが大きくかかり、相談では親が同伴するケースが多くなっていることが今回の開催のきっかけになっています。

結婚相談NPOブライダルサポーターの影山頼央さんは、「サポートが出来なくなった時を心配されている親御さんの力になりたい。どの程度のニーズがあるのかを見極め、今後も展開していきたい」と話しています。参加費は無料で、定員は男女各15名。申し込みは、https://bridal-npo.org/service/parentalsupport/ まで。

結婚相談NPO
https://bridal-npo.org/

障害者ドットコムニュース編集部

障害者ドットコムニュース編集部

「福祉をもっとわかりやすく!使いやすく!楽しく!」をモットーに、
障害・病気をもつ方の仕事や暮らしに関する最新ニュースやコラムなどを発信していきます。
よろしくお願いします。

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP

しばらくお待ちください