事業所様ログインはこちら

障害者ドットコム

 >  > アサーションをしてみよう!〜うつ病の人のアサーション・トレーニング(前編)
暮らし

アサーションをしてみよう!〜うつ病の人のアサーション・トレーニング(前編)

アサーションをしてみよう!〜うつ病の人のアサーション・トレーニング(前編)

unsplash-logoBrooke Cagle

アサーションとは、自分の意見も相手の意見も尊重しつつコミュニケーションをとる方法です。アサーション・トレーニングとして、うつ病の治療にも取り入れられています。今回は、うつ病の方がどのようにアサーションを活用していけばいいのか、お話したいと思います。

アサーション・トレーニングをうつ病の方が行う意義

うつ病の治療方法として、認知行動療法がよく使われますが、その中の一つとして「アサーション」があります。認知行動療法とは、もともとの考え方やものの見方の偏りを修正することで、問題解決を図ろうとする精神療法です。アサーションはその解決しようとする問題の中でも「対人関係」に関するものについて扱います。うつ病の方がアサーションを練習する目的は、うつ病で疎遠になった社会との関わり方を再学習し、うつ病を誘発した原因でもある対人関係の問題を自己解決できるようにすることなどが挙げられます。うつ病になると、鬱々とした気分になり、倦怠感から誰とも話したくない、会いたくないと感じます。もともと対人関係が良好だった人でも、うつ病になると、人と関わることに抵抗感を感じる方もいます。また、コミュニケーション上の問題がうつ病の間接的要因になっている方もいます。アサーションはそういった方々が、治療を終え社会へ一歩前進できる手立てといて役立てられています。

アサーションをする前に知っておきたいこと

アサーションとは、前項でお伝えしたように、自分も相手も尊重したコミュニケーションの方法です。なので、自分の意見を押し通すことでもなく、相手の言いなりになることでもありません。そのようなコミュニケーションを成立するためにはどうしたらよいのでしょうか。

まず、アサーションを行う前提として、「自分の意見をよく分かっている」ことが必要です。うつ病になると、自己肯定力が損なわれ、自分の意見を尊重できなくなります。また、欲求の減退のためか、自分の本当の気持ちや考えがよく分からなくなることがあります。アサーションする前に、「○○したい。」「○○したくない」など、自分の中にはどんな気持ちや考えがあるのか考えてみましょう。相手に伝えたいことが明確であればあるほど伝えやすくなります。

第二に「相手は自分とは違う存在である」と理解しておくことが必要です。相手が家族だろうと、友達だろうと、自分と全く同じ考えを持った存在はいません。アサーションをする中では、たとえ相手の考えや見方が自分と違っていても問題ありません。アサーションのゴールは、互いの意見を、互いに情報として知り、そして、互いが納得する結論を話し合いで導き出すことです。なので、相手との違いがあることに臆せず、コミュニケーションを取る姿勢が大切です。

第三に認識しておきたいことは「誰もがアサーションする権利がある」ことです。自分だけでなく、話している相手にもその権利があります。アサーションは自分の意見を言うだけでなく、相手の話を聴くことも求められます。

アサーション・トレーニングをやってみよう

アサーション・トレーニングには以下4つのステップがあります。

ステップ1:アサーティブなコミュニケーションを妨げる思い込みを修正する

ステップ2:アサーティブなコミュニケーションの方法を学ぶ

ステップ3:改善したいと思うコミュニケーションの事例を書き出す

ステップ4:その内容をアサーティブなものに書き換える

次回はアサーション・トレーニングを実際に行う手順をこの4つのステップに沿ってご説明したいと思います

▶︎続きのページ:アサーションをしてみよう!〜うつ病の人のアサーション・トレーニング(後編)

参考文献

「うつ病の認知療法・認知行動療法(治療者用マニュアル)」みんなのメンタルヘルス総合サイト
https://www.mhlw.go.jp/kokoro/index.html

「うつ病の認知療法・認知行動療法(患者さんのための資料)」みんなのメンタルヘルス総合サイト
https://www.mhlw.go.jp/kokoro/index.html

「よくわかるアサーション 自分の気持ちを伝えよう 自分も相手も大切にする気持ちのよい自己表現」
監修:平木典子 出版:主婦の友社

「夫婦・カップルのためのアサーション」著者:野末武義 出版:金子書房

ライタープロフィール
haru
haru

あまいものと中華料理が好きな24歳です。数年前海外大学院を中退。帰国後、うつ病と診断。一人暮らしをしながら就活をしています。現在アサーションやセルフモニタリングを勉強しながら人との関わり方や自分の保ち方を模索しています。

  • HSPと、ともに。
  • 発達障がい〜神からの贈り物〜
  • 生きる!生きる!心の叫び
障害福祉サービス事業所を探す
ページの先頭へ