事業所様ログインはこちら

障害者ドットコム

 >  > 片付けられないADHDの私が片付けを始めるために
暮らし 2018.9.13

片付けられないADHDの私が片付けを始めるために

片付けられないADHDの私が片付けを始めるために

出典:https://www.photo-ac.com

皆さんお部屋の片づけはできていますか?ADHDの人は整理整頓が苦手だと言われています。私もADHDですがやはり片付けが苦手で、部屋はとても散らかっています。

汚部屋の弊害

以前の私は不十分ながらも多少は片付けができていたのですが、うつ病が悪化してから意欲が減退し、殆ど部屋の片づけができなくなってしまいました。私の汚部屋を見た家族はあきれ果て、注意もしてくれなくなってしまいました。別に不都合なんかないし個人の勝手だと開き直っていたのですが、最近ひどい抑うつ状態から多少脱却し、さすがに「これはまずいのではないか」という気分になり始めました。

部屋を散らかすことには沢山のデメリットがあります。物が見つからず探し回って多大な時間をロスしたり、何度も同じ物を買い直して経済的損失を生じたりします。また物が崩れたり落下したりして危険でもあります。ホコリやダニ、カビが発生し、健康にもよくありません。さらに人を呼べないため、コミュニケーションにも悪影響を及ぼします。物がごちゃごちゃ存在していることで集中力が奪われたり、しょっちゅう散らかりを目にすることでネガティブ思考になったり自尊心が下がるという人もいます。

片付けの効能

一方片付けの効能として、前述のデメリットの改善に加え、気分がスッキリする、ストレスが減る、精神が安定する、心を整理できる、生活レベルが向上するといったことが挙げられています。近年「断捨離」が流行していますが、多くの人々がシンプルで整頓された暮らしの良さを実感するようになってきているのでしょう。いずれにせよ、汚部屋で生活し続けることで被る不利益を考えると、掃除をするに越したことは無いように思われます。

片付けの始め方

しかしそうは言われても、いったい何をどこから片付けたらよいものやら途方に暮れてしまいます。そんな時は部分的に片付ける、拭くといった単発の行為を一日に一つずつ行なってみるのがよさそうです。一気に全て片付けるよりも、少しずつ継続して行うことが大切です。また片付け方にはいくつか方法がありますが、「使わないものを捨てる」「種類ごとにまとめて分類する」「決まった収納場所を決める」というものが手軽で効果的です。この時完璧主義に陥ると片付け自体ができなくなってしまいますので、低めの目標を設定し、できたら自分を褒めてあげましょう。

「片付けられない」と言われるADHDではありますが、それでも少しずつ私は片付けに挑戦していこうと思います。部屋と同時に、自分の心の整理も目指したいです。

ライタープロフィール
nekotamaki
nekotamaki

20代から鬱病を経験し、アラフォーになってからつい半年前にADHDと診断される。不注意、衝動性の特性があり、時間やタスクの管理が苦手。これまでにDTP職、事務職を経て、現在人生リスタート中。共に暮らす2羽のインコと趣味の手芸に癒されて日々を送っている。

  • HSPと、ともに。
  • 発達障がい〜神からの贈り物〜
  • セコラム!〜伴走者の立場から障害福祉を考えてみる〜
  • 佐久間勇人の2018年自由日記
障害福祉サービス事業所を探す
ページの先頭へ