事業所様ログインはこちら

障害者ドットコム

 >  > 就職後3か月で発達障害だと診断されたオタクがADHD治療薬コンサータを飲んでみた
暮らし 2018.7.26

就職後3か月で発達障害だと診断されたオタクがADHD治療薬コンサータを飲んでみた

就職後3か月で発達障害だと診断されたオタクがADHD治療薬コンサータを飲んでみた

出典:https://unsplash.com

コンサータを飲み始めて1年と少し経ったので薬の効果や副作用など感じたことをお伝えしたいと思います。

コンサータを飲むきっかけと副作用

休職の一週前に病院に行くと発達障がいの疑いが強いと言われ服薬を始めました。飲み始めは、27mgを服薬していました。飲んだ直後の感想は..効果なくね!?でした(笑)。その後1時間~1時半ほど経つと、頭が軽くなって目が冴えた感じになりました。

気分が改善した反面、私の場合、次のような副作用がありました。

①食欲減少
お腹は空いているのに食欲が無いといった感じでした。

②吐き気
吐き気が止まらなくて、吐きながら仕事をしていました。
       

薬を飲んでできるようになったこと

①行動力がついた
やる気がみなぎる感覚になるので、服薬前より外にでかけるようになりました。

②思考力が高まった
頭の中がすっきりします。他の刺激に邪魔されにくく、考えて行動するようになった気がします。

③生活力が上がった
家事を忘れたり、溜めなくなった。学生時代は汚かった自宅が、今では綺麗に整頓できています。

コンサータを服薬した感想のまとめ

①副作用が相当辛い
3ヵ月で7キロ痩せました。慣れるまで時間がかかるかもしれません。

②効果は抜群    
出来るようになったことや、やりやすくなったことがたくさんありました。
 
③頼りすぎは禁物
先日、泊まりに行った際に薬を忘れてしまいました。動けるようになったのは昼過ぎで、薬に頼りすぎるのダメだと思いました。

ライタープロフィール
どん
どん

ADHDと自閉性スペクトラム症を持つ24歳。愛媛県出身。大学卒業後、就職するものの三ヵ月で退職宣告を受ける。その際、発達障害だと診断される。その後1年間、自己理解や資格勉強を行い今に至る。趣味は卓球とカラオケと料理。性格はオタク。将来の夢はビーグルを飼うこと。

  • HSPと、ともに。
  • 発達障がい〜神からの贈り物〜
  • セコラム!〜伴走者の立場から障害福祉を考えてみる〜
  • 佐久間勇人の2018年自由日記
障害福祉サービス事業所を探す
ページの先頭へ