事業所様ログインはこちら

障害者ドットコム

 >  > 統合失調症を患う私が思い描く未来の私
暮らし 2019.1.9

統合失調症を患う私が思い描く未来の私

統合失調症を患う私が思い描く未来の私

unsplash-logoNine Köpfer

現在は就労移行支援事業所に通いながら就職活動を行っている私ですが、もちろん就職することが第1の目標ではあるものの、こうなりたいなと思い描く夢は他にもいくつかありますので、1つずつお話してみたいと思います。

就職

今の第1の目標は就職することです。大学時代より体調を崩しがちで卒業まで7年かかり、大学卒業後も病状悪化のため療養を余儀なくされた私は、20代後半になった今でも学生時代のアルバイト以外でのまともな就労経験はありません。徐々に焦りも感じると同時に、就職活動を行ってはいるものの、まともな就労経験の無い中、そして未経験な職種では最終面接までいっても採用とはならず、そもそも書類審査の時点で不採用となるケースが多いです。目標としては2019年の4月頃までの就職としていますが、あくまで目安です。なかなか思うように就職活動が進まないといえ、あまり妥協もしたくはありませんし、就労移行支援事業所のスタッフにも協力していただき頑張りたいと思います。

一人暮らし

無事就職できて一人暮らしをするのに十分な収入を得て、精神的にも自立できると自信がついてからですが、一人暮らしもしてみたいなと思います。ただ、家族とは仲も良く、実家は居心地が良いので一人暮らしをしようと決心するまで時間はかかりそうです。一人暮らしをしても週末は実家に帰るという行動パターンになるかもしれませんが、両親もいつまでも元気でいるわけではなく、将来的には私が両親を支えなくてはいけなくなる日もやってくるでしょうし、まず、自分のことは自分でできるようになりたいものです。

親孝行

家事を手伝うなど、今すぐにできることもあるとは思いますが、私には自分が働いて稼いだお金で定期的に家族を食事に連れて行ってあげたいという小さな夢があります。インターネットなどで評判のお店を調べておいて、ここはどう?と家族と楽しく相談することも楽しみなことの一つでもあります。今思い浮かぶのは、ドラマの影響ではあるのですがビアバーに家族で行きたいなと思います。先ほど述べた、今すぐにでもできる親孝行もできれば頑張りたいところではありますが、ここ最近は企業実習等、自分のことで精いっぱいで、なかなか家族への配慮ができていないのが現状です。何かしてもらったことに対して「ありがとう」をきちんと言うなど、小さなことでも良いから親孝行したいものです。

結婚

今すぐに結婚とまではいかなくても、異性とお付き合いしてみたいなと思います。私自身は20歳頃から体調を崩しがちで、なかなか家族以外の人としっかりとした信頼関係を結ぶということが難しかったこともあり、異性とお付き合いした経験が無いので、恋愛ドラマなどを見てはいいなと憧れてもいます。障害を持っていても大丈夫、と言ってくれる人がはたして現れるのか、と不安ではありますが、それこそ就職すればより人間関係も広がるでしょうし、職を持てば恋活パーティーなどに足を運んでみたいなとも思います。

20歳頃から病気を患い、普通の人と比べるとかなり出遅れてしまったかな、とは思いますが、より普通の若者らしい生活を送りたいなと思う毎日です。ここで挙げた目標に向けて、日々スモールステップを重ね、5年、10年と経った時にあの時頑張ってよかったなと思えるよう頑張りたいと思います。

ライタープロフィール
あおぞら
あおぞら

アラサー女のあおぞらです。抱えている障害は統合失調症。学生時代に芸術大学で学んでいた経験から、現在も美術鑑賞、イラスト制作は趣味で、最近はまっているのは韓流ドラマとお笑い芸人がパーソナリティの深夜ラジオ。最近頑張っていることはジムでのトレーニング。楽しいことや美味しい物が好きなマイペース人間です。現在は就職活動中です。

  • HSPと、ともに。
  • 発達障がい〜神からの贈り物〜
  • セコラム!〜伴走者の立場から障害福祉を考えてみる〜
  • 佐久間勇人の2018年自由日記
障害福祉サービス事業所を探す
ページの先頭へ