事業所様ログインはこちら

障害者ドットコム

 >  > 発達障害(ADHD)の私が聴覚過敏に気付き、自分なりにとった簡単な対策方法
暮らし

発達障害(ADHD)の私が聴覚過敏に気付き、自分なりにとった簡単な対策方法

発達障害(ADHD)の私が聴覚過敏に気付き、自分なりにとった簡単な対策方法

出典:https://unsplash.com

高校生の時、たまたま聴いていたラジオから流れてきた、あるバンドの曲。その曲を聴いてから、私は音楽が大好きになりました。ライブハウスにも通い詰めていました。

今でも音楽は大好きですが、ライブハウスに行く事は無くなりました。原因は大きな音のする空間であるライブハウスが苦手な場所になってしまったからです。ADHDの人は聴覚過敏を持っているという特徴を持つ事が多いと言う事を知り、原因はこれなのかなと気付きました。

他にも苦手な音は増えて行くばかりで、生活に支障をきたし出した私の、昔と現在、そして苦手な音に対してとった私の簡単な対策方法について、書いてみたいと思います。

昔の私

高校生の頃から音楽が大好きになり、行きたいバンドのライブがあれば、近い場所でも遠い場所でも、ライブハウスに通い詰めていました。人は沢山で、勿論とんでもなくざわざわと賑やかな空間でしたし、ライブが始まれば、大音量の音楽が耳に入ってきます。そんな空間が私は大好きでした。

又、買い物に行く事が大好きな私は、人の多いショッピングモールだって平気でしたし、お正月の福袋の争奪戦にも参加していました。

大きな音が苦手、人混みが苦手と感じたことはありませんでした。

現在の私

今でも音楽は大好きですが、家で聴く程度、ライブハウスに通う事は無くなりました。人の多い、そして大音量の音楽が流れるあの空間が苦手になってしまったからです。

買い物も今でも好きですが、比較的人の少ない平日のタイミングで行ったり、インターネットの通販を利用したりするようになりました。又、人の少ないタイミングを狙って買い物に行っても、帰ってきた頃には、ぐったりと疲れ果ててしまいます。ショッピングモールの人の多さは苦手ですし、福袋の争奪戦なんて今では考えられません。

大きな音が苦手、人混みが苦手になってしまいました。

他にも苦手に感じる音はどんどんと増えていきました。

・大勢の人の会話や話し声

・人から話し掛けられる際に大きな声で話し掛けられた時の声

・ドアの開け閉めの音

・赤ちゃんの泣き声、子供の騒いでいる声

上記は私の感じる苦手な音の代表的な物で、日常生活を送っている中で苦手と感じる音はまだまだ沢山あります。

私は現在、マンションに住んでいるのですが、人の話し声が苦手な私は、夜寝ている際、マンションの廊下から話し声が聞こえただけですぐに目が覚めてしまいますし、日中、赤ちゃんの泣き声や、マンションで遊んでいる子供の「わーわー」と大きな声で騒いでいる声を聴いただけで、イライラとしてしまいます。自分の部屋にいても、家族がドアを開け閉めするほんの小さな音でも不快に感じてしまいます。

しかし、そこでふと思った事は、私の中では、発達障害という病気は子供の頃から発症している物であって、それならば、昔はなぜ音という物に対してあんなに敏感では無かったのに、現在の私はこんなにも音と言う物に対して敏感になっているのだろうと不思議に思いました。

自分なりに調べてみた結果知った事は、大人になってからADHDを発症する可能性もあるという事です。自分がそこに当てはまるのかは解りませんが、もしかするとそうなのかもしれないな、それなら納得出来るな、と自分の中で不思議に思っていた事が少し解決された様に思います。

苦手な音にとって対してとった私なりの簡単な対策方法

まず1番にとった対策方法としては、「ノイズキャンセリングイヤホン」の使用です。通院している診療内科の先生に音が気になるという事に対して相談したところ、「ノイズキャンセリングイヤホン」の存在について教えて頂きました。そこで教えて頂くまで私はそんな物がある事も知りませんでしたが、すぐに電気屋さんに向かい購入しました。最初は正直あまり期待していなかったのですが、実際使用してみて驚いた事に、付けている間はほぼ周りの音がシャットダウンされました。おかげで、夜眠る時に付けていれば周りの音が入ってこないため、朝まで目を覚ます事無く眠る事が出来ましたし、日中もイヤホンを付けていれば、周りの音を気にしてイライラする事が無くなりました。

他には、家族に対してこの様な症状がある事を伝え、あまり大きな声で話しかけてこない様にしてもらったり、出来るだけ突然大きな音を出さない様お願いしたりした事。又、聴覚過敏は疲れている時に出やすいとの事だったので、自分の体調の変化に気付き、無理の無いように休息をとるといった事を心がけるなどといった対策方法をとりました。

聴覚過敏はとても面倒なもので、外出先では突然の大きな音だったり、子供の泣き声、騒ぎ声などを避ける事は中々難しいです。又、電車での外出となると、どうしても周りの話し声が気になったりします。「外出先でもイヤホンを付けたらいいじゃないか」と言われた事がありますが、付けていて、車や自転車のクラクションに気付かなかったら怖いなと思いますし、電車でも、車内アナウンスを聞き逃してしまう事の不安が強く、なかなか外出先では付けれない事が、私の今の少し悩んでいる事です。外出先でも音を気にしてついイライラしてしまわない様にする事が出来るように何か出来る事は無いかを考える事が、現在の私の課題です。

参考文献

困りごとのトリセツ・発達障害プロジェクト
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/hattatsu/index.html

大人になってから初めて発症する「後天性のADHD」と大人になるまでに治る「先天性ADHD」・発達障害のメソッド
https://asperger.hateblo.jp/archive

アスペルガーとADHDの特徴、聴覚過敏。人混みストレスは苦手でイライラする・アスペルGUY
https://www.himawari0511.com

ゲストプロフィール
りんご
りんご

私の病名は発達障害(広汎性発達障害、注意欠陥多動性障害)と摂食障害です。先に摂食障害の診断をうけ、その後発達障害の診断がつきました。現在は週1回心療内科に通院し、治療中です。趣味は、買い物に行く事と旅行です。

  • HSPと、ともに。
  • 発達障がい〜神からの贈り物〜
  • セコラム!〜伴走者の立場から障害福祉を考えてみる〜
  • 佐久間勇人の2018年自由日記
障害福祉サービス事業所を探す
ページの先頭へ