事業所様ログインはこちら

障害者ドットコム

 >  > 発達障害がある私の日常~特性と向き合う
障害・病気 2018.8.31

発達障害がある私の日常~特性と向き合う

発達障害がある私の日常~特性と向き合う

出典:https://unsplash.com

私にはADHD(注意欠陥多動性障害)障害とASD(自閉症スペクトラム障害)があります。発達障害やグレーゾーンと診断されている方などは「あるあるやな~」と共感して頂ける、私の特性についてお話したいと思います。発達障害がない人も何となく知って頂けたら嬉しく思います。

私のこだわり

1つ目のこだわりは食器棚のコップやグラスの位置に自分ルールがある事です。母はそんな事は知らないし、空いてるスペースにコップを直しますが、私はそれを見て何かしっくりこなくて並べ替える作業をしてしまいます。本来なら食器棚に直せたら良いのは分かっていますが、それが特性なんだと感じています。

お弁当や食事は母が作ってくれています。お弁当に入れるおかずの炒め物は自分で基本的にはしています。昔からお弁当箱に詰める際に、自分の中で「これとこれを並べたら彩り良く見えるかも」って考えながら行うので、詰めるのも時間がかかります。昔から母に「おかず詰めるだけで何分かかってるん?あんた子ども出来たらそんなトロトロしてたらあかんで、仕事でもイラっとされてるやろうけど」と言われていました。

生活の様子

私はADHD/ASDですが、学生時代から現在まで遅刻はしたことがありません。また、先延ばしにすることはほどんどありません。ただし、やるべき事が複数ある場合、先にやるべき事から取り掛かりますが、進みが悪いことはしばしばあります。段取りや優先順位を考える事は苦手です。

それから、衝動性・多動性もあります。衝動性では、自分が決めた事はわりとすぐ行動します。また、話したい事があれば会話に加わったり、自分の話ばかりになりがちです。多動では、複数の作業があれば一つをして疲れてきたら違う作業をして、どれも中途半端になっていました。学生時代から今でもそうなのですが、気をつけて見直ししてもケアレスミスをよくしてしまいます。様々な考えが頭の中で常に巡り、しんどくなることも頻繁に起こります。出掛ける前に携帯を忘れて玄関を出て取りに戻ったりも月1、2回あります。環境の変化が少し苦手だったりもします。

薬の服用

私は昨年の12月より服用を開始しました。わりと早く効果が現れるコンサータ18㎎を朝食後に1錠服用していました。持続時間は12時間でしたが、仕事開始から終了までを考え、午前9時までに服用しました。効果が現れるまで2週間程でしたが、効果が出始めてからの私は、優先順位を考えられる、相手の状況を考えて自分の作業の説明を聞く、衝動的に話をしないことが出来るようになっていました。それに伴い常にメモとペンを持ち歩くようになり、必要な事を書き留めるようになりました。

主治医の提案により今年4月下旬からはストラテラ40㎎を夕食後に1錠服用開始しました。ストラテラは効果が現れるまでに6~8週間かかります。私はストラテラと共に胃薬の処方もありましたが、私は副作用が出やすく、ムカつきや吐き気、動悸、眠気がありました。しばらく服用して慣れてきましたが、6月より2錠に増え副作用に悩まされる日々でした。現在でも体調不良やストレスがあると副作用は出ています。

服用していて効果を感じ始めたのは就労移行支援でのカリキュラムでした。作業していて休憩を取らずに集中して作業してしまう事が増え、更に人の作業や声も以前より気にならずに自分の事に集中出来るようになっていました。

さいごに

障害を特性だけで判断せずに一人一人を見てほしいです。また、薬を使ったり、生活や環境の工夫をすればカバー出来るという反面、薬では補えない事もあるという事を知って頂きたいです。薬で補えない苦手な部分については、改善するための訓練に取り組んでいます。このように、きっと希望があると信じて日々生活しています。当事者の皆さん、ご家族の方々、共に諦めずに頑張っていきましょう。

ライタープロフィール
おチビちゃん
おチビちゃん

20代の女性。ADHD(注意欠陥多動性)・ASD(自閉スペクトラム症)があり、特徴は頭の中が多動、切り替え苦手。趣味はアロマショップ巡りとアロマオイルを使ってマッサージ、映画鑑賞などです。

  • HSPと、ともに。
  • 発達障がい〜神からの贈り物〜
  • セコラム!〜伴走者の立場から障害福祉を考えてみる〜
  • 佐久間勇人の2018年自由日記
障害福祉サービス事業所を探す
ページの先頭へ