事業所様ログインはこちら

障害者ドットコム

 >  > 一歩前進 『心の一歩 』vol.12
心の一歩,連載コラム

一歩前進 『心の一歩 』vol.12

一歩前進 『心の一歩 』vol.12
『心の一歩 』 vol.12 <毎月30日連載>

1年間執筆させて頂き、ほとんどの月の掲載内容が水泳の事を基にしたものだったと思う。

病気になり途方に暮れ、自暴自棄になっていた時に出会った水泳。誰よりも私自身に一番の影響与えた。ハンデがあろうがなかろうが関係ない。決して自分が偉いわけでも自慢したいわけでもないが、たまたま私は水泳に出会った。幸運だ。

水泳というスポーツが自分を変えてくれた、成長させてくれた。間違いなく。

泳ぎ方や大会結果を重視でやってきたけど、そんなことよりも、人との出会いが何よりも楽しく、嬉しく、ありがたかった。授業では得られなかった体験、そして、受け身の姿勢では決して得られなかったであろう味わい。感謝しかない。病気になってしまったことが、これも運命だな、と、居直れそうなところまで来られた。

もちろん、今でも弱気にもなるし、恐怖を感じる。ただでも病気の進行が怖いのに、何気なかった普段の生活でさえ、何をするにしても怖い。障害を持つ方々にとって共通していることだと思う。

そして、新しい一歩を踏み出すときの恐怖も感じる。何かを始めようとするときの一歩。その先の道が成功に続いている確信はなく、仮に成功してしまっても、更に先があるのかも分からない。そして何より、今この瞬間、この現状から離れて行ってしまう不安、未来が見えず、おじ気つきそうになる。もしかしたら、これは全ての人に共通している感覚なのかも知れない。

そんな時に、横を見ると、仲間が居て、人生の先輩が居て、後輩が居る。私が恐怖から受けている動揺をそっと支えてくれた。

いつか、私も人を支えるために一歩踏み出したいと思った。

何もしなくても恐怖は感じるのだろう。一つや二つ、変わらないかな。と、思うことにして次の一歩を踏み出そう。きっと、良い事があるよ。

一年間、読んで頂きまして、ご声援も頂きまして、誠に誠にありがとうございました。

ライタープロフィール
 佐久間 勇人(さくま はやと)
佐久間 勇人(さくま はやと)

約7年前、小脳が萎縮し、伝達神経系が徐々に破壊されていく神経難病脊髄小脳変性症であることを知りました。そこから今日までは沢山の経験・後悔がありました。人と出会い、生まれた笑顔、そのありがたみを人一倍感じとり、今まで気が付かなかったようなことを学べてきたような気がします。
ハンデがある。でも、それは「個性」でもある。そう思うようになった時、生き方がかわりました。そして、障がい者水泳というスポーツに出会うことが出来たのです。
目標を持ち、チャレンジし、全国障害者スポーツ大会(2015わかやま大会・2016いわて大会)においては新記録を樹立しました。まだまだやりたい。まだまだチャレンジしたい。継続していくことに最大の意義があると思います。何もしないで、後悔するのではなく、「いま」できることを思いっきりやりたい。
限りある時間の中で出会うべくして出会えた“こと”。体験の中で見つけた思いをお伝えしています。

  • HSPと、ともに。
  • 発達障がい〜神からの贈り物〜
  • セコラム!〜伴走者の立場から障害福祉を考えてみる〜
  • 佐久間勇人の2018年自由日記
障害福祉サービス事業所を探す
ページの先頭へ