事業所様ログインはこちら

障害者ドットコム

 >  > うつ症状が出ているときに避けた方がいい5つのこと
暮らし 2018.12.5

うつ症状が出ているときに避けた方がいい5つのこと

うつ症状が出ているときに避けた方がいい5つのこと

unsplash-logoAlexander Possingham

うつ症状が強く出ているときは、なにをするにも億劫で、お風呂に入ることですらかなりのエネルギーを使うかと思います。そんな時、さらに悪化させないために、私なりに避けた方がいいと思う行動をお話しします。

悲しいニュースを見る

ただでさえ気分が下がっているときに、「殺害」「死亡」などの文字を見ると、さらに気分が下がってしまいます。感度が増しているので、刺激の強いニュースを見るのは、できるだけ避けた方がよいでしょう。

人の愚痴を聞く

うつ症状が強いときは、正直、人の愚痴を聞く余裕などありません。ましてや、人に会うことすら辛いものです。「せっかく話しているんだから、ちゃんと聞かなきゃ」と無理をして話を聞くと、さらに気分が落ち込む可能性もあります。苦しいときは、今は辛いということをしっかり相手に伝えて断りましょう。

ネットで「うつ病」に関することを延々と検索する

自分の症状などを調べていると、いろいろなことが気になりだして、気づけば1時間も携帯を触っていた…なんて方もいるかもしれません。わたしもそのひとりでした。しかし、結果的にいい答えが見つかった試しはなく、ネットに答えはないと思っています。根拠のない情報がたくさん溢れていて、どれが真実なのか分からないからです。嘘も、非難する言葉も、たくさんあります。わたし自身、「うつは甘え」「逃げているだけ」という文字も何度も見て、その度に「やっぱりそうなのかな」と落ち込みました。ですが、今は情報に振り回されることに疲れ、病気に関することは一切調べなくなり、それについて悩むことはなくなりました。不思議と自分の中で踏ん切りがついて楽になったため、やめるという決断をしてよかったと思っています。

無理に身体を動かす

身体が重くて動かせないときに、無理に身体を動かそうとすると、さらにしんどくなってしまいます。もし動かせたとしても、すぐにしんどくなる→こんなこともできないなんて→自分はなんてダメな人間なんだ、という負のスパイラルに陥りやすくなります。身体が重いのは、それだけあなたががんばってきて、今は休むことが必要というサインです。勇気を出して休んでください。そして、少し動けるようになったら、小さなことでもいいので、自分を思いっきりほめてください。「できた」ということが、次の行動への原動力になります。

過去と今を切り離そうとする

家にずっといると、過去のことを思い返すことが多いと思います。辛かったことが頭の中を何度も駆け巡って、その度に涙が頬を伝う。そして忘れたい忘れたいと思うことほど、忘れられないものです。一時的に忘れようとしても、ふとした時に蘇って来ます。そんな時は、「あの時の自分は、精一杯がんばった結果。あの時の自分も含め今の自分がいる」と過去の自分を認めてあげてください。そうすれば、徐々に過去の自分を受け入れられるようになり、過去に執着しなくなります。

まとめ

うつ症状が出て動けない時は本当に辛いですね。無理に動こうとせず、「今は休むとき」と言い聞かせて、できることからひとつずつやっていきましょう。休むことが回復のいちばんの近道です。

ライタープロフィール
まんた
まんた

病名:うつ病
年齢:20代女性
趣味:ヨガ、歌う、ウォーキング
現在は就労移行支援事業所で就職活動中。

  • HSPと、ともに。
  • 発達障がい〜神からの贈り物〜
  • セコラム!〜伴走者の立場から障害福祉を考えてみる〜
  • 佐久間勇人の2018年自由日記
障害福祉サービス事業所を探す
ページの先頭へ