発達障がい〜神からの贈り物〜

自然に子供が学びだす環境づくりvol.5 実践編第1回 あなたはこの足し算解けますか?(『発達障がい~神からの贈り物~』第69回)

発達障害

Photo by Raphaël Biscaldi on Unsplash

『発達障がい ~神からの贈り物~』 第69回 <毎月10日連載>
夏真っ盛り、子供たちにとっては待望の夏休みもそろそろ折り返し地点。夏の忘れ物をしないように存分に遊んで貰えることを心から願いながら、炎天下に負けず毎日をエンジョイしているケイです。

さて、いきなりの質問です。2進法の以下の計算を解け

10110+101=

皆さん解けますか?答えは11011。一瞬で溶ける人はプログラマーくらいのものかも知れませんね。頭の中が???になっている人も多いのでは?

上記の計算を一般的な10進法で書き替えると

22+5でもちろん答えは27

コンピューターや計算機などデジタル機器は0と1の信号しか扱えないので、CPUは先に出した計算をしたのちにモニタに27という文字を示しているんです。

私たちは2という数字は1が二つ5は1が5つと簡単にイメージできるが、2進法で10や101と表されて直ぐに10進法の2や5をイメージできないのではないでしょうか?

学習障害等で計算問題が著しく苦手な人が一定数存在するが、上記のように数字がイメージ化されていない人が多く存在すると思われます。

つまり彼らにとっての躓いている場所、ゼロポジションは数字がイメージ化できていない所。ここを飛ばして足し算や引き算、掛け算と進めて言っても彼らは呪文的に暗記する以外に手はなくなってしまう。

私たちが2進法で方程式を解くのと同じではないでしょうか?

なので焦らずゆっくりと数字のイメージ化のトレーニングを進めて、ある一定の水準に達するまでは計算問題は見送った方がベターではないでしょうか?

実際に数のイメージ化を取り組むことで私の周りでも一定以上の成果が現れているように感じます。時間はかかれど少しずつは理解は増していきます。

具体的なイメージ化の方法としてはオハジキと数直線の2種類が有効と考えます。

テーブルにオハジキを幾つか置いてその数を数えてその数のカードを指さして貰う。またはその逆で数字のカードと同じ数のオハジキを並べて貰う。以上がオハジキを使ったもの。ペットボトルキャップとトランプカードなどで代用も可能。

数直線は定規を使ったり小さなホワイトボードに手書きして使っています。数直線を使った場合、繰り上がりや繰り下がりを意識せずに計算もできるので活用が楽です。数直線で自信を持った後に繰り上がり、繰り下がりをやっていけば良いので、数直線を理解するまで次に進まず気長にやっています。

私の引き出しとしては上記の二法で今のところ事足りていますが、他にも良い方法はあるかも知れません。

実は上記の方法も子供たちと試行錯誤しながらどうすれば共通理解が得られるかを探索した結果であり、そのような機会が今後もあれば引き出しは更に増えていくことでしょう。

今回は実践編として数字について述べてみましたが、次回以降も様々な教科、課程について触れていこうと思います。

皆様の参考になれば幸いです。

公式ブログ https://ameblo.jp/suzie-net

Kei(ケイ)スズキ

Kei(ケイ)スズキ

いずみハッタツ友の会代表、高知大学農学部卒
放送ディレクター、スタジオ・ミュージシャン、カメラマン、道化師、学習塾経営など職を転々とする。10年の鬱の後に発達障害の診断を受ける。現在は福祉職員として当事者目線での支援を行う傍ら、ピアカウンセリングサポートにも積極的に関わる。自称『人生を楽しむパイオニア』
公式ブログ https://ameblo.jp/suzie-net

発達障害

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP

しばらくお待ちください