発達障害が引き起こす合併症

発達障害

出典:https://www.flickr.com

発達障害に加えて他の障害も



筆者は十年以上発達障害と向き合っています。私はアスペルガー症候群の知的障害を抱えているのですが、他にこんな特徴があります。

それは怖い物や刺激の強いものを見たり聞いたりすると禁断症状が出てしまう事です。

例えば戦争や災害、最近のニュースに出る自動車事故を見てしまうと怖がってしまい、特にテレビの映像では怖がって人が何気なく見ているのに「代えてほしい」という事が良くあります。またある映画を家族で見に行った時、殺人で余りに過激で怖かったのか、見終わった後、呆然とした表情で歩いていて心配されました。特に戦争は映像や劇、曲であっても抵抗を持ってしまい、最悪の場合は、その関係を見たり聞いたせいで眠れなくなることがあります。

この抵抗のせいで戦争に関する曲に当たってほしくないと中学の合唱コンクールの頃、何度も願ったこともありました。結局その曲が当たってしまい歌うことになってしまったのですが。

これが何かの障害か感情的なものなのか分からないことがあり悩んでしまう事があります。しかし調べてみると全般性不安障害であるかもしれないことが分かりました。


そもそも合併症とは?



合併症とは、「ある病気の進行中、その病気に起因するか異なる原因によるか関わらず、その病気と無関係に発する病気」。または、「二つ以上の症患が併存した状態、種々の原因で発生する病気」の二つの意味がありますが、私は後者の方です。

糖尿病の合併症についてよく耳にすることがありますが、発達障害にも合併症が生じます。

発達障害の合併症としては不安障害PTSD(心的外傷後ストレス障害)が多くみられます。

どちらも大人の発達障害で見られる症状ですが、私は10年前、つまり子どもの時からPTSDの症状を持っています。

実は子どもにも発達障害の合併症は少なくありません。特に多いのはADHDアスペルガー症候群でこれは知的な遅れが無いが空気を読めない、雰囲気を壊すと言った特徴があり、人間関係でのトラブルが多い障害です。しかし高機能自閉症とは違い言葉の遅れがありません。ちなみに合併している場合はアスペルガー症候群と診断されることが多いです。


過去に何かあって合併したのか



そもそもPTSDは過去に自分自身の経験として起こった事(心的外傷体験=トラウマ)が理由で身体的、精神的なストレス障害を起こす精神症患です。そのため、自分の過去にトラウマが原因でPTSDとの合併症になったという事が分かります。過去に自転車の後の席に乗って怪我をしたり、人からいじめを受けたことはありました。

一番トラウマとして残っているのは戦争の劇を見た事や中学のトライアルウィークで起きた、いじめ等だと思うのですが、未だに本当のトラウマの原因が分かりません。

そのためまだ、本当に知的障害全般性不安障害の合併症なのか分からないので、もう少し見つめ直して、自分の症状を改善していけたらと思います。



今回合併症について書いたのはある日の一つの疑問からでした。それは、私は知的障害と何かの合併症ではないかという疑問です。その疑問を考えながら調べた現在の結果を今回は書いてみました。私と同じように合併症で苦しんでいる方の参考になればと思います。


参考文献

発達障害が引き起こす合併症の種類について
http://utubyou20.com/

子どものADHDの合併症に多いアスペルガー、高機能自閉症
http://kinispo.com/

コトバンク 合併症
https://kotobank.jp/

ピビコ

ピビコ

兵庫県在住。趣味は小物づくりと読書。好きな物は動物や食品サンプル等の可愛い物です。
軽度の発達障害と診断されてもう10年以上ですが、将来の目標に向かって頑張っています。

注意欠陥多動性障害(ADHD) 自閉症スペクトラム障害 その他の障害・病気 アスペルガー症候群 パニック障害・不安障害

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP