新型コロナウイルス拡大で増える自殺相談~1人で抱えず、まずは相談を!

暮らし その他の障害・病気

出典:Photo by Annie Spratt on Unsplash

2020年5月6日にデータ分析の専門家が、新型コロナウイルスに関するSNS上の投稿を、およそ1億件を分析したところ、感染の広がりにともなって、新型コロナウイルスに関する言葉が、「ストレス」や「鬱」など、マイナスの感情を示す言葉とともに投稿されるケースが、急増していることが分かりました。専門家は、感染拡大による人々の心理状態の変化が見えるとして、心のケアの必要性を訴えています。

SNSに見えてくる見えないストレス

データの分析結果によると「コロナ」という言葉が「ストレス」という言葉とともに投稿された件数は、1月は1日当たり平均72件でしたが、3月は2454件、緊急事態宣言が出された4月は6104件と、84倍に急増していました。投稿に含まれる単語から「外出自粛」や「経済面の不安」などがストレスに影響していると推測されます。

コロナ鬱になるのは、どんな理由が考えられるのでしょうか?

まず、人間は「分からないこと」、「先が見えないもの」に対して、不安を強く感じます。暗闇を怖く感じるのと同じです。新型コロナウイルスは、新しい感染症で詳細はまだ分かっていません。8割は軽症や無症状のまま治りますが、重症化する人も一定数おり特効薬もワクチンもまだありません。そのため、広く知られた病気よりも不安は増幅されます。

そのような嫌な情報を見聞きしたら、誰もが不快になります。いわゆる「共感能力」と呼ばれるものです。鬱などで精神疾患の方が自宅療養している時に、家でテレビやSNSで暗いニュースを聞いて、症状を悪化させるケースもあります。

普段、いつも通り生活している方も他人事ではありません。在宅勤務や外出自粛でちょっと不眠など気分が落ち込むなど、自分のこころが変だなと感じたら、まずは公的機関で電話やメール相談してみてはいかがでしょうか?いきなり病院へ行くのも…と気が引ける人も多いと思います。

相談したい時の電話相談窓口は?

こころの健康相談統一ダイヤル

電話をかけた所在地の都道府県・政令指定都市が実施している「こころの健康電話相談」等の公的な相談機関に接続します。電話番号0570-064-556相談対応の曜日、時間は都道府県によって異なります。

いのちの電話(一般社団法人日本いのちの電話連盟)

0570-783-556(ナビダイヤル)またメールでの相談活動を行っています。いのちの電話はたくさんの方から電話がかかるので、繋がりにくい場合が多いです。諦めずに何度かダイヤルして下さい。筆者自身も過去に電話をかけたことがありましたが、非常につながりにくかったので、根気よく電話してください。また、メールでも相談できますのでそちらも活用してみてもいいのかもしれません。

外出自粛により、経済的な不安を抱える方も多くいると思います。まずは1人で悩まず相談機関を活用して見てはいかがでしょうか?

参考文献

【毎日新聞コロナ拡大で増える自殺相談支援団体「1人抱えず、心の内を打ち明けて」】
https://mainichi.jp/

【PRESIDENT Online激増中「コロナ鬱」を避けるための5つの予防法】
https://president.jp/

【こころの耳新型コロナウイルス感染症対策(こころのケア)】
https://kokoro.mhlw.go.jp/

【厚生労働省電話相談】
https://www.mhlw.go.jp/index.html

tkbn

tkbn

40代男性。30代半ばでうつ病を発症。40代になって発達障害の疑いありと診断される。就労支援機関で自分の特性について学び、最後の就活を終えコラムを書いています。趣味は鉱石収集。年2回大阪・京都で行わるミネラルショーや即売会に行って、気に入ったものをコレクションするのが楽しみですが、部屋で飾る場所が無くなっているのが最近の悩みです。

その他の障害・病気

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP

しばらくお待ちください