「てんかん」とは?~病気を正しく理解し、付き合おう。

その他の障害・病気
unsplash-logo Nik Shuliahin

てんかんは、脳が発作を引き起こす障害です。突然意識を失い、反応がなくなったり、痙攣をおこす等の症状がでます。古くより知られる疾患のひとつで、歴史上の人物ではソクラテスやガイウス・ユリウス・カエサルが発症していと言われています。

てんかんとは?

てんかんは、かつて「子どもの病気」と言われていましたが、現在では老若男女問わず発症する病気とされております。生涯を通じて1度でも発作を経験する人は人口の約10%、2度以上は人口の約4%程度と言われております。 てんかんだと診断される患者はおおよそ1%程度です。なので、日本では約100万人の患者が居ると思われています。発症が多い病の1つで、初めての発症は赤ちゃん、幼児期な事が最も多いです。発症人数は高年齢になるにつれて増加していきます。てんかんとは、予防不可能かつ完治も不可能ですが、大部分はコストを安く抑えられて管理が可能な病気です。症状を抑えるため主に抗てんかん薬が用いられます。薬を飲み続けていれば、発症を抑えることができます。

どんな症状?

脳の発作も人により症状は少し違います。主な発作の内容には下記のようなものが挙げられます。 ミオクローヌス発作意識を失うまでのことはないですが、身体の筋肉が痙攣を起こします。 欠神発作長ければ15秒程度意識を失います。周りからはボーとしているように見えます。 単純部分発作痙攣の症状が身体の一部から全身にわたります。その後意識がなくなることが見られます。 強直間代発作突然意識を失い、身体が硬直する発作を引き起こします。その後倒れ全身に痙攣の発作が見られます。

てんかん発作の仕組み

我々の身体には、神経がはりめぐらされ、その神経を電気信号が通ることによって情報が伝達されます。脳には神経が集中しており、さまざまな情報が処理されています。そして、その脳からの命令によって「手を動かす」「足を動かす」等のように体を動かすこともします。また、脳神経は興奮と抑制によって動いています。興奮が強くなりすぎると抑制が働いて興奮を抑えたりします。ですが、てんかん患者は興奮が強くなりすぎたり、抑制が効かなくなったりして、結果的に痙攣を起こします。

てんかん発作の誘因

てんかん発作の誘因例として以下のものが挙げられます 光刺激 ・1秒間に20-50回前後の光の明滅で発生することもあります。 飲酒 ・大量飲酒でなくても、身体が酔いより覚める際にてんかんの発作が起こることが多いです。 身体的ストレス ・過度の疲労でもてんかん発作は起こりえます。仕事以外にもスポーツを行ったことにより起こることもありえる。首を上に傾けている動作を長く継続していることで発作につながるとも言われています。 心理的ストレス ・発作が起こるかもしれない、などの精神的不安感。環境変化。勤務先での仕事内容の変化。旅行や車での移動による環境変化等他人から見れば些細なことでも発作を起こす場合もあります。 ⑤睡眠不足 ・睡眠が十分にとれていないために疲労回復や服薬効果のバランスが乱れることで発作の原因になることがあると言われています。 等が誘因として挙げられます。

てんかん発症患者に課される制限

てんかんを持つ方々は以下のような事が制限されてしまいます。 乗り物を運転してはいけない ・例外があります。その場合条件が法律により定められています。 就ける職種が限られる ・高所での業務、理学療法士など医療業務の就職が難しいです。 薬との相性のため食事制限がある ・薬の副作用がおきる恐れがあるため、食事を制限されます。 水泳を行う際、監視が必要 ・いつ発作で倒れるか分からないために監視が必要です。 ・発作が完全に抑制されていないときは一人での入浴も注意が必要です。 上記のことは当事者である患者さんと、その周りの人も共に細心の注意が必要となります。 てんかんが発病する要因は様々なものがあります。また、てんかんの多くは原因不明とされており、てんかんを起こしやすい傾向を持っている人が居ると言われています。また、多くのてんかんは基本的には遺伝しないとされていますが、一部のてんかんは「てんかんをおこしやすい傾向」が遺伝してしまう可能性もあると指摘されています。

参考文献

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org

てんかんinfo
https://www.tenkan.info

Nasu

Nasu

ADHDと書痙ジストニア持ちの三十路男性。非障がい枠での就職と離職を繰り返していたが限界を感じ、障がい者枠での就労を目指し、無事就職しました。体を鍛えることと遊ぶことを中心に生活している。ボイスチャット大好きで家に帰ると誰かしらと喋っている。

その他の障害・病気

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP