HSPと、ともに。

2019年、楽しかったこと〜HSPと、ともに。<vol.32>

その他の障害・病気

出典:https://girlydrop.com

HSPと、ともに。vol.32 <毎月1日連載>

新年、あけましておめでとうございます。
今年も皆さんにとって素敵な一年になりますように。

昨年は、大変お世話になりました。年号も平成から令和に変わり、私も激動の一年となりました。考え方もガラッと変化したところもたくさんあります。普段は困りごとについて多く書いているコラムですが、楽しかったことを紹介します。

LGBT啓発の映画上映会『私はワタシ~over the rainbow~』TALK&LIVEを主催

このイベントに向けての準備がたくさんあって、イベントを開催することは本当に大変だなあと思いました。それでも、たくさんの出会いや夢が叶った幸せな瞬間でもありました。

LGBTの方は私は大好きです。魅力的な方も多いですし、仲良くさせてもらっています。とても楽しいです。もっと理解が深まったらいいな。19の時から大好きな岩瀬敬吾さんもLiveで出演してくださって、とても嬉しかったです。あの頃の自分に、20年後はすごいことになっているよ!と言いたいです。

東ちづるさんもいらしていただいて、とても熱心に活動されているので、尊敬します。その東さんに、障害者ドットコムのサイトについて、記事がどれも良い!とすごく褒めていただいて嬉しかったです。

岩瀬敬吾さんのLive

私は岩瀬さんの大ファンで、昨年は何度行ったかわからないくらいたくさん行きました。イベントの打ち合わせもあったのですが、ライブに行ったら元気になるし、病気がある私に、いつも優しく接していただいて感謝しています。今までどれだけ辛い時に曲を聴いて励まされたことか…もちろん楽しい時にも聴いていますが、命の恩人です。誕生日が同じなのが自慢です。いつも旦那さんが一緒に行ってくれるので感謝しています。またぜひ、イベントでご一緒したいです。

取材で東京へ

イベントでもご一緒した映画「BAD DREAM」上映の取材と、日本財団様主催の超ダイバシティ芸術祭の取材で東京へ行きました。取材はいろんな人にお会いできるので好きです。私は写真撮影をすることが多いですが、もちろんお話もたくさんお聞きするので、とても勉強になります。乙武さんにお会いできたことがすごく嬉しかったです。この仕事を始めた頃の目標でもあったので、感激しました。取材後は、好きなお店で記事を書いたりして楽しみました。他にも障害者ドットコムとしてたくさんのところを取材させていただきました。取材の依頼をたくさんいただけるのは本当に感謝です。

映画「BAD DREAM」イベント開催

東京で監督に出会い、大阪でもぜひ上映したいとおっしゃっていただいて、開催することになりました。相模原の事件がきっかけでできた映画ですが、いろんな差別が無くなれば良いのになあといつも思います。争いなく、みんな平和に暮らしていけたらいいのに、そんな世界になる日は来ないのでしょうか?

少しは障害者に優しい社会になっているのでしょうか?障害で生きづらくて苦しんでいる方々が少しでも生きやすくなるようにしていきたい!そのためにも、まだまだイベントをしていきたいです。障害があってもHappyに暮らしていけるようにしたいです!

金沢旅行

主人の実家へ年に何度か帰省します。昨年は、岩瀬敬吾さんのLiveに合わせて金沢へ行きました。主人の両親も私が岩瀬さんのファンなのを知っていて、いつも元気になって良いねと言ってくれています。Liveのたびに金沢へ帰ってくることも喜んでくれています。もちろんお母さんの手料理や家族で出かけたりするのも楽しみです。いつもご馳走していただいて、いろんなところに連れていっていただいていて、とても感謝しています。LGBTのイベントにも、大阪まで来ていただき、とても嬉しかったです。

京都散策

京都が大好きでよく行きます。兵庫出身、今は大阪に住んでいて、近いからとても憧れます。父も大学が京都で、子どもの頃から家族で土日に行くことが多く、もう無くなったお店もありますが、想い出がありすぎるくらい何度も訪れています。今は、フランソア喫茶室 とキャピタル東洋亭がお気に入りです。イノブンでは、日用品やプレゼントをよく買います。京都BALにあるToday's SpecialやAKOMEYA TOKYOでは食品を買います。調味料がたくさんあって楽しいです。主人の友人も京都に住んでいて、お家も立派で羨ましかったし、大学時代に主人と友人がバイトしていた京うどん 生蕎麦 岡北さんも素敵で美味しくてまた行きたいし、もちろん、お寺や神社や四季の景色も素敵だし、いつか京都に住んでみたいな。

大阪で唯一の村、千早赤坂村

母が早く亡くなったため、父がその後再婚して引っ越して、父は今、千早赤坂村で暮らしています。無農薬、肥料も使わず、自然に畑を耕して体に良い野菜や果物をたくさん作って、昔ながらの暮らしをしています。憧れます。野菜や果物もたくさんできた時や畑に遊びに行った時にもらいますが、美味しいです。本当に体に良い味がします。化学物質が含まれるシャンプーなども見直し、無添加の日用品で暮らしています。空気も綺麗で、とても健康になったそうです。

祖母は父の家からすぐの高齢者施設で暮らしているので、よく遊びに行きますが、スタッフも優しい人ばかりで、とても恵まれています。実家はもう無いのですが、今では第2の故郷です。ものすごく自然に癒されます。

スーパーマーケット巡りの休日

母とよくスーパーに行っていたので、一緒にいてくれている気がするし、楽しいので休みの日は、いろんなスーパーをはしごするのが大好きです。私と弟が大好きないちごミルクの美味しい商品をいろいろ探すのが楽しみで、祖母の大好きな抹茶と小豆のお菓子を見つけたら、買って渡しに行きます。これからイチゴの季節なので、イチゴのコーナーがすごいことになっていて、行くたびにワクワクします。私の一番好きなイチゴは、母の生まれた場所で有名な、あまり出回っていない幻の二郎のイチゴです。大きくて甘くて柔らかくてふわふわです。ジャムは金沢でも売っているのを見たことがあります。

小説「ミロの墓」

小説家志望の弟が2019年に、あるミステリー大賞に応募した作品です。よく一次審査は通過するのですが、なかなか難しいみたいです。この小説は、主人公が小学生の頃の弟で、実際に育った家が舞台となっています。家族、近所の人たち、クラスメイト、いろんな実在する人物が名前を変えて登場していて、実際にあったエピソードに、ミステリーの要素を架空で加えているので、私にはとても面白く、一気に読みました。

ミロというのは、子どもの頃に私が可愛がっていた捨て犬で、ある朝、家のフェンスにつながれていたので飼うことになったのですが、その朝の出来事から小説が始まります。タイトルや実体験からラストを想像していたのですが、全く違っていて、弟のその想いに号泣しました。審査員の方からもいつも良い評価をいただいていて、すごく才能があると思うので、私は大ファンです。弟は育ったこの場所や家族が大好きで、宝物なのだなあと更に愛おしくなりました。

サイトリニューアル

障害者ドットコムのサイトがリニューアルして、とても充実しています。いろんな情報が増えて、ワクワクしています。これからも、障害がある方のお役に立てるよう、日々精進していきますので、これからも末永くよろしくお願いいたします。

今年もたくさん楽しいことがありますように。
皆様にとって素晴らしい一年になりますように!!

川田 直美  障害者ドットコム株式会社スタッフ

川田 直美  障害者ドットコム株式会社スタッフ

生まれながらのHSP、発達障害(学習障害・LD)やパニック障害を抱え、生きづらさも感じながら、日々楽しくいこうと考えている。今まで、花屋、ケーキ屋、カフェ、デザイン企画、オリジナル雑貨制作などいろいろな仕事を経験。自然と犬と本が大好き。

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP

しばらくお待ちください