HSPと、ともに。

障害者ドットコム、新事業始めます〜HSPと、ともに。<vol.53>

その他の障害・病気 暮らし
HSPと、ともに。vol.53 <毎月1日連載>

10月1日より、障害者ドットコムの事業として、WEBメディアや計画相談支援に続き、就労継続支援B型事業所がスタートしました。9月28日・29日の内覧会では、たくさんの方がお越しくださり大変嬉しく思います。お祝いのお花や植木、造られているお酒、お菓子やたくさんの嬉しいお言葉をいただき、とても感謝しています。日々、たくさんの方々に支えられていることを改めて実感いたしました。皆様の応援に答えられるよう、精進して参りますのでよろしくお願いいたします。利用者様、スタッフ、皆が居心地の良い事業所にして、障害や病気があっても胸を張って、こんな仕事をしていると言えるような仕事を作っていきたいと思います。事業所名は、「障害者ドットコム編集室」です。主に、サイトの記事を書いていただきます。スタッフは全員が障害当事者のピアサポーターです。同じ立場に立って支援いたします。皆得意分野がそれぞれにあるので期待しています。それから、オンラインサロンも予定しています。今まで、たくさんの有名人や障害福祉業界のトップランナーの方々と関わらせていただけたので、講座や交流の場を設けたり、イベントや情報発信をしていきたいと思います。とても楽しみです。

B型作業所をopenするまでの準備は本当に大変でした。普段から、ほとんど休み無く起きてから寝るまで仕事をしている主人が、50枚以上の書類の作成や提出、消防などの立ち合いや、たくさんの会議に打ち合わせ、内装工事に備品選びや購入、引っ越しに掃除など、私も出来る限り手伝いましたが、一つの事業所が出来るまでを見届けられて良かったです。初めての経験でこんなにする事があるのかと驚きました。障害者ドットコムの主な収入源は、計画相談支援というサービスです。そちらの仕事もこなしながら、テレワーク中の社員には、備品や書類を送ったりしながら、私もピアサポートで面談させていただくのですが、福祉のサービスは難しいので日々勉強もしています。関係機関と連携をとりながら、たくさんの電話やメールをこなし、時には利用者の無理難題にも怒らず応えながら、すごいとしか思えない仕事量を毎日頑張っています。私は、主人が家の中では居心地良く仕事に集中できるように、全ての家事と体調管理をしています。ストレスがたまらないのか心配ですが、体調を崩す事もなくいてくれることがとても嬉しいです。

主人は、出会う前から福祉業界では有名だったので私も知っていました。良く新聞や情報誌に仕事が紹介されていて、すごいなぁと思っていました。仕事ができるタイプだとわかっていました。就労継続支援事業所も、過去に10数カ所立ち上げていて、若い時は勢いがあってどんどんチャレンジしていくタイプでした。良い時の売り上げもすごかったです。障害や病気があっても自分の体調に合わせて働ける、オシャレなカフェや花屋さん、ジュースバーやネットオークションなど、今は増えてきましたが昔は斬新でした。「自分だったら、よくある簡単な仕事をしたくないから、自分がやりたい仕事をしてもらいたい。そして、社会に守られるのではなく、税金を収められる人になってもらいたい」と言っていました。それは、今でもブレないようです。

2人で障害者ドットコムの会社とサイトを立ち上げた時は、資金が必要で家賃の安いマンションに引っ越して節約生活を始めました。人生で一番貧しい生活をしていましたが、今では懐かしい想い出です。記事も増やしていくのが大変だったのですが、色んな場所や人の取材をさせていただくのがとても楽しかったです。今ではたくさんの方々にサイトを見ていただき、社員も増えてとても感謝しています。私の父も会社を経営しているので、いつも仕事が忙しい様子を見ていました。その姿がカッコ良くて憧れでした。事業所が軌道に乗るまでしばらく休みはないと覚悟して、頑張っていきたいと思います。ぜひ、障害者ドットコム編集室へお来しいただけると嬉しいです。

川田 直美  障害者ドットコム株式会社スタッフ

川田 直美  障害者ドットコム株式会社スタッフ

HSP、LD(学習障害)、アスペルガー、ADHDがあり、発達障害をコンプリート。パニック障害もあり、生きづらさも感じながらも、日々楽しくいこうと考えている。今まで、花屋、ケーキ屋、カフェ、デザイン企画、オリジナル雑貨制作などいろいろな仕事を経験。自然と犬と本が大好き。カジヒデキみたいな50代を目指している。

その他の障害・病気

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP

しばらくお待ちください