• 木場 新太

    木場 新太

    25歳の時に適応障害を発症。その後33歳の頃に不安障害やうつ病になり、障がい者手帳を取得して現在は就労移行支援事業所に通いながら、長期就労とメンタルコーチになることを目指して日々奮闘中です。

  • kimitama

    kimitama

    2018年6月に発達障害との診断を受ける。大阪府下在住。結婚・出産・育児・死別などを経験。未来は希望だらけと信じて疑わない1976年生まれ。子供が成人年齢を迎えたことを機会に自分育て始めました。

  • きゃんどる

    きゃんどる

    自閉症スペクトラム・双極性障害の30代男性です。
    趣味はフットサル・クロスバイク
    カラオケの18番はチェッカーズのジュリアにハートブレイクです。

  • kiyo

    kiyo

    大阪府出身 20代 統合失調と判断され、現在、就労移行支援事業所に通っています。趣味は読書です。

  • 清田仁之(きよたまさゆき) 41才

    清田仁之(きよたまさゆき) 41才

    「特定非営利活動法人 月と風と」代表理事。
    20才の時オーディションに合格し劇団に入る。その時演出家に言われた『自分のコンプレックスは、舞台で表現すればお金をとれる武器になる』という言葉に感銘を受ける。コンプレックスを克服するではなく、表現に転化することで、肩の荷が下りて世界が広がった感覚を、障がいお持ちの方にも味わってもらえたらいいなー、考えて福祉の世界へ。ばおばぶの木のように、小さな組織のままで、楽しくできることを常にやっています。

  • くまぴー

    くまぴー

    30代後半のアラフォー。診断名は発達障害(アスペルガー症候群)。最近始めた事は、悪い事でもいい事に変換して、ストレス値を上げない様にコントロールする事。例えば、”安い昼ご飯しか食べれない”を”何だかんだ言っても、食べるものはある。何も食べ物が無い訳ではない”と。

  • クラウド

    クラウド

    30代男性。15歳から体中に耐えがたい痛みを突如患う。十数年の通院生活での診察・精密検査でも原因は判明せず。これまでの就労環境では病気の理解を得られず、また痛みに耐えかねて退職。現在は就労移行支援事業所で職業訓練を受けながら企業見学や自習を積み、就職活動に向けて準備している。

  • clock

    clock

    30代男性。大学卒業後、それまで勉強などしたことはなかったが、法律に出会い勉強を開始。しかし、30歳あたりで幼少期からの強迫性障害が急激に悪化し、人生が頓挫。リスタートしようと思い、現在は就労移行支援事業所にてPCスキルを学んだり、セルフマネジメントに取り組んでいます。

  • くろねこ

    くろねこ

    40代男性、気分障害(うつ病)現在就職活動を行っています。
    今利用している就労移行支援機関の前に、別の就労移行支援機関を利用していました。
    支援機関によって異なった点があって、自分の考えているような展開にならないこともあります。
    自分のできることは何か、それを実現するにはどうしたら良いかを模索しています。

  • 惠士

    惠士

    学生時代に統合失調症を発症し、現在も服薬を続けながら、就労支援施設に通っています。スポーツ好きで地元の町をジョキングしたり、喫茶店でコーヒーを飲みながら、まったりするが好きです。

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP