• 鈴木 絹江 

    鈴木 絹江 

    <strong>NPO法人ケアステーションゆうとぴあ 理事長</strong>
    船引町(福島県)にて自立生活センター「福祉のまちづくりの会」発足。
    全国自立生活支援センター(JIL)会員。
    福島県田村市船引にて福島原発事故により被曝。
    2013年10月に京都へ避難移住。
    著書に「放射能に追われたカナリア」(解放出版社)がある。

  • Zoo

    Zoo

    20代男性。強迫性障害の他に統合失調症や鬱の症状もあり。現在は通院や服薬を続けながら就労移行支援事業所に通所中。趣味は週末にジムに通うことで、「事務作業が得意なマッチョ」になるのが目標。

  • 青月

    青月

    不安障害・強迫性障害の30代女性。趣味は漫画を読むこと。好きな食べ物はオムライスです。

  • 世古口 敦嗣(せこぐち あつし)

    世古口 敦嗣(せこぐち あつし)

    就職活動に失敗し、何となく障害福祉の世界へ。障害者が暮らしやすいまちをつくるNPO法人サポネや医療福祉エンターテインメントのNPO法人Ubdobeなどを経て、農業を中心とした障害のある人が働く拠点「三休 – Thank You -」を今年4月にオープン予定。それ以外にNPO法人月と風と理事やKAIGOLEADERS OSAKAコアメン、ふくしあそび探求舎代表を務める。

  • ソラ子

    ソラ子

    不安障害と闘いながらも日々楽しく生きています。趣味はスイーツを食べに行くことと音楽を聴くことです。

  • 空見人

    空見人

    兵庫県出身、30代。昨年、広汎性発達障害が判明。自分の得手不得手を理解しないと同じ所で躓くと感じて、就労移行支援事業所に通所を始めました。趣味は空を見ながら歩く事と、スイーツの比較です。縁側で空を眺めながら、余生を過ごしたいと常々思う、老人系男子です。

  • ZONO

    ZONO

    子供の頃から体を動かす事が好きで、サッカー、野球、体操、格闘技などで汗を流していました。19歳の時、”パニック障害”を患い、不安と緊張による心身の疲労を感じながらも、就職することができました。社会人になってからも、サッカーや野球で汗を流し、”パニック障害”と向き合いながら日々を過ごしていましたが、病状が悪化し、退職をしました。その後も職に就いては、体調を崩すなどを繰り返すうちに、いつしか現実逃避という『妄想の旅』に出てしまいました。

  • タイガー

    タイガー

    私は現在就労移行支援事業所に通所しております。
    一日も早い社会復帰を目指しております。

  • 鷹野 綾太

    鷹野 綾太

    <strong>喫茶とファッションのお店SUN 代表</strong>
    1982年生まれ。宝塚市在住。
    小学3年の時に出会った服屋の店員に憧れ、こんな人と働けたらいいなと思う。
    それがきっかけで高校卒業後、ユニクロに就職して5年間経験を積む。
    ユニクロ退職後に就職先がなく家にひきこもっていた時、知り合いから就労支援事業所を紹介してもらい、3年間学んだ。
    2015年6月に起業して「喫茶とファッションのお店SUN」をOPEN。

  • 滝松之助

    滝松之助

    大学卒業してから現在は就労移行支援に通っています。今年の目標は、夏が始まるまでに就職することです。面白くて役に立つ記事を書いていきたい所存です。では、どうかよろしくお願いします。

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP