大人の発達障害〜発達障害は特別なことなのか

発達障害

unsplash-logo Justin Luebke

最近よく耳にする大人の発達障害ですが、具体的にどういったことが発達障害なのでしょうか?周りの人と違和感を感じるが、自分は障害者ではない。そういう性格だと思い込んでいる人も多いのではないでしょうか?自分がまさにそうでした。検査を受けて診断が出た経緯を書いてみようと思います。

自分の子ども時代から成人まで

発達障害とは医学的に脳機能の障害です。” Kaienホームページから抜粋

発達障害という言葉は私が子どもの頃は、聞いた事がない時代でした。小学校から高校まで様々な人たちがいました。授業中に落ち着きがない・不器用・人付き合いが苦手など、あくまでその人の性格と片付けられていました。私自身も子どもの頃は人付き合いが苦手だったり、広く浅い付き合いは苦手で、いつも遊ぶ友達は決まっていました。小学生から算数が苦手で引き算の段階で挫折してしまいましたが他の科目(国語・社会など)文系は得意だったのです。高校受験の時の理系と文系の偏差値の差は30以上の開きがあり志望校には理系の点数を見られ、自分が入りたかった学校には入学できませんでした。高校に入学しても数学はさっぱり分からず、3年間、文系は得意でもとっても数学は常に赤点でテストの点数より出席点でなんとか進級できた感じでした。人間関係でも上手く付き合えないと感じることもありましたが、周りと合わせるために自分なりの対処法を自然と身に付けていたのかもしれません。

社会人になってから

コミュニケーションに困難と感じる部分は自分の中ではあまり感じることはありませんでした。自分なりの対処法が確立してたまたま有効だったのかも知れません。ただ時々指摘されたのは話が長いということで、生きづらさを感じるところまでは至っていませんでした。理由としては、職歴として陸上自衛隊から物流の仕事を長年携わってきて、仕事の指示内容が明確で、ゴールがどこかがはっきりしていたからです。自衛隊だと命令通り、誰が誰に何を命令して、いつまでに何をするのかが明白でした。ルール(命令)が全て決まっており、余計な考えが入る隙がないからです。物流の仕事でもピッキングオーダーを見て、何をどこから、どれだけ、いつまでにしなければいけないかというゴールが明確だったのです。

いわゆる5W2Hがはっきりしていたからです。

発達障害と疑われたキッカケ

それまで、誰かにおかしいと言われることがなかったので、発達障害という言葉を聞いても自分もそういう傾向があるとは想像もしていませんでした。世間で発達障害という言葉だけが一人歩きしているような感じを受けていました。自分もそうではないかと思うキッカケは就労移行支援事業所で、支援者に話が長く結論が中々出にくいという事を指摘されて、一度検査を受けて見てはどうかという言葉がキッカケでした。今年の1月に検査を受けた結果、疑いありと診断されました。具体的な数字はありませんでしたが、コミュニケーションで早合点しやすいという診断結果で、はっきりと発達障害と診断されたという訳でなくグレーゾーンであくまで疑いありという結果でした。

自分で発達障害に詳しいサイトを見て自分が当てはまるというのが、

①ASD…うわさ話や陰口がどうしても許せないし、自分でも言わない。
②ADHD…後先考えずに、行動・決断してしまう。人がしゃべっている時でも、つい発言してしまう。喋りが長くなりやすい。喋り過ぎと言われる。
③ADHD…いつも詰めが甘い。終わったと思っても、何かをし忘れたり、何かを間違っている。などが当てはまります。

色々な部分が重なり様々な症状、特徴を持っていることで理解するのが難しくなっています。項目が多くあり全てに当てはまる人は少ないと思いますが、細かく見ていくと逆に全く当てはまらない人の方が少ないのではないでしょうか?誰にでも能力に凸凹があるからです。

ここ最近、発達障害という言葉がクローズアップされてきたのは、今まで日本独特の同調圧力もしくは空気を読む文化があり、言いたくても言えない環境があったからではないでしょうか?何事も完璧にこなせる人間などいないと思います。自身の得意不得意を知り、苦手を潰すのではなく得意な事を伸ばし、苦手なことは支援機関などと相談して自分なり対処法を見つけることが大事ではないでしょうか。

参考文献

練馬区公式ホームページ
https://www.city.nerima.tokyo.jp

Kaienホームページ
https://www.kaien-lab.com/

tkbn

tkbn

40代男性。30代半ばでうつ病を発症。40代になって発達障害の疑いありと診断される。就労支援機関で自分の特性について学び、最後の就活を終えコラムを書いています。趣味は鉱石収集。年2回大阪・京都で行わるミネラルショーや即売会に行って、気に入ったものをコレクションするのが楽しみですが、部屋で飾る場所が無くなっているのが最近の悩みです。

発達障害

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP

しばらくお待ちください