“ガイジ”がなぜ死語から蘇ったのか〜死語から全国区へ広まった流れ

暮らし

unsplash-logo Ryan Stone

「ガイジ」とは「知的障害児」を略した蔑称です。英語圏でいえば「fuck」や「shit」のようなもので、人前で使うのを憚るべき単語でありながら、ネットではよく蔓延しています。

元々、主に関西圏の小中学生が使っていた極めてローカルな単語で、一度は死語として葬られていました。しかし現在は蘇ったうえに全国区まで広がっています。まるでゾンビ映画のバッドエンドみたいですね。なぜゾンビ言葉が腐臭を撒き散らしながら軽々しく飛び交う現状になったのでしょうか。もしかしたら、少しでも上品な所では使われていないかもしれませんが。

死語からの復活

「ガイジ」は本来死語でした。とはいえ、一般的な死語と違い流行ではなく成長によって捨てられる単語です。かろうじて中学生までで、大人になってまで言うのはごく少数でした。筆者の記憶でも最後に聞いたのは中学2年の時でした。ある女子生徒が息を吐くように言い出し、先生に叱られるより早く隣の生徒が「お前最悪やな!」と言っていたのを憶えています。人によっては、聞こえた瞬間学級会になったケースもあるようです。

雲行きが変わったのが2011年、Twitter内での「ガイジかな、あれ」から始まる書き込みでした。単なる1ツイートなら流されて終わりでしたが、折悪しくも2ちゃんねる(現5ちゃんねる)の「なんでも実況ジュピター板(通称なんJ)」に見つかってしまいます。

蔑称の創出とプロデュースに余念のない「なんJ民」(最近では「電子障害者手帳」まで言い出しました)のことです。「ガイジ」は瞬く間に大ブレイクしました。スレッドタイトル(スレタイ)検索でも、例のツイートを境目に「ガイジ」でのヒットが千倍以上も膨れ上がったそうです。それでもなお、2ちゃんでひっそり流行っているレベルに過ぎず、大多数の人は知らずに過ごしていました。

爆発的な広がりの決定打となったのは、2014年のマイナーYoutuber発掘ブームです。詳細は割愛しますが、この中で発掘されたある一人のYoutuberが、ズレたセンスと過剰な自信などから茶化す分には面白い動画としてブレイクしました。彼を罵倒する言葉に「ガイジ」が出るや否や、使いやすく強烈な侮蔑語として2ちゃんの外でも認知されるのでした。

現在のネットではいい大人も気軽に言うようになり、全国区で世代を問わずカジュアルに使われています。死語だったのが、高い汎用性を持った共通語として蘇りました。とはいえ完全に市民権を得たわけではなく、「使うやつは人間性を疑う」という声も根強いです。もとが強烈な侮蔑語なので当然ですね。

必要悪?

Twitterユーザーも一枚岩ではないので、当然「ガイジ」発言への反発もあります。去年8月末も、Twitterで「“ガイジ”なんて言葉を(現実で)軽々しく使うのはやめろ。」という書き込みに、賛同と批判と中傷が殺到しました。“ガイジ”擁護論には「勝手に傷つくほうが悪い」「言われるほうにも原因がある」「無意識に差別しているから傷つく」「ジョークだからそのぐらい流せ」などの詭弁が多いですが、「“ガイジ”があるから他の罵倒語が生まれずに済む」という必要悪説は少し興味深いです。

必要悪説の大筋はこうです。「昔は池沼・チテ・キチガイなど、キツい侮蔑語はいくらでもあった。それがよりキツい“ガイジ”の復活によって霞むなり希釈されるなりしてきた。“ガイジ”を消しても、より陰湿で野蛮な侮蔑語が生まれるだけ。必要悪として“ガイジ”という単語の存在を受け入れるべき。」

必要悪説についてはある程度理解はできますが、実質の発信源であるなんJでは「ガイジ」に立脚して「ガイガイ音頭」「ガガイのガイ」「ガイの者」と新たな造語が発明されています。結局蔑称とは作ったり使ったりする人の品位に左右されるもので、「ガイジ」があろうがなかろうが関係ないとも言えそうです。

幼いコミュニティ限定の言葉

ここで少し思い出してほしいのですが、「ガイジ」とは「知的障害児」の略であって、「知的障害者」ではありません。つまり、小学校という児童コミュニティで通じる言葉だったわけです。言い換えれば、少しだけ対象年齢を上げた「幼児語」といったところでしょうか。

日常的にその言葉を発する人も、それに抵抗や嫌悪感のある人も、本来は小学生用(ギリ中学生も入るか)の侮蔑語であることを思い出してもらいたいのです。幼いコミュニティで通じる言葉だったからこそ、成長に従って使われなくなっていった過去があります。児童コミュニティで使われる言語をいい大人になっても使うのは、幼い語彙に縋るピーターパンの言葉遣いだと断罪していいでしょう。実際、「便利で代替の利く言葉が思いつかない」という声も目立ちます。

まとめ

「ガイジ」は元々小学校コミュニティ専用の言葉で、遅くとも中学を出るまでには捨てられるタイプの死語でした。しかし、なんJをきっかけに紆余曲折を経てネット上で乱発されるようになります。

既存あるいは新たな侮蔑語の表出を防ぐ必要悪だと唱える声はありますが、「ガイジ」から派生が作られている現状では詭弁の域を出ないでしょう。

そもそもなぜ「ガイジ」がよくない単語なのでしょうか。差別云々よりも、語彙や品格の乏しさを曝け出してしまうほうが問題ではないかと個人的には思うのです。あるいは、強烈な侮蔑語であるがゆえに「あまり強い言葉を使うなよ……。弱く見えるぞ。」がそのまま当てはまるからだとも思います。結局のところ、品位の問題ではないでしょうか。

参考ではないが余力があれば見てほしいサイト

ガイジとは[単語記事] – ニコニコ大百科
https://dic.nicovideo.jp

「ガイジ・池沼・アスペ・陰キャ」の意味・初出・元ネタは?|文脈をつなぐ
https://kimu3.net

「傷ついて泣いてるからガイジという言葉を使わないで」に「差別は絶対にダメ」「言葉狩り」など様々な反響 ? Togetter
https://togetter.com

遥けき博愛の郷

遥けき博愛の郷

大学4年の時に就活うつとなり、紆余曲折を経て自閉症スペクトラムと診断される。書く話題のきっかけは大体Twitterというぐらいのツイ廃。最近の悩みはデレステのLv26譜面から詰まっていること。

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP

しばらくお待ちください