就労移行支援事業所で過ごす時間〜研修内容とそこにいる人たち

仕事

unsplash-logo Jae Lee

就労移行支援事業所(以下「事業所」という。)でどのような事をしているのか、どんな人たちがいるのか、ということについてお話しようと思います。もっとも、私はまだ通所し始めて3ヶ月ほどなので、その限りでのお話しかできませんし、体験を含め他の事業所をのぞいたこともないので、他との比較はできません。その点はご了承下さい。なお、そもそも就労移行支援事業所とは何なのかご存知ない方もいらっしゃると思いますが、その概要については、ネットで検索して頂ければ分かりやすい説明がありますので、そちらに譲ります。

はじめに

私は、平日の10時から16時まで事業所に通っています。ただ、人によっては、午後から通所したり、週に3日程度の通所にしたりする人もいます。自分の体調を考えて、無理のない通所が可能なのもよいところです。また、私の通っている事業所はビジネス街にありますし、スーツで通うのが基本ですので、就職後に備えたよい予行演習になっています。

研修内容

事業所では様々な研修が行われています。私が通所し始めた当初は座学が中心でしたが、現在はカリキュラムが刷新され、グループワークが中心となっています。例えば、当初のPC研修は、担当のスタッフの方が、前でスクリーンを使って講義し、私たちはそれを見ながら学ぶというものでしたが、現在はグループワークで行います。具体的にいうと、課題が与えられ、まずは一人ひとりがそれに取り組みます。その後、数人のグループを作り、そのグループ内でどのように解いたかを共有し、分からない人がいれば分かる人が教え、最後にグループの代表者が前で発表するというものです。このようなやり方により、PCスキルだけではなく、コミュニケーション能力を高めることができ、また人に教えることで知識も深まります。さらに、人前で発表することに慣れるという効果も期待できます。

また、セルフマネジメント研修というものがあり、怒りのコントロールの仕方を学んだり、自分が服薬している薬の知識やその管理の仕方を学んだりもします。ここでも、グループワークを中心に研修が進められ、他の方々と知識や情報の共有をすることができますし、自分にはなかった視点に気づかされることもあります。

さらに、より実践的な研修もあります。1ヶ月ほどの期間を設定し、仮想業務を行うものです。グループ内でリーダーを決め、そのリーダーのもと計画的に業務を進めなければならず、また、スタッフの方が上司役となり、適時報連相を行うことが求められます。この研修は、自身の体調管理はもとより、PCスキル、コミュニケーション能力、タスク管理能力などの総合的な能力の向上に役立つものです。

なお、ここに書ききれませんが、他にも様々な研修が用意されています。

事業所にいる人たち

事業所に通っている利用者の方々は、本当に様々です。病気に関しても様々ですし、同じ病気であってもその症状は人それぞれです。また、幅広い年齢層の方々がいますし、前職でどのような仕事をしていたのかも人それぞれです。このように、様々なバックグラウンドをもった人が集まっているわけです。ただ、しっかりと目的意識をもって通所し、研修に取り組んでいるところは皆に共通しています。事業所に通う目的は、ただ単に就職先を見つけるということではなく、自分の障害特性を理解したうえでの長期就労です。そのためには自分の障害と向き合うことが必要となりますが、皆さんそのために様々な努力をしており、私も非常にいい影響を受けています。また、皆さん、それぞれの個性があり、面白みのある人ばかりですので、グループワークでの研修ではいつも笑い声が絶えないほどですし、休憩や昼休みなどは他愛のない話で盛り上がり楽しい時間を過ごしています。

また、スタッフの方々も、私たち利用者のことをいつも気にかけて下さいます。悩みがあれば、親身になって話を聞き一緒に解決策を模索して下さいますし、ビジネスマナーや業務内容について至らない点があれば指摘や注意もして下さいます。このように事業所で楽しく有意義な時間を過ごせるのも、スタッフの方々のおかげだと思います。

終わりに

私は、色んな事業所を見学したりせず、いわば適当に現在の事業所を選んだのですが、結果としてその選択は大正解だったと思います。素敵な人たちに巡り合えただけでなく、研修を通じて仕事に必要なスキルを身に付けるきっかけになりましたし、自分の障害について見つめ直す機会をもつことができたからです。事業所への通所をお考えの方は、是非とも色んな事業所を見学して、自分に合った事業所を見つけて頂けたらと思います。

clock

clock

30代男性。大学卒業後、それまで勉強などしたことはなかったが、法律に出会い勉強を開始。しかし、30歳あたりで幼少期からの強迫性障害が急激に悪化し、人生が頓挫。リスタートしようと思い、現在は就労移行支援事業所にてPCスキルを学んだり、セルフマネジメントに取り組んでいます。

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP