腸と脳の相関関係~うつ病の治療で注目される「腸と脳の相関関係」

うつ病
unsplash-logo Adam Muise

腸と脳の関係性について脳腸軸という言葉で、説明をしたいと思います。腸が脳に及ぼす関係性でメンタルヘルスにどのような影響を及ぼしているのかを現在、判明していることと、自身の経験を踏まえて書かせてもらいます。

腸と脳の関係性~腸脳軸について

ここ最近、腸と脳は、身体の中で最も関連性が高い器官という論文が発表されました。腸内細菌は今までは消化器官だけに影響を与えていると考えられ、他の内臓などには影響を及ぼすことは無いと考えられていました。

「腸脳軸」という言葉をご存知でしょうか?私自身、調べてみて初めて知った言葉です。腸内細菌(善玉菌)が人間の健康全般に非常に大きな役割を果たすことはよく知られています。しかし、腸内細菌は腸の健康を守る役割を果たすだけではなかったのです。

「腸脳軸」とは、腸の微生物の集団であるマイクロバイオーム(微生物の集合体)と脳との間を相互作用する通信システムという意味です。脳は、体の制御システムである自律神経系を通して、腸にその信号を送ります。腸もまた特殊化された神経伝達物質を介し、情報を脳へ伝達しているのです。腸内細菌は、消化器官で食べ物の消化を助けるだけでなく、人間の気分の調整の役割をはたす神経伝達物質も産み出します。脳は腸内細菌に影響を与える働きかけることと、腸内細菌は脳に影響を与える働きをすることでお互いが密接に関係しています。それ以外にも脳から情報を受け取るだけでなく、腸から様々な情報が神経を通じて、脳に送信されています。さらに腸神経系と呼ばれる独自の神経系を持ち、脳からの指令が無くても、自活できることが判明しています。神経伝達物質が腸内で作られ、脳に伝達されているということです。

うつ病を引き起こす原因の説明では、一般的に脳の神経伝達物質が減少することで、引き起こされていると考えられているのです。このことから、腸と脳に密接な関係性が浮かび上がってきます。

食事と腸内細菌の関係でメンタルが変わる?

ほんの少し前まで、食事によってメンタルヘルスが影響を受けるということは、無いと考えられていました。ですが、最近の研究では偏った食生活を続けていると、腸内細菌の善玉菌と悪玉菌の構成が変わり、大うつ病になるリスクが高まることが分かってきました。

どのような食事が良いのでしょうか?

一般的に健康に良いとされているバランスの取れた食事、緑黄色野菜、新鮮な魚介類、ヨーグルト、食物繊維などのバランスを考え、毎日3食をきちんと取ることで、腸内細菌が活性化し、神経伝達物質を生成し、脳の活性化につながるになるのです。逆に、精製・加工された食品や炭水化物を過剰に摂取することによる食生活の乱れが、脳に悪影響を与えることが、研究で判明しています。

マウスを使った実験では、ストレスを与え続けるとマウスの腸内細菌のバランスが変化し、うつ状態を現したそうです。うつ状態に変化したマウスの腸内細菌を別の正常なマウスに移植すると、ストレスを与えていないにも係わらず、うつの症状を現したという実験結果があります。

自分の過去を振り返りってみて

私自身、うつ病になる2~3年前から、お腹の調子がおかしいことに気付いていました。当時、私が働いていた会社の昼休みが30分しかなく、ゆっくり食事を摂る時間がなかったため、昼ご飯はインスタントラーメンとおにぎりだけで済ましていたのです。仕事が忙しい時は、昼ご飯を食べる暇もないまま、仕事を続けることもありました。夕食も帰宅時間によって、早くても午後9時から遅くて午後11時を回ることもよくありました。

そのような日々を過ごしているうちに、平日は便秘で、休日になると一気にお腹を下すことが多くなり、トイレに籠る時間が多くなっていました。その頃から既に仕事のストレス、具体的には職場の人間関係のあつれきや、サービス残業の習慣化、職場の人手不足で常に仕事がオーバーワークであったことが、私自身にはストレスとしてかなり溜まっている自覚があり、ストレスと身体の疲労からくるあくまで体調不良の1つだと思い込んでいました。私自身は、全くうつ病の前兆とは考えていなかったのです。今振り返ってみると、この頃から、腸は既に異常を察知しSOSを発信していたのかもしれません。

メンタルの不調が出る前に、身体から発するSOSを自らきちんとキャッチすることが大事になると思います。うつ病になる以前から私自身、頭痛、腹痛、肩こりが頻繁に起きていました。その他に、食欲不振や不眠、甘い物が無性に食べたくなるなど自覚症状を感じたら、自分の心と身体の状態を見つめ直すきっかけになればと思います。

参考文献

腸と脳 : 体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右するか
エムラン・メイヤー 著,高橋洋 訳 紀伊国屋書店 2018.7出版

国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 腸内の善玉菌が少ないとうつ病リスクが高いことを明らかに
https://www.ncnp.go.jp/index.html

エクスファイア(日本版)脳と腸は密に関連…「腸脳軸」について分かっていること
https://www.esquire.com/jp/

tkbn

tkbn

40代男性。30代半ばでうつ病を発症。40代になって発達障害の疑いありと診断される。就労支援機関で自分の特性について学び、最後の就活を終えコラムを書いています。趣味は鉱石収集。年2回大阪・京都で行わるミネラルショーや即売会に行って、気に入ったものをコレクションするのが楽しみですが、部屋で飾る場所が無くなっているのが最近の悩みです。

うつ病

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP

しばらくお待ちください