生きる!生きる!心の叫び

「あいつ相変わらず障害者みたいな泳ぎじゃないな!」って泳ぎたい。 生きる!生きる!心の叫び vol.7

スポーツ

unsplash-logo Marcus Ng

生きる!生きる!心の叫び vol.7 <毎月30日連載>

今年は梅雨が長く感じた。
季節のせいなのか、相変わらずか、気分は落ち込むしそれを晴らすために愚痴りたくもなる。
風呂に入るたびに足が細くなるのを感じてしまうし、トイレにいく事も、下着を着る事も、字を書くこともできない。もう、チャレンジすることも諦めてしまう。
今までは出来ると思っていたことが今は徐々にその行動が面倒くさくなってきている。 むなしい気持ちが増大していく。
それでも泳ぐことはまだできる。「あいつ相変わらず障害者みたいな泳ぎじゃないな!」って泳ぎたい。

最近、訪問マッサージを受けている。 私の病気は運動失調が主な症状だ。歩くとか走るとか泳ぐとか、連動的な運動が難しい。 それでも泳ぐために必死に手足を使うと、各部位の筋力はまだまだあると感じることがある。
ここに希望を見出していきたい。
連動が上手くいかなくても、ある瞬間に単発でパワーを出せれば進む力を出せる。今よりは。そう信じて。
だからまだ、もがくことを決めた。
10月には国体に出場することが決まっている。
11月には日本パラ水泳選手権もある。
そこにむけて今日の練習から筋トレ。
落ちぶれていくのは連動性だ。筋肉は鍛えられるはず。
筋トレでパワーアップ化を図り、連動性のない瞬発力をどうやって泳ぎに繋げていくか。 これはチャレンジだ。
答えはどうなるかわからない。
なら、やった方がいいに決まっている。
皆にも泳ぎを見て楽しんでもらいたい。

辛いけれど、考えて知的に楽しくチャンレンジ。
そうやって毎日を過ごそうと思う、とにかく水泳に関しては。
そうすれば、むなしい気持ちも少しは紛れるかも知れない。

関東大会in千葉県国際総合水泳場 50m自由形 1コース 飛び込んでるよ。

8月初めころ、「男旅2019」と銘打って親友と旅行に行く。
毎年の恒例行事となっている。
色んな人に会って感謝して笑って繋がっていきたい。
思う存分楽しんでくるぞ。

佐久間 勇人 Powered by スマイリーエッジ

佐久間 勇人 Powered by スマイリーエッジ

2010年、小脳が萎縮し、伝達神経系が徐々に破壊されていく神経難病脊髄小脳変性症であることを知りました。そこから今日までは沢山の経験・後悔がありました。人と出会い、生まれた笑顔、そのありがたみを人一倍感じとり、今まで気が付かなかったようなことを学べてきたような気がします。ハンデがある。でも、それは「個性」でもある。そう思うようになった時、生き方がかわりました。そして、障がい者水泳というスポーツに出会うことが出来たのです。目標を持ち、チャレンジし、全国障害者スポーツ大会(2015わかやま大会・2016いわて大会)においては新記録を樹立しました。まだまだやりたい。まだまだチャレンジしたい。継続していくことに最大の意義があると思います。何もしないで、後悔するのではなく、「いま」できることを思いっきりやりたい。限りある時間の中で出会うべくして出会えた“こと”。体験の中で見つけた思いをお伝えしています。

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP

しばらくお待ちください