うつ病の私は恋愛ゲームに癒される

エンタメ

unsplash-logo Max Felner

最近ではゲーム、特に恋愛ゲームの心理的効果が見直され、今年(2018年)には精神科医などが監修する「問題のあるシェアハウス」という恋愛ゲームも発表されました。この記事をご覧の方で、プレイされた方もいらっしゃるかもしれません。今回は、その他の作品で著者を日々癒してくれる恋愛ゲーム、乙女ゲーム(女性向けゲーム)を紹介します。(今回ご紹介する作品は、心理ケアを目的として作成されたものではないことをご了承ください)

アンジェリーク

初の女性向けゲームといわれている作品です。発売が1994年、発売時のゲームハードがSF(スーパーファミコン)、更に今尚シリーズの新作が出ているとお伝えすると、この作品の長い歴史と根強い人気がご理解いただけますでしょうか。主人公は宇宙を導く女王候補、耽美な守護聖様たちのサポートを受けながら、高飛車なライバルと競い合う…。古きよき少女マンガ的世界観の作品です。ライバルと競い合う要素はあるものの、難易度はそこまで高い作品ではありません。歴史の長い作品であるため、声優さんも速水奨さんや関俊彦さんなど、著名な方々ばかりです。この作品の特色として、「キャラクターの性質が変わる」ということがあります。恋愛ゲームでは、相手キャラクターに合わせて選択肢を選ぶ場面が多いのですが、アンジェリークではどの選択肢が適切か変化するようになっています。例えば「他者と関わることについてどう思うか」と聞かれたとき、同じキャラクター相手でも「関わることが好き」「関わることが苦手」どちらの答えが好感をもたれるかが変化するのです。これは他のゲームではなかなか見ることがないのですが、考えてみれば、同じ人物でも心境の変化というものがあります。「人はいつも同じではない」ことを表現してくれるキャラクターが、一貫ではいられない自分のことを肯定してくれるように感じます。

A3!

先ほどとはうってかわって、スマートフォン用アプリのご紹介です。主人公は弱小演劇団体の女監督、役者や裏方メンバーとの交流の日々を描いています。著者はまだ始めたばかりなのですが、実写舞台化も発表された、人気の高い作品です。選択肢や戦闘などの難しい部分はなく、ゲーム初心者でもやりやすい印象です。テキストが中心のゲームのため、読み込み時間が短い点もポイント。移動中などの空き時間に進めることが可能です。キャラクターが約30人と多いですが、それぞれのキャラクターにストーリーで触れているため、全員に感情移入する事ができます。役者だけではなく衣装係などの裏方メンバーにもスポットが当たり、「劇には主役がいるが人生はみな主役」という気持ちにさせてくれます。キャラクターが出演している(という設定の)劇にはそれぞれイメージソングもあるため、音楽が好きな方にもおすすめです。キャラクターたちが夢に向かって努力している姿を応援していると、こちらも元気が湧いてきます。

はーとふる彼氏

最後は先程の2つとは違い、同人作品について紹介します。同人作品とは、ゲーム会社ではなく個人が開発したものです。個人での開発とは言ってもこの作品は人気が高く、海外でもサイン会が開かれるほどです。この作品の特色はなんと言っても世界設定です。「とある事件により鳥類の頭脳が人類並みに発達した世界の中で、人類の女子高生である主人公が、鳥類とどのような関係性を育むのか…」非常にユニークなこの設定はインターネットを中心に話題になりました。動画などでご覧になった方もいるかもしれません。ギャグ要素の強い印象があったため著者も軽い気持ちでプレイしたのですが、気がつけば感動の連続で目を腫らしていました。先が気になって一晩中ゲームをやってしまうというのは久々の体験でした。キャラクター紹介やあらすじなどにはあまり描かれていないのですが、実はこの作品のほとんどのキャラクターは心に傷を抱えています。遺言に翻弄されるもの、秘密に翻弄されるもの、失った記憶に翻弄されるもの、血に翻弄されるもの…。一見明るいキャラクターたちの過去に触れると、それぞれが過去を乗り越えていたのだと気がつくと、涙があふれて止まらなくなります。自分自身もこの傷を抱え生きていこう、そう思わせてくれます。生死にまつわる表現があるため一部グロテスクな描写もあるのですが、そういった表現に抵抗の無い方には非常におすすめの作品です。

著者は現実での恋愛もしますしそれもまた素晴らしいのですが、現実では傷つくこともあり、それがうつ病の原因となってしまうこともあります。そんなつらいとき恋愛ゲームを開き、大好きなみんなに癒され、また現実に立ち向かう元気をもらうのです。読んでいただいてありがとうございました。皆さまに幸せが訪れますよう。

参考文献

「生きづらさ」はゲームで軽減できるか
https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/cadetto/

推しキャラが心のつらさを和らげる!?異色の恋愛ゲーム「問題のあるシェアハウス」制作者インタビュー
https://www.gamer.ne.jp/

引きこもり乙女ゲーマーがガチで選んだ、暇人におすすめの乙女ゲームランキング BEST15
https://menhera.jp/

“女性向けゲーム”約20年の歴史とその分化や進化。はじまりの『アンジェリーク』からVR・ARまで【乙女ゲーム、BLゲーム、育成ゲーム】
http://news.denfaminicogamer.jp/

二足歩行のナマケモノ

二足歩行のナマケモノ

うつ病のアラサー。精神科で働いていたら発症していました。怠け者ゆえに藻やガと共生しているという動物ナマケモノに習い、頑張らない生活を心がけています。好きな人やものを人に紹介するのが好き。

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP