うつ病のための節約簡単身だしなみ術

暮らし

unsplash-logo Eduard Militaru

うつが強いときは人と会うことや外出することが億劫になりますが、その理由の一つは「身だしなみ」にあると思います。準備が面倒、ということですね。著者は週に1度しか外出しない状態から、週に5日以上外出できるまで回復しました。身だしなみをいかに簡略化したかをご紹介します。

頭髪編

まず髪ですが、こだわりがないなら短くするに越したことはありません。ケアが楽ですし、顔にかかってうざったいということも少なくなります。著者は常にショート。家を出る前に寝癖直しスプレーとドライヤーで整え、乾燥が気になる場合だけベビーオイルで軽く仕上げをするのみです。ただショートが楽とは言っても、頻繁に美容院に行くにはお金がかかります。そんな時おすすめのアプリがminimo(ミニモ)です。美容系予約用アプリなのですが、特色は「カットモデルなど、無料〜格安での予約もとれる」こと。口コミ機能もありますので、不安な場合は口コミ評価の高い方を予約すればOK。カットモデルは見習いの方がやるため時間が長くなることも多いですが、仕上がりを不満に思ったことはありません。予約がアプリ内で完了するため、電話をかける必要がないのもポイント。髪型は見た目の中でも重要な要素ですが、これなら頻繁に切ってもお財布が痛みません。

入浴編

著者宅の浴室には「石けん」「お酢」「剃刀」の3点しか置いていません。そして石けんで洗うのは基本的に頭だけ。それ以外は丁寧にシャワーで流し、両手でなでるように汚れを落とします。外出していない日は、頭もシャワーだけ(湯シャン)で済ますこともあります。ニオイや汗が気になる場合は、気になる箇所だけ石けんで洗います。石けんは泡立てネットに入れているので、ボディタオルなどもありません。物が少ないので在庫管理も非常に楽です。洗髪後は、お湯に軽くお酢を溶かしリンス(リン酢)をします。著者は酢のニオイを指摘されたことはありませんが、抵抗のある方は果実酢などのまろやかなものを使うか、クエン酸リンスを使用すれば心配ありません。精油(天然アロマオイル)やグリセリンなどでアレンジを加えるのも楽しくておすすめです。最後に余裕がある日だけ、石けんと剃刀を使い毛の処理をします。お湯のみで体を洗うと乾燥もあまりないので、化粧水やボディクリームもほとんど使いません。

メイク・ヒゲ編

メイクは基本的にしません。著者は接客業をしていましたが、「メイクをしなさい」と指導を受けたことはありません。寝癖と服装以外は注意されたことがないので、その二つに時間を割くようにしています。「メイクはマナーだから仕方なくしている」という方も多いと思いますが、思い切ってやめてみると案外気づかれないものです。どうしてもメイクが必要な場合は、BBクリーム、アイブロウ、色つきリップのみで乗り切っています。全てあわせて10分程度ですが、この程度でも「メイクをしている感じ」は出ます。節約のため全て100均コスメですが、たまになので肌荒れに悩んだことはありません。ヒゲは永久脱毛をおすすめします。通う時間やお金がかさむように感じますが、毎朝必要だった髭剃りが週に数回以下でよくなり結果的に節約になります。初回割引のある店舗を複数回ると金額が抑えられます。(もちろん女性にも脱毛はおすすめです)

服装編

著者はアイロンがけが出来ないので、「シワのつきやすいものはすべてハンガーに吊るしておく」ようにしています。またクリーニングも利用したことがないので、洗濯できないものに関しては「脱いだらすぐファブリーズをかける」ようにしています。管理がずさんなためどうしても服のイタミが早いのですが、通販や古着屋などで安く買い、その分回転を早めるようにしています。この点に関しては、お金と労力のどちらを節約したいかで変わると思います。楽をするための服選びとして、靴下は5本指靴下、インナーはカップ付きヒートテックorシルキードライにしています。5本指靴下は履くときだけ面倒なのですが、蒸れにくい為不快感がなく、ニオイも出にくいという利点があります。ニオイ対策に手間をかけるよりこちらのほうが楽でした。カップつきインナーは締め付けがなく快適ですし、下着の肩紐が見えてしまう心配もありません。ヒートテックは重ね着をしなくてもよく、シルキードライは汗対策がされているため、こちらも非常に快適です。

フレグランスミスト編

こちらは便利アイテム。フレグランスミストとは、香りつき化粧水のことです。ミニサイズが多いので持ち歩きやすく、体にも髪にも服にもつけられるため、1本あると非常に重宝します。著者は常に携帯し、髪型が乱れたとき、乾燥が気になるとき、食事の後などニオイが気になるときなど、頻繁に使っています。荷物が減ったので外出も楽になりました。女性向けのイメージが強いですが、男性向けのものもあります。香水ほど香りは強くないですが、つけすぎにはご注意ください。

いかかでしたでしょうか。
著者はこの方法を活用し、週に5日の就労支援に通っています。みなさまの億劫な毎日が、少しでも楽になれば幸いです。読んでいただいてありがとうございました。皆さまに幸せが訪れますよう。

参考文献

ユニクロ 夏の機能性インナー「サラファイン」と「シルキードライ」が、さらに進化して登場
https://www.uniqlo.com/jp

二足歩行のナマケモノ

二足歩行のナマケモノ

うつ病のアラサー。精神科で働いていたら発症していました。怠け者ゆえに藻やガと共生しているという動物ナマケモノに習い、頑張らない生活を心がけています。好きな人やものを人に紹介するのが好き。

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP