生きる!生きる!心の叫び

「泳ぎ続けるは、もがき続けるということなのか。」 生きる!生きる!心の叫び vol.11

スポーツ

unsplash-logo Artem Verbo

生きる!生きる!心の叫び vol.11 <毎月30日連載>

メドレーリレー。
3番泳者のバタフライ担当だ。
相手がいる。仲間もいる。
だから盛り上がるし、やる気もでる。
介護者に支えられながらプールサイドで構える。
この日のためにやってきたんだ。

仲間の泳者が近づいてきた。
平泳ぎで繋いでくる。
みんな必死だ。フライングするわけにはいかない。
震えそうになる身体を固めて、プールサイドにタッチするのを慎重に見守る。
そこは慎重にいく。
飛び込んだ。
健常者だったころの、フワリと浮くような感覚とは大きく違う。
それでもいい。飛び込めた。
1ストローク、2キック、力任せではなく、リズムを刻む。
スムーズな出だしで、悪くない。
スピードに乗ってくると、腰の動きで身体が浮き、両手が広がった。

気持ちがいい。いけるじゃないか。
そう思ったのは束の間だった。
身体は思うように動かない。
リズムが崩れ出す、まだ、先は長いのに。
諦めるわけにはいかない、やめるわけにはいない。
懸命に部位毎のテンポを合わせる。
残り15m。
もはやサイクルはかみ合わず、腕が水面を飛ぶことはなかった。
それでも、あと少しだ、負けてられるか。
力ずくでも進んでやる。
あと5m。
ここまで散々水を飲んでしまったのに、息継ぎもままならない。
苦しい。頭なんか働かない。
仲間に何としてでも繋ぐ。
もう、その気持ちだけで、なんとか、なんとかプールサイドにタッチした。。。

正直、今大会限りで水泳はやめようと何度も考えた。
もう無理だよ。限界だ。
泳いでいても、水は飲むし、本当に溺れそうになる。
恐怖、苛立ち、やるせなさ。
一人では、そろそろ着替える事も出来なくなるだろう。
弱音を吐き始めたら、いくらでも出るし、止まらなくなる。
モチベーションを失う理由は、永遠に尽きることがないだろう。本当に。

それでも、練習では全く泳げていないバタフライで、タスキを届けることができた。

2019年11月23日・24日
地元千葉県で日本パラ水泳選手権大会が行われた。国内で最大のパラ水泳大会だ。
結果は、メドレーリレーが3位の銅メダル。
フリーリレーでは予選時アンカー、決勝は2番泳者で、銀メダル。
仲間と共に日本で3位と2位になれた。誇って良いと思う。

それでも、まだテッペンには立てていない。
ここまで来たら、テッペンからの景色を眺めて、仲間と喜びを分かち合ってみたい。
強くそう思った。
簡単なことではない。人の助けを今以上に借りる事にもなるだろう。
いや、病気とか関係なく、手軽に日本1になんかは成れるもんじゃない。
そう思うと、まだまだ練習が足りない。
身体が動かなくても、頭を使って泳ぎのコツを見つけよう。
スムーズに力が発揮できなければ、それを補う体力をつけていこう。
進行する病状に合わせて、練習方法も考えなくてはいけない。
ここが限界とは決めたくない。
そう思い返せる大会だった。

楽しい事を続けるって、その倍以上の苦しみや大変な事が持ち受けているんだな。
前から分かってはいたけど。やっぱり大変なんだけれど。それでも続けるから続く。
っという事で来年ももがきます。

たまには見てみてね。
2019年11月23日(土) 28Pメドレーリレー3泳者 バタフライ


佐久間 勇人 Powered by スマイリーエッジ

佐久間 勇人 Powered by スマイリーエッジ

2010年、小脳が萎縮し、伝達神経系が徐々に破壊されていく神経難病脊髄小脳変性症であることを知りました。そこから今日までは沢山の経験・後悔がありました。人と出会い、生まれた笑顔、そのありがたみを人一倍感じとり、今まで気が付かなかったようなことを学べてきたような気がします。ハンデがある。でも、それは「個性」でもある。そう思うようになった時、生き方がかわりました。そして、障がい者水泳というスポーツに出会うことが出来たのです。目標を持ち、チャレンジし、全国障害者スポーツ大会(2015わかやま大会・2016いわて大会)においては新記録を樹立しました。まだまだやりたい。まだまだチャレンジしたい。継続していくことに最大の意義があると思います。何もしないで、後悔するのではなく、「いま」できることを思いっきりやりたい。限りある時間の中で出会うべくして出会えた“こと”。体験の中で見つけた思いをお伝えしています。

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP

しばらくお待ちください