運動を始めてみてよかったこと

うつ病 暮らし

unsplash-logo Arek Adeoye

私は最近、運動を続けることで、健康面だけでなく、精神面にも良い影響がでてきているように感じています。嫌々始めた運動でしたが、続けていく中で考え方が変化していき、今では楽しく感じるようになりました。また、運動を通してネガティブ思考が、少しポジティブ思考に変化しました。そういった運動が精神面にも良いということを、実体験をもとに紹介させていただきます。

運動を始めたきっかけ

2年ほど前に健康診断を受けた際、肥満と診断されてしまいました。運動や、食生活の見直しをしてくださいと言われました。しかし、月1程度のランニングしかしせず、その1年後位に体重を測ってみたら、診断を受けた時よりも増えしまい、お腹周りが今まで以上に大きくなっていると感じました。これ以上は体に良くないと考え、週2回のペースで4キロのランニングをするようにしました。

運動を始めてみて

最初は、すぐに疲れてしまい、走り続けることがほとんどできませんでした。筋肉痛にもなるので、あまり楽しくありませんでした。それでも、健康を考えて始めたことだったので、嫌々ですが、継続することにしました。

しばらく続けていると、良い変化がありました。少しずつ走り続けられる距離が長くなっていることや、筋肉痛にならなくなってきたのですです。それからは、週2回のランニングを3回に増やしてみたり、筋力トレーニングを追加してみるなど、メニューを増やすようになりました。

減っていく体重を見て

運動が終わった後は、いつも体重を測るようにしました。少しずつ体重が減っていくのを見ることができるからです。体重が減ってくると、やる気も出て、嫌々運動するという意識から、楽しく運動するように変わりました。

また、私は白ご飯が大好きで、必要以上に食べてしまうことが多かったのですが、体重を意識するようになってからは、量を減らすことができるようになりました。

精神の健康

身体の健康だけでなく、精神の健康でも良い変化を感じるようになりました。私は発達障害に伴って、うつの症状があったので、気分が落ち込みやすくネガティブになりがちでした。何かを始めようと思っても、「自分はどうせできない」と最初から考えてしまい、何も挑戦できませんでした。

しかし、運動の成果を実感して、自分に自信をつけることができました。挑戦する意欲が少し増したのです。

嫌々始めた運動でしたが、身体の健康だけでなく、精神の健康でも良い影響があり一石二鳥です。運動が楽しくなった今でも時々、サボりたくなってしまうことはあるのですが、健康のために続けていくつもりです。

ぽてぽて

ぽてぽて

働く中でADHDの診断を受けました。現在は就労移行に通っています。
特性や自己理解を進め、自分をより知ることができればと思っています。
いつか、自分に合った何かを見つける事ができればと考えながら日々過ごしています。
あまり趣味はないのですが、現在はなんとなく初めたランニングが楽しくて続けています。

うつ病

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP

しばらくお待ちください