事業所様ログインはこちら

障害者ドットコム

 >  > 芸能人に多いパニック障害~いじめ、プレッシャーなどのストレスが原因で発症
エンタメ 2018.12.3

芸能人に多いパニック障害~いじめ、プレッシャーなどのストレスが原因で発症

芸能人に多いパニック障害~いじめ、プレッシャーなどのストレスが原因で発症

出典:https://www.photo-ac.com

最近のニュースで「パニック障害」ということを一度は聞いたことがあるかと思います。11月28日のニュースで男性グループSexy zoneのメンバーの1人、松島聡さんが突発性パニック障害と診断され、治療するために一時活動を休止と発表さました。なぜ活動休止までに至るほどの恐ろしい障害なのでしょうか?

パニック障害と診断された有名人

これまでにパニック障害と診断されたといわれている有名人には次のような方々がいます。

・IKKO
・長嶋一茂
・深瀬慧(SEKAI NO OWARI)
・中川剛(中川家)
・岡村隆史(ナインティナイン)
・小林麻耶(元TBSアナウンサー)
・ユースケ・サンタマリア
・星野源
・堂本剛(Kinki Kids)
・岩橋玄樹(King & Prince)
・上原さくら

以上に挙げた有名人は過去にいじめを受けたストレスなどが原因でパニック障害と診断されています。今は回復されていて、芸能生活に復帰されている方も多いです。また、治療に専念していて、活動休止中の方もいます。

パニック障害とは

パニック障害とは不安障害の一つです。不安などの原因がわからない状態となると発作を起こし、息切れを起こします。ただ、すぐに治まりますが、また同じ状態になってしまうとまた発作を起こします。その症状が続いてしまうと、不安が深刻化してしまい、人の多い所などの公の場に出ることが困難になってします。

パニック障害は他の精神障害を合併してしまうことが多い病気なので、早めの治療が必要です。合併してしまう精神障害にはうつ病・全般性不安障害・社会恐怖・恐怖症(特定)・強迫性障害などがあります。このうち合併しやすいのはうつ病で、半分以上の確率で合併するようです。

命に関わる病気ではありませんが、不安が強いので、自暴自棄になるかもしれません。それを防ぐためには、本人の努力だけではなく、周囲の人たちの協力も必要です。

パニック障害は100人に2~3人がなる病気で、女性に多いと言われています。前触れとなる不安障害も女性に多いです。理由は女性のホルモンバランスが乱れやすいようで、精神が不安定になりやすいと言われています。

パニック障害の治療方法

パニック障害を治す治療は、心理療法と薬物療法の2つがあるようです。心理療法では、認知行動療法をするのが効果的とされています。呼吸法などの訓練と練習を行い、不安を解消する練習をします。

もう一つの薬物療法は、ベンゾジアゼピンやイノシトールなどの服薬が行われています。ベンゾジアゼピンは抗不安などパニック障害において、有効とされる薬であると言われていますが、依存症になる恐れがあるので、服用に制限があります。また、長期的な服用はうつ病などを引き起こすため逆効果になってしまいます。リスクがある治療ですので、注意が必要です。イノシトールはパニック障害と強迫性障害に有効で、症状を緩和したり、不安の発生を抑える効用があります。

パニック障害と診断される原因

パニック障害と診断される原因は、次のようなことが挙げられます。

・ストレス
・過労
・神経伝達物質の異常
・タバコ
・カフェイン
・アルコール

ストレスと過労は、最初に起きる発作の原因とされていて、発作が起きた後、その場所を拒絶して避けるようになってしまい、最終的に公の場に出るのが困難になってしまいます。

セロトニンという神経伝達物質が不足していることが原因で、ノルアドレナリンが過剰分泌されて、血圧が高くなり、心拍数が上がって、めまいや動悸などが起こります。

タバコの喫煙、特に若年の喫煙は、パニック障害の発症リスクを高めてしまいます。タバコに含まれるニコチンが原因で、心拍数などのパニック増加に影響します。

カフェインは覚醒作用があり、摂取しすぎるとパニック発作になる原因となります。パニック障害がある人はカフェインで不安を誘導をさせてしまうケースが少なくありません。

アルコールは、初期のうちは、パニック症状を緩和できることもありますが、長引くと、パニック障害を引き起こす要因になります。

芸能人は公の場に出ることが多いので、活動休止になってしまうことは仕方が無いと考えられます。パニック障害の症状が酷くなると二度と公の場に出れなくなってしまい、ファンの方を悲しませることにもなりかねません。少しの辛抱が必要ですが、また公の場に戻ってこれるよう治療に専念されているはずです。ファンの皆様が温かい目で見守っていくことが、活動の復帰に繋がっていくと思います。

参考文献

パニック障害があった芸能人ランキング27選
https://kirari-media.net/

パニック障害とは
https://fdoc.jp/byouki-scope/disease/panic-disorder/

パニック障害_Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E9%9A%9C%E5%AE%B3#%E6%B2%BB%E7%99%8

ライタープロフィール
とっくんproject
とっくんproject

軽度知的障害を持つ少年。もうすぐ20代になり、就職を目指しているが、高校生の時、就職が決まらずに卒業してしまい、就労移行支援センターの訓練生として今に至る。訓練生になった今では高校生の時の指摘された所を治していけるよう、常に努力している。趣味はゲームと動画を見る事。

  • HSPと、ともに。
  • 発達障がい〜神からの贈り物〜
  • セコラム!〜伴走者の立場から障害福祉を考えてみる〜
  • 佐久間勇人の2018年自由日記
障害福祉サービス事業所を探す
ページの先頭へ