傷病手当金をご存知ですか?~意外と知られていない制度

その他の障害・病気
unsplash-logo nikko macaspac

傷病手当金制度という制度をご存知でしょうか?病気やけがになった時に、最長1年6ヶ月間、会社などからの収入がない場合支給される生活を保障する健康保険の制度です。受給するのに様々な条件がありますが、精神疾患による体調不良で会社を休職するときにも適用されます。制度を使用するには、医者の診断書と退職日前に1年以上健康保険に加入していることが絶対条件です。もし、周りの方やご自身などが制度を利用する機会があるなら、ぜひ知って欲しい制度です。私自身、傷病手当金を受けていたので、その体験談も交えて、書かせて頂きます。

うつ病で傷病手当金は受給できますか?

まず、気をつけなければいけないのが、国民保健では傷病手当金は支給されないということに注意してください。結論から言いますと、うつ病で会社を休職しても、傷病手当金は出ます。ただ、条件があり詳しくは、ご自身が入られている健康保険組合に問い合わせることが確実だと思います。会社を休職するとなると給料は発生しませんが、厚生年金と健康保険料は変わらず請求されます。私自身、うつ病で当時、通院していた主治医から休職を進められ、会社から休職の相談をしましたら傷病手当金の制度を教えてもらい、初めてそういう制度があるということを知りました。傷病手当金を受けられる精神疾患を調べてみると、うつ病・うつ状態・自律神経失調症・適応障害・統合失調症となっています。 受給要件は、業務外の理由による病気もしくは怪我となり、仕事に就けないという医師の診断書を書いてもらいます。病気もしくは怪我で3日間、仕事を休んだ期間が連続で3日間あり4日以上、仕事に就けなかった場合、4日目から支給されます。この連続した休みの3日間は待機期間と言われています。病気や怪我のため、休業している期間について生活保障を行う制度の為、障害年金を受給している方、もしくは給与の支払いがあっても、傷病手当金より少ない場合は、調整された金額が支給されます。人によって、ケースバイケースですので、不安を感じたら、お近くの健保組合に問い合わせた方が良いでしょう。直接訪ねてもいいですし、電話で相談も出来ます。 気を付けなければいけないのが、被保険者の期間が継続して最低1年以上、加入しているのが条件です。

以外と知られていない傷病手当金について

もし、これを読んでいる方で、仕事で精神的に追い詰められて、余裕のない方は、有休を活用する、もしくは数カ月単位で会社を休職して、心と身体をリフレッシュしてから復職するという手段もあります。しかし、そのような機会を与えてくれる会社は大企業に多いかも知れませんが、中小企業、零細企業では休職=退職の選択肢しかなく、否応でも退職を暗に迫られるのが現状です。

精神的に追い詰められて、心の中で退職を考えて思い込んでいる方、もしくは会社から退職を暗に圧力を感じて、辞めてしまおうと思い詰めている方は、すぐに退職をする前に待って下さい!退職前に病院に通い、主治医の意見書を書いてもらうことをお勧めします。「〇カ月加療が必要」と診断書を書いてもらい、会社と相談して下さい。有休が残っていたら有休を消化してから、休職扱いにしてもらいましょう。ただ、有休が無くなれば、健康保険と厚生年金は会社から請求されますので、マイナスの給料明細が届きます。暫くしたら形式的に、会社から何時頃仕事に復帰できるかを、話合うことになるでしょう。仮にうつ病で休職している時は、考えがまとまらず、決断がなかなかできないと思います。そこで、元の会社に復職して続けていけるか、続けられないかの判断は本人の意志です。会社と話し合う前に、主治医や周囲の意見を聞いて、違う環境で仕事をした方が良いのか、復職できるなら、そうした方がいいのかをあらかじめ決めておいた方がいいと思います。もし、退職して違う環境で仕事をした方が自分の為にいいのなら、はっきり会社に伝える方がいいでしょう。精神疾患が原因でも、自己都合退職扱いにされます。これは障がい者を雇っている特例子会社でも例外ではありません。会社の環境が原因で働けないのなら、環境を変えた方がいい場合もあると自分の経験上、伝えておきたいからです。その為に、傷病手当金を退職前に受給しておくことが、大切になってきます。

傷病手当金を受給せずに退職して、就職活動を始めてもメンタル面で不安を抱えて、そのまま自己都合で退職してしまうと、失業保険では3カ月の待機期間が発生します。いくら貯蓄がある人でも、生活面での不安とメンタル面での不安が混じり、思うように次の就職に結び付けることは難しくなると思います。

傷病手当金を受給している間は、失業保険が適用されません。一度、ハローワークで失業保険の受給延長を申請しなければいけないのです。最大2年間、受給が延長されます。注意が必要なのは傷病手当金が終わり、いざ就職活動を始めようとすると、医師の意見書を必ず提出して、働けるという証明をしなければ、ハローワークに登録出来ません。

まず、傷病手当金を受ける際に、会社によっては総務から傷病手当金申請書を渡される場合もあります。しかし、会社によっては、傷病手当金の説明がなく貰えない場合もあります。それによって、その時は、健保組合のホームページからPDFファイルでプリントアウトも出来ます。それが出来ない場合は、健保組合に直接出向いて、書類を貰うことも出来ます。書類は基本4枚あります。1,2枚目は自分で記入しなければいけません。3枚目は会社に在籍している場合、事業主記入用となっており会社に書類を送って記入してもらいます。4枚目は主治医の意見書になります。傷病手当金は最大1年6ヵ月と期間は決まっています。それ以上は如何なる理由があっても、傷病手当金は継続はできません。もし、障がい者手帳を取得していない場合、障がい者手帳の取得を考えている方は、この期間に申請しておいた方がいいでしょう。

まずは主治医の意見書を書いてもらいます。その後会社に、郵送する場合と一度自分の所に戻してもらって、協会健保に郵送する場合があります。会社を退職後は自分が書かなければいけない2枚分と主治医の意見書を同封して、健保協会に提出します。どれぐらいの期間で申請するかは、人それぞれですが、1カ月単位で申請するほうが、分かりやすくていいかも知れません。私自身は1カ月単位で申請していました。書類に不備が無ければ、大体2週間程度で給料の約3分の2程度の額が指定の口座に振り込まれます。詳細は協会健保で検索して貰えたら、情報は載っていますので、ご参考までにして下さい。

傷病手当金を受給するメリット・デメリット

傷病手当金を受給している間に、じっくりと症状を緩和する時間が取れるメリットがあります。いわゆる時間薬として有効です。失業保険の受給期間も障がい者手帳を取得することで延長されます。焦らず、治療や休養に時間を当てられます。これは、1つのメリットとして挙げられます。

ですが、もしクローズで就職を考えているなら、デメリットとして履歴書に空白期間が発生することです。オープンでもクローズでも、面接で空白期間は必ず質問されます。ですが、障がい手帳を開示してのオープンと障がいを開示しないクローズでは、面接官からの印象は、「空白期間は何もしていなかったの?」というふうに考えられ、心証は良くはならないでしょう。これが精神疾患で傷病手当金を受給する上で、クローズの場合、考えられるデメリットです。

まとめ

怪我ではなく、うつ病や精神疾患で長期休養を経て、就職活動をする場合は、上記のような例で言いますと、どちらが正解という事はありません。ただ、このような制度を知らずに退職に追いやられて、生活面で困窮している人がいるのも事実です。役所は申請主義なので、きちんとどのような制度があるのか、会社が教えてくれない場合、本人たちは知る術がありません。このコラムを通して、様々な制度を知って、活用してもらえたらと思い書かせて頂きました。

参考文献

全国健康保険協会
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/

 

tkbn

tkbn

40代男性。30代半ばでうつ病を発症。40代になって発達障害の疑いありと診断される。就労支援機関で自分の特性について学び、最後の就活を終えコラムを書いています。趣味は鉱石収集。年2回大阪・京都で行わるミネラルショーや即売会に行って、気に入ったものをコレクションするのが楽しみですが、部屋で飾る場所が無くなっているのが最近の悩みです。

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP