その他連載コラム

睡眠障害で困っていませんか?睡眠改善に有効な2つのこと

睡眠障害

出典:http://www.photo-ac.com


みなさん、睡眠が乱れていて困っているということはないでしょうか?睡眠障害は睡眠に問題が生じている状態が続く症状です。様々な睡眠障害があります。


睡眠障害の発症の原因



睡眠障害を発症する原因には次の5つなどがあります。

①仕事上の問題や家族の死などのストレス
②外傷の痛みや喘息など身体的要因
③うつ病などの精神的要因
④服用を行っている薬の成分、アルコールやニコチン作用
⑤職場の勤務状況などによる生活リズムの悪化


睡眠障害の種類



睡眠障害には次の3つなどの症状があります。

①不眠症

日本人の約20%発症している病気であるといわれています。高年齢ほど人数は多くなる傾向にあります。

次のような具体的な症状がみられます。

・なかなか眠りにつけない
・夜中に何度も目覚める
・一度目が覚めると眠れなくなる
・眠りが浅く、次の日に疲れがでる


②過眠症

日常生活にて強い眠気を感じ起きている事が困難な状態になる病気です。若年齢に発症することが多い病気です。


③睡眠呼吸障害

睡眠中に異常な呼吸を行います。30〜60歳程の中年期の人に多い病気です。夜眠っている際に呼吸が何度も止まることがあります。眠気が常にあるなどの症状もあります。


睡眠障害の治療法



睡眠障害には薬物治療と生活習慣改善が有効とされています。

①睡眠薬による治療

睡眠薬、抗うつ薬、抗不安薬、抗精神病薬等が服薬されます。服用を中止する時は必ず医師の指示が必要です。


②睡眠習慣の見直し

無理に寝ようとすると不安や焦りなどから眠れなくなってしまいます。就床時刻にこだわりすぎず眠くなってから床につくようにします。

また、年齢を重ねるにつれ睡眠時間は変わってきます。年齢に合った睡眠時間の設定をします。また、同じ時刻に毎日起床することが効果的です。


睡眠障害に悩まれている人は多くいます。もし眠れない状態が続いている時は今改善できることから行っていきましょう。専門医に診てもらい適切な治療を受けることもよいでしょう。

障害者ドットコムニュース編集部

障害者ドットコムニュース編集部

「福祉をもっとわかりやすく!使いやすく!楽しく!」をモットーに、
障害・病気をもつ方の仕事や暮らしに関する最新ニュースやコラムなどを発信していきます。
よろしくお願いします。

睡眠障害

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP

しばらくお待ちください