過労死とは?過労死の前兆・原因とその対策は

その他の障害・病気

出典:https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/8c/8c403fa9dabee9fefb6b6079aaf21682_t.jpeg

過労死は、無理な労働を労働者が強いられた結果、労働者が突然死してしまうことです。労働時間が短い海外では過労死するケースはあまりありません。現在の日本では、過労死してしまう労働者が少なくありません。過労死しないためにはどんな対策をとればいいのでしょうか。

過労死の前兆・特徴は何か?

手足にしびれが生じる、力が入りにくい、疲れがなかなか取れない、集中力が切れるなどの特徴があります。これらの症状を感じたら、すぐに上司などへ報告するべきです。まずは、どんな症状が出ているか・症状が出ている原因を伝えましょう。自分からちゃんと説明しない限り、会社側は自分のために動いてくれないでしょう。労働者の報告を受けた上司は、勤務時間・勤務状況をチェックし、改善点があれば改善する義務があります。

過労死の原因は何か?

無理な作業を長時間・長期間続ける事が主な原因です。それが原因でストレスやパニック障害を起こして過労自殺してしまう人が多いようです。社員を過労死させた企業は社員の健康を考えていないとみなされ、社会的信用を失う事になりかねません。

何故、日本で過労死が多いのか?

日本の過労死の件数は他国よりも高いと言われています。過労死の多い理由の一つは「残業は良いことだ」という考えが広まっているからです。社員を毎日酷使させる会社が多いのはこのせいだと思われます。中には、社員に長時間残業を強いらせながらも、実際に残業した時間より少ない時間を申請させる悪質な会社もあります。労災認定をする労働者も多いですが、仕事との因果関係を立証するのがかなり難しいせいなのか、実際に過労死として認められるのは全体のたった5割弱です。また、周りに助けを求める事が出来ず、過労自殺してしまう労働者も多くなっているのが現状です。

どんな対策をとればいいのか?

まずは、会社の福利厚生・残業時間の上限を自分の目で確かめることが大切です。代休や休暇制度が設けられているかを確認することも重要だと思います。自分が働いている会社が社員に長時間労働・長時間残業・休ませずに働かせる会社だったら、勇気を持って、労働基準監督署などの第3者に相談するのがいいでしょう。しかし、いきなり第3者に相談することはうまくいかないケースも多々あります。いきなり第3者が介入すると、相談した結果に関わらず自分の会社の中での肩身が狭くなることもあるからです。会社の上司や同僚に相談しても改善が見られなかった場合に、労働基準監督署などの第3者に相談するとよいでしょう。それでも自分の労働環境が改善されなかったらその会社を辞めるのも一つの手段です。

社員に長時間労働・長時間残業をさせるブラックな会社があるのは事実です。労働者側もブラックな会社に就職しないように、しっかりと就活の段階で会社を見極める必要があります。就職した後に、長時間労働・長時間残業を強いらせられ、それが原因と思われる症状が出たら、病院へ行きましょう。それから、会社内に頼れる相談相手を作るのもいいでしょう。過労死、過労自殺に至らないよう、自分で対策をすることが重要です。

参考文献

過労死の原因って何が多いの?予防策もあわせて紹介|ハタラクティブ
https://hataractive.jp/useful/1631/

過労死‐Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8E%E5%8A%B4%E6%AD%BB

過労死とは?|過労死の原因と前兆や症状|マネたま
https://www.manetama.jp/report/term-death-from-overwork/

カレーライス

カレーライス

性別:男
障害名:自閉症スペクトラム
特徴:鉄道ファン(撮り鉄)・音楽を聴くのが好き・体力には自信がある・ゲームをする事が好き。
集中力は高いが、あまりに集中するあまり、周りが見えなくなる事がある。

その他の障害・病気

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP

しばらくお待ちください