社会不安障害・強迫性障害・うつ病にかかった私の体験談(前編)

うつ病 強迫性障害 その他の障害・病気

unsplash-logo Brytny.com

私は小学生の頃から病気が分かるまで自分の性格が悪いと思っていました。学生生活から社会人となった現在に至るまでに、どのように感じ、どのような生きづらさを感じてきたのかについて、まとめたいと思います。

学生の頃

元々小さい頃から対人不安が強かったのですが、小学生低学年の頃にある男の子が原因でトラウマになり人目を気にするようになりました。それから成長するにつれ人に合わせたり顔色をうかがったり気を遣うことが増えました。先生に当てられるのが怖い、本読み、自分の順番が来る時、注目を浴びる場面、日直…など色々な場面が苦手で、人前に出るのが恐くて泣いた事や汗が出たり顔が真っ赤になったり全身震えて声も出なかったりで、とても恥ずかしかったです。※この性格は20歳になった今も治っていません。

中学生になり吹奏楽部に入学。一年で大会に出場させてもらえる事になり、プレッシャーはありましたが、無事に終わり落ち着いた頃、マウスピース(楽器の吹く部分)のテストがあると言われました。毎日家でも欠かさず練習をしましたが、全然できなくて「周りは完璧なのに私はなぜ出来ないんだ」と思うようになり、日に日にプレッシャーになり何度も泣きました。それから部活に行く回数も減り、辞めることに。二年生になり仲がよかった子に裏切られ嫌がらせを受けるようになりました。その時初めて死にたいと思いましたし、大好きだった子たちが離れていった事がトラウマで、今でも人が離れていく事や最後まで信じることが出来なくて、家族さえも疑ってしまい申し訳ないし辛いしいつもいつも不安で仕方がないです。

過敏性腸症候群発症・身体に異変

三年生になり同じ事にはなりたくないと思い今までよりも気を張った生活が始まり嫌がらせも続きました。毎日そんな生活で過ごしていると頻繁に腹痛が続くようになり、どんどん悪化して毎日続くようになりました。

腹痛は高校を入学してからも続き、耐えられなくなり母に相談した所「病院行き」と言われ内科に行き高校一年生の頃に過敏性腸症候群と診断され5年経った今も治っていません。高校では、3年間クラスにも友達に恵まれすごく幸せでしたが、色んな事が同時に重なりました。就職や人間関係に毎日悩みました。就職は、やりたいことも見つからず勧められた所を受けに行きましたが、面接では緊張で喋れなくて言う事も飛んだりで…何度も落ちました。周りからのプレッシャーや手伝ってくれている先生方に申し訳なくてとても辛かったです。それから毎日イライラが止まらなくて八つ当たりをしてしまったり泣くことも増え、毎日自分を責めていました。やる気もでない、朝は起きれない、面倒くさい、毎日眠れない、息苦しい、被害妄想、食欲低下、吐き気(吐く)、体重減少、疲れ、めまい、耳鳴り、学力低下、イライラ、喉の違和感、手の震えなどが出てきていましたがただの体調不良だろうとその時はストレスだと気づきませんでした。

就職〜病気が見つかる

無事介護職に就きましたが、毎日「早く覚えな」「一日で出来るようにならな」「失敗なんかしたらダメだ」と思っていたので、仕事が終わったら覚えるまで何度もメモを書き直し練習もしました。だけど毎日だるくて高校からの症状もどんどん悪化していき、話を聴いているのに何も頭に入ってこず、何を言っているのかも理解が出来ませんでした。一週間後突然周りが早く見え何をしているのかもわからなくてパニックでした。汗も止まらず熱も出て倒れる寸前までいきました。これはダメだと思い調べたところストレスと書いていたので精神科に初めて行く事に。状態が酷く何でここまでほったらかしにしてたのかと怒られました。不安症と診断され、ドクターストップがかかり仕事を辞めることになりました。震えで歩くこともできず回復するまでとても時間がかかりました。体調が回復してきた頃古着屋さんでアルバイトを始めるも治っていなくて前と同じ症状が出てきて失敗も多くなり自分を責め続けました。ずっと優しくしてくれていたおばさんにも裏切られそれからショックで視線が怖く頭も働かず、次第に病状が悪化し二カ月で辞め引きこもりになりましたが、また体調が戻ってからハローワークに行きました。そこで就労移行支援事業所を見つけて通いだしました。

細かい病名が発覚

今までの病院では「不安症」と言われて強い薬を出されるだけでした。病院は合うところを探した方が良いとの事で、何件も病院を探しました。就労移行に通っている時にようやく見つけ、現在通っている病院は評判も良く、薬も漢方で身体に優しいと聞きました。行ってみるとすごく真剣に話を聴いて下さり私の表情や行動も見ながら診断してくれました。その時に判明したのが小学生の頃から社会不安障害になってて中学生の頃に強迫性障害になりうつ病にもなっていると言われました。今まで「性格がダメなんだ」「怖くて逃げだすのやめたい」と思っていてもやめられなっくてずっと悩んでいましたが、「性格が悪いんじゃないよ」と言って下さり気持ちが和らぎました。

現在取り組んでいる事

現在は就職を目指して就労移行支援事業所に通っています。就労移行支援ではストレスや不安の対処法なども行っていて自分の今までの考え方を変えられるように頑張っています。ICTスキルも学んでいて、特にCAD(コンピューターで設計やデザインをする)を中心に日々取り組んでいます。

▶︎続きのページ:社会不安障害・強迫性障害・うつ病にかかった私の体験談(後編)

KOTMI

KOTMI

小さい頃から対人不安が強く、高校卒業後、就職したが体調を崩し退職。その後アルバイトを始めるも、ストレスが原因で続かず、うつ病・社会不安障害・強迫性障害と診断される。現在は、就労移行支援所でCAD(コンピューターを使って設計するソフト)を学んでいます。趣味は歌うことです。

うつ病 強迫性障害 その他の障害・病気

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP