ギャンブル依存症をご存知ですか?①〜依存症の定義について

依存症

ギャンブル依存症についてご存知でしょうか?アルコールや薬物と一緒で、ギャンブル依存症はWHO(世界保健機関)が認定する、れっきとした病気です。一般的に、ギャンブル依存症は、意思が弱い、本人の問題だと日本では認識されていたと思います、が日本のギャンブル依存症と言われている人の割合は、世界の中でも突出しているのです。

日本ではギャンブルの定義はどうなっているのか?

ここでいうギャンブルの定義は公営ギャンブル(競馬・競艇・競輪)や大きな括りで宝くじなど、国の見解としては遊戯としているパチンコなどと最近、社会問題になっているスマホゲームのガチャなどを主題に書いていきます。まずは、厚生労働省が発表したギャンブル依存の人数が成人人口の4.8%の536万人に上がるとの推計を初めて発表しました。この数字は世界ランキング3位となっております。この数字はパチンコ・パチスロ機もEGM(ギャンブル用電子的ゲーム機械)だと見られているようです。その前提に立ちますと、全世界のギャンブル機の約60%が日本に存在することになります。何故、このような事になっているのでしょうか?パチンコなどは政府見解ではあくまで遊戯となっているからです。ゲームセンターのコインゲームと同じ立ち位置としているからなのです。ここ数年、カジノ関連で話題になっています。カジノに関しては、日本人にはかなり厳しい制限が掛かるようですが、その他の公営ギャンブルに関しては、成人ならば、法的に規制がないのが現状です。

ギャンブル依存症になりやすい人・なりにくい人は?

一口にギャンブルと言っても、大半の人は宝くじや競馬など適度に楽しんでいる人が大勢を占めていると思います。遊びの範囲で満足できず、のめり込んでしまう人がいます。これが依存症の入り口なのです。依存症の多くが過去に一度、大勝ちした経験を持っています。いわゆるビギナーズラックです。その達成感からずぶずぶと、泥沼にはまるようにのめり込んでしてしまうのを、自覚のないまま続けてしまうのが、依存症たるゆえんです。それでは、どういう人がなりやすいか研究から傾向はある程度解明されているので、チェック項目を書いてみます。

・「このままではいけない」という意識がある
・ギャンブルのために会社や学校を休みことがある
・「やめよう」と決心しても止めることができない
・ギャンブルを巡って、家族と口論になる
・景品や馬券など、ギャンブルの証拠を隠す
・ギャンブルのために借金をする
・家族のお金を無断で使ったことがある
・ギャンブルのために万引きなどの、違法行為をしたことがある
・嫌な気分なると、ギャンブルをしたくなる

0から1個の場合、依存症の疑いはあまり考えられせん。しかし、心配事があれば、早めに医療機関に相談しましょう。

2個から6個の場合、依存症の可能性があります。深刻な問題が起きる前に、医療機関の受診を検討しましょう。

7個以上の場合、ほぼギャンブル依存症と言っても問題ありません。医療機関や相談機関などに通って、一人だけの問題ではなくなっています。家族の協力のもと、治療に専念することをお勧めします。さらに、こんな生活になっていたら要注意です。「負けた分を取り返すまで、賭け続ける」「負けたのに勝った」と嘘を言う。予定の金額より多くのお金を使ってしまう。勝ちだすと、「もっと勝てる」と考えてしまう、負けた次の日に負けた分を取り戻す為にギャンブルに通ってしまう等、上記の項目にそれ程あてはまらなくても、危険な兆候なのです。

依存症になるリスク要因

では、どういった方がギャンブル依存症になりやすいのでしょうか?ここでは、リスク要因を紹介します。あくまでも傾向ですが、性別は男性、年齢の多くは10代から40代、性格は負けず嫌いで衝動性が高く、環境は時間やお金の調整がしやすくいつでもギャンブルが出来る、アルコール依存やニコチン依存・うつ病など心の病気が依存症になるリスクがあります。逆になりにくいタイプは、落ち着いた性格、心の病気がない、中高年の女性、お金が自由に使えないという方が、発症しにくいと言われています。次回以降、依存症の治療法や実際に自覚がなくギャンブル依存症になってしまった人の経験談を書いていきます。

▶︎続きのページ:ギャンブル依存症をご存知ですか?②〜依存症のメカニズムと治療法

参考文献

ギャンブル依存症から抜け出す本 監修者 樋口進

現代ビジネス〜「世界一ギャンブル依存症が多い」この国でカジノが失敗する理由
https://gendai.ismedia.jp/

tkbn

tkbn

40代男性。30代半ばでうつ病を発症。40代になって発達障害の疑いありと診断される。就労支援機関で自分の特性について学び、最後の就活を終えコラムを書いています。趣味は鉱石収集。年2回大阪・京都で行わるミネラルショーや即売会に行って、気に入ったものをコレクションするのが楽しみですが、部屋で飾る場所が無くなっているのが最近の悩みです。

その他の障害・病気

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP

しばらくお待ちください