ギャンブル依存症をご存知ですか?③〜私が見てきた依存症の例

依存症

unsplash-logo Michał Parzuchowski

◀︎前回のページ:ギャンブル依存症をご存知ですか?②〜依存症のメカニズムと治療法

これまで過去2回、ギャンブル依存症について書いてきましたが、これで最終回とさせて頂きます。これから書くことは、実際に見てきたギャンブル依存症で身を滅ぼした人の例を書いていきます。最後までお付き合いお願いします。

ギャンブル依存症〜パチスロ編

これから話す内容は十数年の話になります。当時、私が働いていた職場は、シフト勤務で土日も仕事があり、お盆休みや正月も仕事がある職場でした。拘束時間も朝8時から夜は大体20時から21時とかなり忙しい職場でした。当時私もスロットをしており、自分も依存症だったのかも知れません。自分の中で、使う金額は3万までと決めていました。このマイルールが、後から考えるとどっぷりとはまらずに済んだのかなと思っています。

当時は射幸性が高い4号機のスロットが全盛時代(獣王・アラジン・吉宗等)でした。そんなパチスロ全盛期時代、スロットやパチンコをする人がかなり多くいました。休憩時間になると、誰彼問わずパチンコ・スロットの話で盛り上がり、いくら勝ったか負けたかの話で良く盛り上がっていました。これから話す方を仮にAさんとします。Aさんは私とほぼ同時に入社した方で、よく仕事を一緒にすることが多かったです。休憩時間中の雑談もギャンブル中心の話題が多かったです。Aさんは、出会った頃はよく打っていたのが、ノーマル機中心でした(リスクは低いですがリターンも低い機種です)。しかし、職場の近くに大型のパチンコ店がオープンしてから、ハイリスクハイリターンの機種を打つようになりました。当時は1日で10万負けることもあれば、20万〜30万勝ったという話がよく雑誌や身近に当たり前のようにあったのです。中にはほぼスロットを打つだけで生活費を稼ぐ人もいた時代です。

射幸性が高いの機種を打つ様になってから、徐々にAさんに変化が見られました。仕事帰りにほぼ毎日、休日でも職場の近くのパチンコ店に通い続けているのを職場の人間によく目撃されていました。本人の自由なので構わないのですが、仕事の拘束時間が長く、年間休日も70日程度しかないなかで、Aさんは仕事以外の時間をパチンコ店で過ごしていたのです。本業だけでなく、仕事が終わってからもコンビニの夜勤のアルバイトを始めるようになり、会社に複数の消費者金融から、借金の督促の電話が掛かるようになってきたのです。彼自身の性格も些細な事で、後輩や同僚にイライラをあたり散らすようになり、次第にAさんは、会社で孤立していきました。私服もブランド品を好んで着ていたのですが、徐々に服装にお金を掛けていなくなっていきました。かなりギャンブルにはまっていた頃は、仕事の作業着が私服となっていました。独断と偏見ですが、ギャンブルに嵌りだすと、ギャンブル以外の支出を減らそうとして、身なりに気を遣わなくなってきます。態度も常にイライラしており、自分も含め職場の人間とトラブルを起こすようになり、最後は上司にもイライラをぶつけてしまい、トラブルを起こしてしまいました。それから連絡もなく会社に来なくなってしまいました。会社から自宅に電話して、彼の母親が応対したのですが、歯切れの悪い返事しか返ってこなかったそうです。おそらく、両親が借金を返済したのでしょう。それから暫くして会社は倒産し、見かけることはないですが、本人が依存症だと気付かずに親が尻拭いをしているようでは、同じ事を繰り返すだけです。彼自身がまずいと気が付いた時には既に手遅れになっているでしょう。

ギャンブル依存症〜競艇

上の例では、パチンコ関係を書いた中での登場人物で上司が出てきますが、実はこの上司も競艇に嵌り、離婚・自己破産をした経験があったのです。仕事の都合上、なかなか競艇場に行けないという理由で、私が勤めていた時には、殆ど行っていなかったようですが、競艇に嵌っていたときは、1日で30万〜40万ほど賭けていたそうです。ひと月の給料をほぼ使っていたという事になります。傍から見れば、無謀ともいえるお金の使い方ですが、本人たちには、何よりも代えがたい強い快楽をもたらしているのです。次の事に該当する方は要注意です。

①趣味がなく、友達があまりいない
②一発屋を狙っている
③負けず嫌いな性格
④現実から逃げたいと思っている人
⑤遊びが下手で真面目な性格

誰でもどれかは当てはまるかもしれませんが、余りにも身近に遊戯というわけで名のギャンブルがある以上、いつどのようなきっかけで嵌るかもしれません。最近、パチンコ屋のトイレなどで、「パチンコ・パチスロは適度に楽しむ遊びです」というキャッチコピーとご丁寧に相談窓口のポスターが貼られていますが、ブラックジョークにしては、シニカルな笑いしか出てこないです。

3回に分けて書いてきましたが、簡単に嵌ってすぐに抜けだせないのが依存症の怖さだと思います。一言で依存と言っても、人は何かしら良くも悪くも何かに依存する生き物だと私は思っています。ただ、その度合いによって毒にも薬にもなるとも思っております。何かに依存することが悪いという事ではなく、その依存が自分自身や家族を不幸にするものなら、毒にしかならないという意味でこのコラムを書かせて頂きました。
 
参考文献

LEGAL MALL ギャンブル依存症を克服して真っ当な生活を取り戻すための9つのこと
https://best-legal.jp/

消費者庁〜ギャンブル等依存症でお困りの皆さまへ〜
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/caution/caution_012/

全日本遊技事業協同組合連合会(略称:全日遊連)
http://www.zennichiyuren.or.jp/activity/1.html

tkbn

tkbn

40代男性。30代半ばでうつ病を発症。40代になって発達障害の疑いありと診断される。就労支援機関で自分の特性について学び、最後の就活を終えコラムを書いています。趣味は鉱石収集。年2回大阪・京都で行わるミネラルショーや即売会に行って、気に入ったものをコレクションするのが楽しみですが、部屋で飾る場所が無くなっているのが最近の悩みです。

その他の障害・病気

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP