シッティングバレーボールとは?ルールを知ってパラリンピック競技を楽しもう!

スポーツ

出典:https://ja.wikipedia.org

2016年リオオリンピックは8月5日から、パラリンピックは9月7日から開催されます。あともう少しで待ち遠しいですね。パラリンピックの競技について初めて聞く、または名前は知っているけれど詳しくは知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

よりパラリンピックを楽しむことができるよう基本的なルールや健常者の競技との相違点等を解説します。

シッティングバレーボールとは?

座ったまま床に臀部(でんぶ)※の一部が常に地面に接触したまま行うバレーボールです。
※「臀部」というは「上体」のことで、部位は肩から臀部までです。

競技の対象障害は、肢体不自由(下肢障害)です。

シッティングバレーボールの基本的なルール

◇1チーム6人でおしりを床につけたままボールを落とさないよう、手やうででボールを打ち合います。

◇サーブ・ブロック・アタックなどで立ち上がる、または飛び跳ねたりすると反則となり相手に得点が入ります。ただし、レシーブの場合だけは短時間の臀部が床から離れることが認められています。

◇25ポイントを先に取った方がセットを獲得し、5セットまで試合を続けることができ、先に3セットを取った方が勝利となります。ただし最終の第5セットのみ15点を先に取った方が先取した方が勝利です。ここは通常のバレーボールと同じです。

通常のバレーボールとの違いは?

共通点
・コート内の競技者は6名です。
・1セット25点先取のラリーポイント制で5セットマッチで行われます。
・サイドアウトするごとにローテーションします。
・リベロ制が採用されています。
・テクニカルタイムアウトがあります。
・ボールは公認のバレーボール球を使用します。

相違点
・コートは一般のバレーボールコートより狭くサイドライン10m×エンドライン6m(※自陣のサイドラインは5m)
・ネットの高さは座位で行えるよう男子は1.15m、女子は1.05mと低く設定されています。
・リフティングは禁止です。(臀部をコートから浮かせることです。)
・相手が打つサーブをブロックしてもかまいません。

障害者ドットコムニュース編集部

障害者ドットコムニュース編集部

「福祉をもっとわかりやすく!使いやすく!楽しく!」をモットーに、
障害・病気をもつ方の仕事や暮らしに関する最新ニュースやコラムなどを発信していきます。
よろしくお願いします。

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP