「ジョブステーション四條畷」運営の寝屋川市議、給付金を不正受給

その他の障害・病気
unsplash-logo Cederic X

障害者就労支援施設の中には、未だに給付金目的だけで運営されているものが存在します。利用者への給料を自力で稼がねばならなくなった継続支援A型ですら不正な事業所が生きているとなれば、まさに「正直者が馬鹿を見る」状況と言えるでしょう。

大阪府四條畷(しじょうなわて)市に、就労移行支援と就労継続支援A型を同時に行う「ジョブステーション四條畷」という事業所がございます。そこの代表理事である元橋理浩(まさひろ)寝屋川市議が、不正な運営を行っていたことが判明しました。

発覚した不正とは、利用者の通っていた日数を大幅に水増ししていたことです。水増しの対象は元橋市議の知人という一人だけですが、それが却って不公平感を際立たせているのです。

現在、ジョブステーション四条畷にはサービス停止処分が下っており、元橋市議も理事を退任しています。障害者福祉を金もうけのために使っている以上「障害者ビジネス」の謗りは免れ得ないでしょう。

ジョブステーション四条畷とは

公式サイトが生きているようなので、活動内容や事業所について解説しましょう。「ジョブステーション四条畷」は昨年6月1日に事業開始された、一般社団法人スクエアが運営する就労移行支援&就労継続支援A型の施設です。移行とA型それぞれ定員は10人ずつと定めており、協力医療機関として門真あいわクリニックを挙げています。

作業時間はバラつきこそありますが、概ね9:30~15:30で、移行とA型どちらも作業(同じ作業かどうかまでは分かりません)を行います。肝心の作業内容はケーブルの仕分けや剥離に商品の箱詰めとなっており、ハッキリ言ってB型事業所と大差ない軽作業です。今どき低報酬の軽作業だけでA型事業所を運営するのは身銭を切るか他の収入源でもない限り無理でしょう。元橋市議の「利用者の埋もれた才能を見つけていく」というメッセージもあの作業内容では虚しく聞こえます。

利用者の通所日数を水増し

さて、問題の中核となっているのは給付金の不正受給についてです。具体的には知人である利用者の通所日数を最低9ヶ月ほど水増ししていたというのです。

その知人とは、元橋市議が非常勤職員として誘った中村晴樹大東市議の妻です。中村市議によると、夫人は昨年7月から通い始めたのですが年内に退所しており今年は一度も通っていません。しかし元橋市議の出した申請書類では昨年7月から今年4月にかけてほぼ無欠勤となっており、その分の給付金は中村夫妻の住む大東市から出ています。

大阪府の「議員相手でも容赦はしない」という監査によって、件の中村夫人は数日しか通っていないことが判明しました。元利用者の中には「自分はしんどい思いで毎日通っているのに、理事長(元橋市議)と知り合いだから特別扱いされるのはおかしい。」と憤る声もあり、一人だけ優遇されていた背景が窺えます。

ここ数年で色々と規制が厳しくなったとはいえ、運営しているフリだけで給付金がもらえてしまう状態は未だに続いているといえるでしょう。

施設長になる方法

関西テレビの取材に対し「給付金の出どころは分からない」「代表理事と言っても出資しただけで、運営は他人任せ」と答えた元橋市議ですが、この体たらくで就労支援施設の理事長(施設長)など務まるのでしょうか。

就労継続支援A型の管理者となるには「会社経営の経験」「社会福祉事業に2年以上従事」「社会福祉主事任用資格を持っている」といった条件を1つ以上満たさねばなりません。ただ施設長と管理者は別々でも構いません。寧ろ管理者兼サービス管理責任者として専門性の高い職員を雇うケースが多いです。

事業所の開設で施設長に求められるのは、「社会福祉事業のみを行う法人格」です。今回の場合は一般社団法人スクエアですね。元橋市議のように施設長は出資だけで事業所運営は管理者などに任せるというスタイルもとれなくはないでしょう。

それでも代表理事として名前を出すからには、コンプライアンス的に引っかからない最低限のことは出来るようになっておいた方がいいのですけれども。

未だ生きている給付目当ての事業所

給付金目当てだけで建てられた事業所は利用者の社会進出など考えておらず、囲い込むだけしておいて訓練らしいことはほとんどさせません。ジョブステーション四條畷の場合は作業こそあるもののB型事業所と大差ない内容で、社会進出に繋がるかは疑問です。

就労支援施設に関する規制や規則はここ数年で強まっておりますが、それでも給付金欲しさに実のない事業所を建てたがるのはある意味チャレンジャーですね。ジョブステーション四條畷の開始日は昨年の6月1日なのですが、その時点で既にB型事業所並の作業内容でA型事業所を経営するのは極めて難しいです。

給付金の流れも大事ですが、今時軽作業だけでA型事業所を経営するビジョンのほうも気になります。それとも市議なら続けられるという話なのでしょうか。

参考サイト

ジョブステーション四條畷 - 就労移行支援・就労継続支援A型
https://www.square300601.com

【特集】“障害者ビジネス”が大阪で…施設の運営は「市議会議員」、給付金の“不正受給”が発覚(関西テレビ)
https://headlines.yahoo.co.jp

就労継続支援事業を運営するには?|介護の開業や介護ビジネス経営支援サイト「けあコンシェル」
https://www.r-lease-cc.jp

遥けき博愛の郷

遥けき博愛の郷

大学4年の時に就活うつとなり、紆余曲折を経て自閉症スペクトラムと診断される。書く話題のきっかけは大体Twitterというぐらいのツイ廃。最近の悩みはデレステのLv26譜面から詰まっていること。

その他の障害・病気

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP

しばらくお待ちください