視覚障害者が考案、すべての人に優しい凹凸の無い歩行誘導マット「歩導くん」

ニュース

出典:錦城護謨

ゴム製品メーカー錦城護謨(きんじょうごむ)(本社・大阪府八尾市)が開発した視覚障害者歩行誘導マット「歩導くん」が、バリアフリー新法や障害者差別解消法の施行で障害者の移動での配慮が求められる中、注目を集めています。点字ブロックと異なり、表面に凹凸の段差が無く、両端がなだらかな傾斜となっているため、高齢者の方もつまずきにくく、車いすやベビーカーを使っている人も振動がなくスムーズに通行することができます。

「歩導くん」は、視覚障害者の考案によるもので、視覚障害のある人が、白杖で叩いた時の感触や打音の違いや、足裏から伝わる質感の違いで、誘導路を認識することができます。色の種類も豊富で、文字やピクトグラム(絵文字)を表示できるので、鉄道、バス・タクシーやトイレなどに誘導する目印としても役立ちます。障害の有無を問わず、すべての人が使いやすいユニバーサルデザインとなっています。

これまでに、世界3大デザイン賞のiFデザインアワードやドイツの国際的デザイン賞などを受賞しています。両面テープで床に固定することで簡単に設置することができるので、障害者が参加するスポーツなどのイベントに設置されることも多くなり、現在、全国約900か所の施設で導入されています。

  • 「歩導くん」が導入されている岐阜県立盲学校の玄関

利用した視覚障害者からは、「歩導くんは凹凸が無くて、杖の先や靴裏の感覚で簡単に分かるので歩きやすい。」と好評を得ています。錦城護謨の広報担当、日夏早紀さんは「2020年の東京パラリンピックに歩導くんを採用してもらい、世界中の人に知ってもらいたい。設置場所を増やし、障害があってもなくても行きたいところに行ける世界に変えていきたい。」と話しています。

「歩導くんガイドウェイ」 WEBサイト
http://guideway.jp

障害者ドットコムニュース編集部

障害者ドットコムニュース編集部

「福祉をもっとわかりやすく!使いやすく!楽しく!」をモットーに、
障害・病気をもつ方の仕事や暮らしに関する最新ニュースやコラムなどを発信していきます。
よろしくお願いします。

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP

しばらくお待ちください