農業で障害者の就労を支援、大阪・富田林市 

ニュース

出典:ヴァルム

農民の農園設備や販路をそのまま活用して、本格的な農業を活動の中心とした就労継続支援B型事業所のヴァルムが大阪の富田林市にあります。

農民のスタッフが指導し、利用者が草払い、植え付け、収穫、販売まで行うことで、一連の農作業の流れを習得できます。できた商品は、阪急オアシス、ダイエー、イオン、イズミヤ等、大阪や兵庫を中心としたスーパーで販売されています。とても自然豊かな場所での仕事の楽しさに加え、厳しさや経営も学ぶことができるのもこの事業所の魅力です。

農園での農作業、事業所内での出荷作業、チラシ折り、ポスティング、PCでの売上管理業務など、多くの種類の作業があり、利用者の幅広いニーズに応えています。作業量や作業の進め方は利用者が話し合って決め、スタッフはそれをフォローする立場を目指しています。

ヴァルムでは、事業所が終了した午後以降を中心に、生活面の支援にも力を入れています。必要性や本人の希望によって、行政手続きや病院への同行、住居探しや保証人、朝昼夕食の提供や金銭管理まで、できる範囲で積極的に支援を続けています。このように、ひとりひとりの利用者が幸せに生きていけるように支援することを大切にされています。

  • 事務所内での出荷作業の様子

対象は、18歳以上の障害者手帳(療育・精神・身体)をお持ちの方、もしくは、精神科医から就労継続支援B型の利用が適切との診断を頂ける方となっています。月曜日~金曜日、第一・第三土曜日に開所しており、希望者には無料で送迎を実施しています。また、朝7時から夕方16時まで、利用者さんのご希望や状態に合わせて、短時間からでも利用できます。

利用者である精神障害のある40代女性は、「毎日朝から仕事をして落ち着いた生活を送れるようになり、毎月娘に会いに行けるようになったのが嬉しい。そして、仲間の利用者を大切にできるヴァルムの雰囲気が楽しい。」と話しています。また、身体障害と知的障害がある50代男性は、「ギャンブルで家庭を失い、子どもに捨てられた。しかし、ヴァルムと出会った今は毎日朝から働いている。真面目に頑張っている今の自分を見てほしくて、10年ぶりに身内のところを訪ねていけるようになった。」と喜びを語っています。

  • スーパーで販売されているヴァルムの商品

随時見学や体験を募集されています。自然にふれあいながら、楽しく農業を始めてみるのはいかがでしょうか?問い合わせは、0721-35-3566(担当:田中)まで。

【就労継続支援B型事業所 ヴァルム】
大阪府富田林市西板持町8丁目15-12
TEL:0721-35-3566
URL:https://taiyoutomidori.jimdo.com/

障害者ドットコムニュース編集部

障害者ドットコムニュース編集部

「福祉をもっとわかりやすく!使いやすく!楽しく!」をモットーに、
障害・病気をもつ方の仕事や暮らしに関する最新ニュースやコラムなどを発信していきます。
よろしくお願いします。

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP