障害者雇用に関するセミナー、アデコグループが都内で開催

ニュース

12月7日、アデコグループは「経済学からみる、「障がい者雇用」の効果と課題」をテーマに、都内でセミナーを開催されました。慶應義塾大学商学部の中島隆信教授が「経済学からみた障がい者雇用の現状と課題」と題した基調講演の後、アデコ株式会社執行役員で人財紹介サービスブランド「Spring Professional」のマネージングディレクターを務める板倉啓一郎氏が「障がい者と人事担当者調査から紐解く、障がい者と企業の課題への取り組み」について講演されました。

中島教授は、現行の障害者雇用促進法に基づく法定雇用率の算定基礎となる関連統計の不備や数値目標による雇用推進の限界について指摘。また、障害者雇用の主流となっている「特例子会社」の運営上の課題などを解説し、「みなし雇用」の導入などより柔軟な制度の運用について提言を行いました。

  • 慶應義塾大学商学部の中島隆信教授

板倉氏は、障害者を雇用している企業の人事担当者400名と現在就業中の障害者338名を対象としたアンケート調査結果に基づき、現場の課題について解説されました。2018年4月の法改正により、法定雇⽤率の算定基礎の対象に新たに精神障害者が追加となり、企業でも雇用に向けた取り組みを行っていますが、調査結果からは、身体障害者に比べて精神障害者の方が仕事の満足度が低い傾向にあることなどが挙げられました。

  • アデコ株式会社執行役員の板倉啓一郎氏

アデコ株式会社
https://www.adecco.co.jp

障害者ドットコムニュース編集部

障害者ドットコムニュース編集部

「福祉をもっとわかりやすく!使いやすく!楽しく!」をモットーに、
障害・病気をもつ方の仕事や暮らしに関する最新ニュースやコラムなどを発信していきます。
よろしくお願いします。

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP