精神障害がある私の生活で苦手なシチュエーションと対策法

暮らし

unsplash-logo Hannah Morgan

私は子供の頃から新しい環境や人混みが苦手で今でもその名残があります。さらに双極性障害を患ってから体調や気分の上下がおこり、日常で難しい場面がいくつか出てきました。美容室、洋服屋で接客を受けることが特に苦手です。人の密度が多い満員電車もすごく苦手です。できるだけストレスを感じずに生活に必要なだけ行う私の対処法をご紹介します。

美容室が苦手

私は月に一度は美容室で髪をカットしてもらいますが、正直苦手です。特に困るのが美容師さんにプライベートの質問をされることです。「お仕事今日はお休みですか?」「この後お出かけされるのですか?」働いていませんし、予定もいちいち答えたくありません。それに予定が無いですと返事をするのも何だか気が引けますのでいちいち会話に神経をとがらせてしまうことがあります。そこで私は格安美容室に通うことにしています。なぜなら客単価が安いので手早くカットする必要があり、雑談をする暇が美容師さんに無いからです。私の通っている美容室はカット1600円程度です。リーズナブルでおすすめです。ただし安いだけあってシャンプーが別料金であったり、そもそもシャンプー無しのサロンもあります。カット料金が高ければ美容師の腕がいいという訳でもないでしょうが、安くて急いでカットされる分どうしても仕上がりは仕方ない部分もあります。でも早くて安いので私は好きです。ご興味を持たれた方はWEBで地元の格安美容室を検索されてみてはいかがでしょうか。

洋服屋さんの接客が苦手

これは健常者の方でも同じ思いを持たれている方もいらっしゃいますが、私はアパレルスタッフさんに声をかけられると、落ち着いて店にいられなくなってそのまま出ていってしまうことがあります。そこで某通販サイトをよく利用するようになりました。通販でしたら店舗のスタッフさんにオススメ商品とか試着を勧められたりせずに落ち着いて品定めできますよね。ですが試着しない分サイズ選びが重要になります。私はサイズ感が気に入っている手持ちの洋服を床に平置きして、着丈、身幅、肩幅、袖丈を計ります。アパレル通販サイトでは大体洋服サイズの詳細が記されてありますので、自身のサイズと合うものを選ぶようにしています。届いた洋服のサイズが合わないこともほぼなく、手軽に気に入った洋服を着て楽しむことができるようになりました。一つ注意点を挙げるとすれば、購入する洋服の素材です。ストレッチ素材は伸縮するのでサイズの誤差をカバーできますが、そうでない素材や洗うと縮む生地もあるのでお気を付け下さい。

満員電車が苦手

私の通所している就労移行支援は大阪の都心にあります。さらに実習先も都心が多いので、おのずと朝の通勤電車に乗ることになります。やはり朝8時頃の通勤時間は車内が混み合うもので、人の密度にしんどくなってしまうときがあります。そのため郊外から通勤電車に乗る時は、しんどくなって途中で降車しても大丈夫なように余裕をもって家を出るようにしています。時間に余裕があると混み具合がましな停車数の多い電車を選ぶこともできますので、ギリギリの時間に出発して満員電車一本逃すと遅刻するなんていうシチュエーションは回避するに限ります。

体調が良い日はあまり気にならない時もありますが、良くない日でも他に都合がつかないタイミングの時があります。なるべく自分に不要なストレスを与えず、日常をおだやかに楽しく過ごせる私の些細な工夫ですが、お役に立てれば幸いです。

きゃんどる

きゃんどる

自閉症スペクトラム・双極性障害の30代男性です。
趣味はフットサル・クロスバイク
カラオケの18番はチェッカーズのジュリアにハートブレイクです。

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP