事業所様ログインはこちら

障害者ドットコム

 >  > アルコール依存症患者の方と、その周囲の方ができる事は?
暮らし

アルコール依存症患者の方と、その周囲の方ができる事は?

アルコール依存症患者の方と、その周囲の方ができる事は?

出典:http://www.photo-ac.com


アルコール「依存症」の恐ろしさ



アルコール依存症はとてつもなく、恐ろしい病気です。なぜなら、日常に深く溶け込んでおきながら、回復が困難な病気だからです。

アルコールは、大麻や覚せい剤と同じような、常習性がありながら、日常にさらりと溶け込んでいます。このことが、アルコール依存症から簡単に脱却できない環境を作り出しています。

ですが、勘違いしてはいけないのは、アルコールが「悪」であるという事ではありません。近しい人にアルコール依存症の方がいたとしても、「アルコールを憎む」という事が、物事を解決することには、決してつながりません。むしろ溝が深まる事が多いのです。


アルコール依存症について



一度にアルコールを摂取しすぎたからといって、アルコール依存症にはなりません(アルコール中毒の恐れはありますが…)。依存というだけあって、アルコールを常時手放せなくなり、アルコールがないと、不安にかられたり、焦燥にかられたりする状態になった事を指します。

では、どのぐらい飲酒が続けば、アルコール依存症になるのでしょうか?適性飲酒量は、成人男性ならばビールを一日500ml程度。成人女性や高齢者ならば、ビールを一日250ml程度というのが目安とされています。

毎日、それを大幅にオーバーしていて、それが日常になっている方には、個人差はありますが、アルコール依存症の危険が潜んでいるということになります。

一度、依存症になってしまえば、そこから抜け出すのは、非常に難しい事になってしまいます。そもそも、全快するということがないのです。そこが闘病を非常に困難にさせています。10年もの間、お酒を断つことができても、わずか数mlのアルコールが体内に入っただけで、それまでの闘病の成果をすべてフイにしてしまう事があるのです。

それだけ、一度なったら抜けられない、恐ろしい病であるという事を理解していただきたいのです。


アルコール依存症患者さんに周囲の人間ができる事、できない事



筆者もアルコール依存症患者をよく知っている環境にいるのですが、本当に、「つい」「なんとなくフラフラと」という感じで、飲酒の衝動に駆られるそうです。

そして、断酒している時でも、体の体力だけではなく、心の体力が低いときにも同じように、誘惑にかられ「つい」「なんとなくフラフラと」アルコールを摂取してしまうそうです。

そういう状況を見てしまえば、アルコール依存症患者さんの周囲にいる人間にとっては、「アルコールは悪じゃないか?」と、つい思ってしまいます。そして、「悪の根源である、アルコールを取り除いてしまえばいいのではないか?」そういう結論に達してしまいがちです。

ですが、その考えは、上記でも述べた通り、間違っているのです。巨大な落とし穴なのです。

アルコールを「つい」「なんとなくフラフラと」飲んでしまう、依存症患者さんを責めてしまうのは、一番やってはならない事だと、アルコール専門クリニックの先生方は仰っています。また、お酒が目についたらいけないからといって、家の中にあるアルコールを全部処分したり、患者さんの目の届かないようにしたりする事も、ほとんど効果がなく、むしろ逆効果にもなり得ると言い切る先生もいらっしゃいます。

アルコール依存症患者さんに対して、周囲の人間ができること。それは、アルコールを断つことができる「環境」を作ってあげる事です。

アルコール依存症患者さんを、周囲の人間が「治してみせる」と思う事は、間違っているのです。アルコール依存症患者さんを「治せる」のは、本人と担当の先生しかいないということなのです。これも落とし穴ですね。筆者も、無知な頃は「自分たちが治さなきゃ」と思ったりしていました。

ですが、いろいろなサイトをご覧になったり、クリニックの先生に話を聞いたりすると、答えは様々な場所にちりばめられていました。体験談としては、頭の中で消化するのに時間はかかりましたが。


長い目で見て、患者さんと一緒に戦いましょう



上記に述べました通り、アルコール依存症は非常に厄介な病気です。ですが、全く抵抗できない病気ではないという事を、最後に伝えておかなければなりません。アルコール依存症を克服された患者さんは、たくさんいらっしゃいます。

そういった方々の体験談を聞いたことがあるのですが、皆さん一様に仰るのは、一朝一夕に克服できたのではなく、根気強く、本人と、周囲とが協力して、依存症と戦ったからそういった結果が出た、という事です。

アルコール依存症に悩まされておられる方々。そして、その影響を受けてしまう周囲の方々。決して一人で立ち向かうのではなく、お医者さんやソーシャルワーカーさん、そして周囲の方々のフォロー受けながら、正しい知識を得て、立ち向かっていきましょう。

そして、その上でこう考えてみるのはいかがでしょうか?

アルコール依存症という病気を断つ一番の薬は、断酒薬などの物理的な薬ではなく、患者さんご自身が「アルコールに依存した生活から脱却するんだ!」という強い意思こそが薬であると。そして、周囲の方々は、その決意を芽生えさせる環境を作る事が薬であると。

そう考えて、アルコール依存症という困難な病気に立ち向かってみませんか?

ライタープロフィール
障害者ドットコムニュース編集部
障害者ドットコムニュース編集部

「福祉をもっとわかりやすく!使いやすく!楽しく!」をモットーに、
障害・病気をもつ方の仕事や暮らしに関する最新ニュースやコラムなどを発信していきます。
よろしくお願いします。

  • HSPと、ともに。
  • 発達障がい〜神からの贈り物〜
  • 生きる!生きる!心の叫び
障害福祉サービス事業所を探す
ページの先頭へ