その他連載コラム

心療内科とは?初めての心療内科の選び方

出典:http://girlydrop.com


心療内科とは主に心身症を扱います。ストレスが原因で生じた、身体の症状がメインで出ている場合は、心療内科を受診すればよいということになります。

心療内科の選び方



働いている場合

働きながら通院したいという人にとっては、平日のみ開業の病院は、その都度会社を休んだり、遅刻や早退をする必要性がでてきます。

会社帰りに通院したいということであれば、夕方や土曜日も診療できるところを予め選ぶ必要があります。また、会社帰りに病院に寄っても、診療時間内に通える病院を探すことが必要となってきます。


カウンセリングを行っているかどうか

心理カウンセラーが常駐して、診療とは別枠の時間にカウンセリングを受けることができる心療内科もあります。

医者の診療時間は限られているので、まだまだ話し足りない、どうしてもこの件について聞いてほしいことがあるという場合は、カウンセリングを利用するのも有効な手段です。

カウンセリングを受けるためには予約をとる必要があります。人気のあるカウンセラーになると、予約待ちで待たされるということがよくあるので、注意が必要です。またカウンセリング料もカウンセラーによって異なるのが普通です。

ホームページにプロフィールや年齢が掲載されているかどうかを調べ、自分の話したい内容について、共感して分かってくれそうな人を最初から選ぶことが重要になります。

ある程度人生経験を積んだカウンセラーと、新人のカウンセラーとを比べると、同じ時間カウンセリングを受けても、心の満足度がかなり違ってきます。この話を聞いてもらいたいんだという、強い意思をもってカウンセリングを受けるのですから、理解して話を聞いてくれる人を選びたいですね。


心療内科の初診について



適切な診療を受けるためには、自分の状態を正確にありのまま話をするということが重要です。

どんなことで一番困っているかを、時系列で理解できるようにまとめ、医師にしっかり伝えることが大事になってきます。思い付くままに話をしてしまうと、治療方針もずれてしまうので、ノートなどにまとめてから受診するほうが良いでしょう。


女医を選ぶメリット



患者が女性の場合、女性視点で身体や症状を見ることができます。また、話しやすいというイメージがあります。患者と医師の相性の良し悪しはありますが、同性なので女性特有の悩みなどの相談もしやすい点が利点にあげられます。



本人が精神症状で困っていて、改善への方法が分からない。本人が受診したいという希望があれば、一人で悩まず早めに専門家へ相談しましょう。

障害者ドットコムニュース編集部

障害者ドットコムニュース編集部

「福祉をもっとわかりやすく!使いやすく!楽しく!」をモットーに、
障害・病気をもつ方の仕事や暮らしに関する最新ニュースやコラムなどを発信していきます。
よろしくお願いします。

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP

しばらくお待ちください