HSPと、ともに。

映画上映会&トークイベントがありました〜HSPと、ともに。<vol.31>

その他の障害・病気

出典:https://girlydrop.com

HSPと、ともに。vol.31 <毎月1日連載>

11月4日(月・祝)に映画「BADDREAM」上映&トークイベントが開催されました。相模原の事件がモチーフとなっていて、障害者を排除する体制が敷かれたif世界で、再活動の夢を抱くお笑いコンビと仲間の生活模様を描いています。MXU監督と「脳性マヒブラザーズ」のDAIGOさんのトークセッションもあり、とても考えさせられる内容となりました。

今、まさに人生最大のショックなできごとがあり、BADDREAMの心境の中、イベント開催に耐えられるかなと思っていましたが、とても優しくて温かい監督、DAIGOさん、司会、スタッフ、お客さん…のおかげで無事感動的にイベントを終えることができました。映画には、いろんな感想をいただき、トークセッションはとても楽しく、爆笑となり、さすがお笑い芸人DAIGOさんだなーと感心しました。

障害者は、生産性がなく、家族に迷惑をかけるからと犯人が言っていましたが、実際どうでしょうか?人一倍元気だった母が、病気でどんどん寝たきりになっていき、最後の方は会話も夢の中にいるみたいだったのですが、ずっと生きていてほしかったです。ご飯を作ってくれたり、一緒に出かけられなくなっても、どんな姿になっても生きていてほしかったです。家族とはそういうものです。全然迷惑じゃない。言葉を話せなくても、笑顔や困った顔など、相手がちゃんと感じて読み取れば、コミュニケーションは成立するのです。

それから、寝たきりで指先が少しだけ動くいとこがいますが、いつも必ず見せてくれるその笑顔にどれだけの愛と元気と勇気を今までもらってきたかわかりません。昔は車いすで一緒に出かけられたけど…。勉強も大好きで賢くて、私が行けなかった大学にも通っていましたし、とても尊敬しています。バイト先の花屋にも遊びに来てくれて、私の作ったアレンジメントをいとこの母親が買ってくれ、休憩に行っていいよと言われたので、みんなでお茶を飲みに行きました。いとこの父親はチョコレートが好きで、私がいる時にチョコレートパフェを注文したりします。その時はティラミスを注文していて、これ美味しいよーと言っていました。明るい家族です。大変なこともあるかもしれませんが、とても温かい時間でした。

生産性ってなんなのでしょう?
それは、そんなに大事なものなのでしょうか?

奪っていい命なんてありません。障害や病気を抱えた方が優しくて純粋で一生懸命で大好きだと言う人もたくさんいます。私もそうです。

健常者と比べてできることが少なくて、悩んで落ち込むこともあるかもしれませんが、そんな必要もありません。みんな大切なかけがいのない命です。私がそう、障害があり、結婚していますが、子どももなく、母親も早く亡くしているので、無知で未熟で世の中の常識に欠けることもあります。自信をなくして、不安定になることもありますが、でも何とか人のためになることをしたいと思い、こうして活動を続けています。生きていることが辛かったこともありますが、絶対頑張って生きていてください。あなたのことを必要としている人は必ずいます。悩み事、辛いことがあった時には周りの誰かに相談するように。誰でも相談してくれたら嬉しいし、迷惑なんて思わないから、1人で考えて答えを出さないでほしいです。

障害があってもみんな大切な命です。私にとって障害とは、愛を感じるためのもの。自分なら必ず乗り越えられるものです。生まれてくる時にきっと自分で選んできて、それでも愛してくれる家族を選びました。

両親は愛してくれた。祖父母も温かく接してくれた。弟は、できない事が山ほどある姉を恥ずかしいと思わず、いつも応援してくれ助けてくれた。旦那はいつも大変だと思うけど、愛情をたくさんくれる。周りの人たちは優しい。私は障害があって生きづらくもあるし、健常者と比べて羨ましく感じることもあるけど、それでもできないことを考えて悩むより、今あるものに感謝したい。

イベント準備中、楽屋で1人映画の挿入歌が流れてきて泣きそうになっていました。監督が入ってきて、「この曲いいですねー、泣けてくる」と最近あったショックな出来事の話をしました。始まる前に言うことじゃなかったのですが、映画のテーマにも通ずる私の問題。回想シーン、モノクロの無音で泣けてきました。私の人生みたいで。それが心に一番残っています。ラストシーン、突然カラーになり、現実に引き戻されました。

楽屋でDAIGOさんと一緒にいることが多く、いろんな話をしました。爆笑することもあったし、考えさせられることもあり、とても貴重な体験でした。とても苦しい胸の中、私は人に、本当に恵まれていると思いました。みんな優しくて、温かい。辛いこともあるかもしれませんが、今ある大切なことを感じていきたいと思います。

監督やDAIGOさんにいろいろ話して、二人とも真剣に聞いてくれて励ましてくれました。とにかくたくさんの温かさや優しさに感激した1日でした。またお二人と一緒に大阪でイベントを開催すると誓いました。お二人のいる新潟にも遊びに行きたいです。

川田 直美  障害者ドットコム株式会社スタッフ

川田 直美  障害者ドットコム株式会社スタッフ

生まれながらのHSP、発達障害(学習障害・LD)やパニック障害を抱え、生きづらさも感じながら、日々楽しくいこうと考えている。今まで、花屋、ケーキ屋、カフェ、デザイン企画、オリジナル雑貨制作などいろいろな仕事を経験。自然と犬と本が大好き。

その他の障害・病気

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP

しばらくお待ちください