緊急事態宣言で外出自粛生活をしていて思うこと

その他の障害・病気
桜

私は大阪府民ですが、吉村知事が、3連休前日の3月19日木曜日に兵庫への往来自粛、不要不急の外出自粛を要請されたので、急遽、兵庫へ行く予定をキャンセルし、大阪の人の少ない田舎の方へ出かけました。その頃からストレスが溜まっていたと思います。もともと心配性のため、不安も強く、感染しないように気をつけながらの生活に、疲れが溜まってきました。2ヶ月前に祖母が亡くなったことも精神的疲労に影響していて、あまり眠れない、食べられない、生活は続いています。

緊急事態宣言が7都府県に出てからは、主人や社員も自宅で仕事をするようになりました。私は家事が増えたので、仕事は少しで、ほとんど家事の生活をしています。主人がずっと家にいるのは嬉しいです。いつも忙しく、ほとんど仕事をしているような生活なので、家で一緒に居られて、話ができるのは楽しいです。仕事がはかどるように家事を引き続き頑張りたいと思います。

二人とも出かけるのが好きなので、外出自粛はやっぱりストレスがかかります。主人の仕事は、チャットやWeb会議システムを活用してテレワークを徹底していて、人と会うことは控えていますが、どうしても面談が必要なこともあり、それは心配しています。

これから、体がなまらないように、2人で縄跳びをしようと思って買いました。自分の髪、主人の髪も家でカットしたいと思っています。昔、父や友人の髪もカットしたことがあるので、楽しみです。

吉村知事が散歩は良いと言っていたので、近所にある大きな公園で散歩しています。ちょっとした軽井沢に来た気分になるのですが、その公園の桜がとてもキレイで癒されました。トップ画像の写真は、その近所の公園の桜です。ここが気に入って兵庫から大阪へ引っ越してきました。もちろん帰ったらうがい、手洗い大事ですね。

医療に携わる方々や吉村知事など最前線で頑張っている方の健康が心配になります。どうか休める時はゆっくり休んでほしいです。吉村知事は、日曜日もTVに出演された後、ツイッターを深夜1時に更新されていて、みんなのコメントが「わかったから寝て下さい」がほとんどでした。とにかく大阪府知事には、元気でいてほしいです。府民の命を守る行動が早く、私も不安が軽減されます。外出も大阪が一番減ったんですよ。こんな政治家が本当にいるんやと、私もとても驚いています。大阪大好きです。それを主人に話したら、自分も早く寝なさいと言われたので、早く寝るようにします。

今までの生活はとても恵まれていて、幸せだったなあと懐かしく思いました。前のような生活に戻れる日を願って、感染しないように頑張ります。皆さんも頑張りましょうね。

川田 直美  障害者ドットコム株式会社スタッフ

川田 直美  障害者ドットコム株式会社スタッフ

生まれながらのHSP、発達障害(学習障害・LD)やパニック障害を抱え、生きづらさも感じながら、日々楽しくいこうと考えている。今まで、花屋、ケーキ屋、カフェ、デザイン企画、オリジナル雑貨制作などいろいろな仕事を経験。自然と犬と本が大好き。

その他の障害・病気

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP

しばらくお待ちください