自殺について、遺された私が今思うこと

その他の障害・病気

出典:https://girlydrop.com

三浦春馬さんの死に、とてもショックを受けています。特にファンという訳ではなかったのですが、「14才の母」や「ラスト・シンデレラ」など作品を見ていて、素敵な方だなと、バラエティでは、とても繊細で優しい真面目な方だと思っていました。話し方も丁寧で優しく、どう見ても良い方でしたので、また素敵な若い方が、自分で命を絶つことが悲しすぎて、私は大切な身近な若い方を二度自殺で失ったので、その時思ったことを残された立場から思うことを綴っていきます。今、とても胸が苦しいです。息苦しいです。

自殺について考えることは、本当に苦しいです。私も残された立場から、今まで自殺についてたくさん調べました。どんな気持ちだったのか、その瞬間はどれだけ苦しみや痛みや恐怖があるのか、もう意識は失っていたのか、どんな精神状態だったのか、天国へ行けるのか、とにかくいろいろ調べました。私も死にたいと思ったことはありますが、本当に実行してしまうのはなぜなのか。なぜ一人で行ってしまうのか、本当になんとかならなかったのか、死ぬことを諦めて苦しくてももう一度頑張って生きていこうとなぜならなかったのかと、いろいろ考えました。残された方は、一生助けられなかった苦しみと付き合うことになります。自分を責めることになります。なぜ、気づけなかったのかと。私の身近な方の自殺の理由に、失恋やSNSのトラブルなどがあります。その他、家族や健康状態など悩み事があります。二人とも容姿端麗でした。まだ若く眠るように美しい顔をした最後でした。苦しみから解放されたような…。

いろんな才能があり、頑張って挑戦して、とても繊細で優しく、気遣いがあり、人のことを思いやる性格でした。だからか、「死にたい」なんて周りは誰も聞いたことがなく、一人で決めてしまったのです。私のことは、「今、幸せそうにしている」と言っていたと聞きました。私はなぜ言ってくれなかったのかと、とても悔しく思いました。私が「死にたい」と言った時、止めてくれたのに。私も幸せそうな人には相談しないなと思いました。自分のことで迷惑をかけたくないからです。でも私は、迷惑をかけて欲しかったです。相談なんて何の迷惑でもありません。「頼られて嬉しい」になります。今までたくさんいろんな話をしてきたのに、何で?と思いました。身近な人に相談できないなら「いのちの電話」で悩みを打ち明けるのもよいと思います。カウンセリングもあります。うつ状態になっていることも多いと聞きます。専門家に一度相談してみるのもよいと思います。

私も、早くに病気で亡くなった母に会いたくなった時、本当に寂しくて辛いです。私が一番危険な時は、その時だとわかっているので、いつもグッと我慢しています。自殺したら、大好きな母に天国で会えなくなってしまう。だから頑張って生きようと言い聞かせます。それに小心な私には怖くて無理です。私は辛い時はいつも家族との想い出の場所に行きます。また再会できる日を楽しみに、また頑張ろうと思えます。

最近はSNSの誹謗中傷も多いですが、本当にこれは悔しいです。匿名で人を批判するのは卑怯です。私はSNSがきっかけで大切な人を失っているので、匿名で批判する方は一度その投稿をよく考えてみてほしいと思います。自分のストレス解消のために簡単に批判メッセージを送る人、自分の意見は正しいからと正義感で送る人、いろんな方がおられるかもしれませんが、声に出して話す言葉より、インターネット上に残る文字はきつく感じるそうです。私も昔ブログに悪質なコメントがあったので警察に相談に行きましたが、相手は匿名で、特定できないように工夫されたメールで送っていたと警察の方に言われました。すごく気分が悪かったです。楽しいコメントは嬉しかったので、いろんな方と繋がることができて、便利で楽しいツールですが、距離感も大事ですね。生きていくのは、楽しいことも、辛いこともたくさんありますね、毎日。人は好き勝手に自分の考えを言うものです。私も気をつけないといけませんね。

本当に辛い時、その場所から逃げれば良いのです。日本は何があっても暮らしていける恵まれた国なのです。生活保護や福祉もいろんなサービスがありますし、無料で相談できる所もあります。優しい人もたくさんいます。私も今まで母をはじめたくさん大切な方を失ってきて、病気になって、元の自分にも戻れずに、仕事も失って、たくさん辛い思いをしてきましたが、助けてくれる方もいたりして、何とかここまで生きてきました。昔が懐かしく戻りたいと思うこともありますが、今も愛しい日々です。失い続けてもまた新しい大切な人はできますし、嫌な事を言ってくる人の事もあまり気にしないようにしています。病気になれば、また良くなるように頑張って、これからも生きていこうと思います。まわりの人を大切に、自分を大切に、無理をせず、先立たれた方たちの分まで頑張って生きて、また胸を張って天国で会えるように、日々精進していきます。

川田 直美  障害者ドットコム株式会社スタッフ

川田 直美  障害者ドットコム株式会社スタッフ

生まれながらのHSP、発達障害(学習障害・LD)やパニック障害を抱え、生きづらさも感じながら、日々楽しくいこうと考えている。今まで、花屋、ケーキ屋、カフェ、デザイン企画、オリジナル雑貨制作などいろいろな仕事を経験。自然と犬と本が大好き。

その他の障害・病気

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP

しばらくお待ちください