季節性情動障害(SAD)とは?その原因と治療・対処法

その他の障害・病気

出典:https://www.pakutaso.com


季節性情動障害は季節性感情障害、季節性気分障害とも呼ばれ、冬季うつや季節性うつ病とも表現されることがあります。季節の変わり目がとにかく苦手、毎年冬になると気分がうつっぽくなるなら、それは季節性情動障害であるかもしれません。季節性情動障害は一般的なうつ病と異なる点もあるので見逃されがちです。今回は季節性情動障害の特徴や症状、対処法などをお伝えします。

季節性情動障害の特徴



季節性情動障害は冬季うつと呼ばれるように、発症時期が秋~冬にかけて多いことから日照時間の減少が原因となって症状が出てくると言われている病気です。普通のうつ病では男女比は約1:2なのですが、季節性情動障害は1:4の割合となり圧倒的に女性がかかりやすい病気です。そして日照時間が影響すると言われていることから、寒冷地に住んでいる人ほどかかりやすい病気になります。

季節性情動障害と一般的なうつ病と異なる点は過眠や過食が顕著になることです。そして治療法も一般的なうつとは少し異なり、具体的には光照射療法という治療法が有効になる場合が多いです。


季節性情動障害の原因



上記にも示した通り、主な原因は日照時間の短さにあります。ただし、これは明確に解明された原因ではありません。日照時間が原因とされているのは、季節性情動障害の患者さんは多くが概日リズム(一般的には体内時計)が狂ってしまっているからです。概日リズムは朝日を浴びることによってリセットされます。それゆえ季節性情動障害が日照時間にの短さにあると言われているのです。

他にもセロトニンの低下やメラトニンの低下が原因であるという仮説もあるのですが、どの仮説も根拠が不十分であり、原因は不明なままなのが現状です。
    

季節性情動障害の治療・対策



季節性情動障害の治療・対策には次のような方法があります。

薬物療法

投薬での治療では、一般的なうつ病と同じ抗うつ剤を使った薬を使用します。よく使われるものでは抗うつ剤としてセロトニンの減少を防ぐSSRI(選択的セロトニン再取り込み妨害薬)があります。うつ病や不安障害の原因の一つとして、脳のセロトニンが少なくなって起こると考えられており、SSRIを服用することで脳のセロトニンを増やすことが治療となります。


光照射療法

光照射療法は光治療とも呼ばれ、太陽光やそれと同等の光を浴びることで体内時計を調節して身体のリズムを整える治療法です。
毎日30分~1時間程、太陽光や高照度光療法器具を使用して5000~10000ルクスの光を照射することで時間感覚のズレが治るまで行います。


日常生活での改善方法

薬物治療や光照射療法を用いなくても、日常生活の中で取り組める方法もあります。

季節性情動障害の改善法として重要とされているのは2,500~1万ルクスの光を取り入れることです。なお、2,500ルクスは曇天日の出の太陽光、1万ルクスは雪山、真夏の海岸、晴天の昼の太陽光が目安です。晴れた日には1日30分~1時間ほど浴びるとよいとされています。通勤・通学時間に日の当たる道を歩いたり、カーテンを開けるなどの方法が勧められています。


日の光は人間には大切な要素



日光を浴びるとビタミンDも生成されます。ビタミンDは体内の抵抗力を上げたりカルシウムの吸収率を上げてくれたりします。日光浴の際は日焼け止めを塗ると効果がなくなってしまうので注意しましょう。手のひらはメラニンを生成しにく部分なので、手のひらを太陽に向け、顔を覆って15分を目安に日光浴するのもよいでしょう。

夏の場合は無理に炎天下の下で日光浴をしなくても、日陰で30分ほど過ごすだけでもよいと考えられています。心にも体にも、陽の光が私たちの体にもたらせてくれるものは多いのですね。

障害者ドットコムニュース編集部

障害者ドットコムニュース編集部

「福祉をもっとわかりやすく!使いやすく!楽しく!」をモットーに、
障害・病気をもつ方の仕事や暮らしに関する最新ニュースやコラムなどを発信していきます。
よろしくお願いします。

その他の障害・病気

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP

しばらくお待ちください